無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

2017年11月23日 (木)

演習Ⅱ(後期第4回)

 勤労感謝の日でsun。前回の4年生のゼミ、ブログ当番を確認するの忘れてしまったので、わたしがレポート。

 お題は、同性カップルが婚姻届けを出そうとしたら不受理となった。同性婚が認められないのはおかしいと訴訟を提起するとすると、憲法上どのような主張ができるであろうか、というもの。

 報告は、まず諸外国の状況(同性婚が認められている国・地域とそれに準ずる制度〔登録パートナーシップ制など〕をもつ国など)の紹介のあと、そもそもわが国では同性婚について、どのような扱いになっているのかの検討へ。

 そこでは、民法上同性婚を禁止している条文は見当たらないけど、憲法24条1項では婚姻は「両性の合意のみ」で成立とあること、さらに「夫婦は・・・」とあることから、学説では通常、わが国の憲法は同性婚を認めていない(想定外)としていることが確認されました。で、実際に婚姻届をみても「夫となる者」、「妻となる者」という記載欄があり、「夫=男」、「妻=女」とされているので、実務的にも同性カップルの婚姻届は不受理になるであろうと。

 では、憲法上、どのような主張ができるか、というと・・・

 まずは、憲法14条または24条に基づいて、平等原則に反しているのではないか、との提案がありました。ただ、「婚姻」というのは法令上の制度であり、そこではA、B、C・・・という要件を備えたカップルにつき「婚姻」という制度の利用を許しているだけで不合理な差別があるといえるのか(つまり、男にとっては相手は女であるという要件を充足したときだけ「婚姻」としているだけで、そのほかの結合体を認めていないわけでない〔「婚姻」とはならないだけ〕)、というのが疑問点としてあげられました。これに対しては「婚姻」という制度利用権のようなものを想定するなら、男女の結合体はその利益を享受できるのに同性の結合体は享受できないので、そこには合理的な理由が必要ではないか、との反論がありました。

 つぎに、憲法13条上の幸福追求権(自己決定権)の内容には婚姻の自由があると思われるので、その制約であるという主張の可能性が検討されました。これは、筋としてはあり得るだろう(ただ、不合理な制約であるといえるかどうか、という点は不明だが)という結論でした。

 ところで、民法は「婚姻」条件として、さまざまな要件を課しています。たとえば、男18歳、女16歳以上とか。そのうちに、重婚や近親婚の禁止という要件もあります。こういう婚姻の自由の制約がなぜ許されるのかについて、報告班(のI内くん)はそれは「相続上の問題の複雑化を防ぐという合理的な理由」によって正当化されるとの見解を表明していました。これ、すごいですよね~。婚姻というのは「制度」なのだから、倫理・道徳に訴えるのではなく、あくまでも「制度」の設営方法から回答しようとした報告に驚かされました。

 では、本題の同性婚について、政府は法令を改正して同性婚容認に積極的になることはあるでしょうか。同性カップルであることは自由であるとは思うのですが、それを法令上保護しなければならないという規範が(憲法を含む)どこかの法令から導けるでしょうか。仮に導けないとなると、婚姻制度の設営方法は結局は政治部門の裁量の下に置かれることになり、きょうのゼミのはじめの段階に戻ることになります。さて、どうでしょうか。

 

2017年11月15日 (水)

演習Ⅰ(後期第7回)。

 前回の3年生ゼミのレポートがとどきました。

 --------

 こんにちは!今回のブログを担当させていただきます、S・Nです!

 今日のゼミでは今季初めての暖房をつけました。段々寒くなってきており、冬の訪れを感じますね、、、

 さて今回のテーマは「公安条例の明確性」、「条例の広範性」、「条例制定権の範囲」でした。事例として、徳島市公安条例事件と広島暴走族追放条例事件を扱いました。

 徳島市公安条例事件では、徳島市の「集団行進及び集団示威運動に関する条例」について、①本件条例の道路交通法適合性、並びに②本件条例の明確性が争われました。①については、条例における重複規制がそれ自体としての特別の意義と効果を有し、かつ、その合理性が肯定されており、両者に矛盾抵触するところがなければ適法であるとしました。②については、その基準の適用判断が通常の判断能力を有する一般人の理解によるものであること、並びにその基準が法律・条例の文言から読み取れるものであること、という2要件を明確性の要件としました。

 広島市暴走族追放条例事件では、暴走族追放条例の「暴走族」等の文言についての明確性や条例の広範性が争われました。ここでは主に条例の広範性が争点となり、本件では合憲限定解釈を行いました。この合憲限定解釈が許されるか否かには、規制の対象が明確に区分され、合憲的に規制しうるものかということ、並びに一般国民の理解において規制の対象の判断基準を読みとれること、という2要件が判断材料となるとされました。

 この2つの事例以外にも「成田新法事件」や「税関検査事件」など多くの関連判例もあります。それらも併せて理解するようにしたいです。

 今日で1周目の報告が終わり、次回から2周目の報告が始まります。ゼミのみんなと協力しながら、これからの報告も頑張っていきたいと思います!

2017年11月 8日 (水)

澁谷ゼミと野球対決。

 ちょっぴりsprinkle

 きのう、刑法・澁谷ゼミ vs. 憲法・おびゼミで野球しました。そのレポートです。

 ----------

 こんにちは!今回のブログ当番を務めさせていただきますM・Sです!

 今日はついに毎年恒例?の澁谷ゼミとの野球対決をしましたbaseball

 みんな前々から楽しみにしていた今回の野球対決!澁谷ゼミもおそろいのタオルをつくって気合十分でした(*’’)こちらも負けずにエンジンを組んでプレイボール!!!

Photo 先発は我らがリーダー大日方先生でした!すごくいい球を投げていました😊

 まず初回に澁谷ゼミの男子勢にヒットを連発され二点先制されるも、そのあとこちらも二点返し同点に。その後また点をとり7-3でリード!!!

 しかしその後相手チームの女子の活躍と男子の優しさ(笑)で7-5まで追いつかれ、試合は最終回で2アウト満塁のピンチに( ノД`)

 しかしここは古谷君がしっかりと投げ切って試合は終了!7-5で大日方ゼミの勝利です!!!

Photo_3 最後は、みんなでアイス🍦を食べましたみんなといい思い出になったのでまたやりたいです(*’’)

 ----------

 3年前からはじまったこの対決。2015年の引き分けのあと、2016年そして今年2017年と連勝。まだ負けてません!(まぁ、勝ち負けは二の次ですが)。野球などを通して、お互いに刺激しあいながら、法学部のトップゼミを目指せたらと思います。

 

2017年11月 6日 (月)

演習Ⅱ(後期第3回)。

 学園祭あけ、sun

 先週の4年生ゼミのレポートです。

 ----------

 ゼミのリーダー兼ムードメーカーのM・Sくんのブログを楽しみにされていた方、大変申し訳ありません。今回は代打で、私、K・Nがブログ当番を務めさせていただきます。

 今回は、「著作権と表現の自由 - 著作権に基づく出版の事前差し止めの合憲性」というテーマで議論しました。

 今回、議論に二つの判例を使用しました。

 まず「剣と寒紅」事件です。これは、作家の福島次郎が、故三島由紀夫と同性愛関係にあったとする小説「剣と寒紅」を出版するにあたり、三島が生前、福島に宛てた未公表の手紙及び葉書15枚をそのまま掲載しており、これをうけて三島の親族が著作権侵害を理由に同署の印刷、製本、販売、頒布を禁止し販売店から回収する仮処分を申請した、という事件です。

 この事件で問題になったのは、手紙の内容はすべて著作権法上の保護を受ける「著作物」なのかという点です。三島の手紙には、その思想または感情を個性的に表現している部分があり、著作物性を有しますが、手紙の内容全体が著作権法上の保護を受ける、とは必ずしも言えません。

 また、この手紙が未公表であったために、著作権法32条所定の「正当な範囲内」の引用であったとしても公表権侵害に当たるのではないか、という問題も提起されました。発表班は未公表の著作物だからと言って一切の公正な引用を認めないとするのは表現の自由に合致しないと説明していました。

 次に著作権法百選事件です。債務者が『著作権判例百選〔第4版〕』を出版企画し、債権者を含めた4名の編者が選ばれ、発行されるに至り、表紙にはその4名の名が記されることになりました。その後、第5版を発行するにあたり、債権者は編者から外され、債権者の名は表示されることなく発行される予定となりました。これに対し債権者は第4版の翻案権、複製権、著作者人格権などに基づく第5版の差し止め請求を東京地裁に求めた、というのが事件の概要です。

 ここで興味深かったのは、北方ジャーナル事件と当該事件で言われている人格権は性格を異にしている、というところです。北方ジャーナル事件では、人格権としての名誉権が傷つけられるのを防ぐために、重要な権利である表現の自由を抑制する法理として「事前抑制の法理」が用いられました。これに対して、本件では、債権者の名前が記されないことは、人格権としての名誉権を傷つけるとまでは言えない一方で、言論の内容自体を個別に公表することは何ら禁止されていません。また、編者になれなかったことによって生じた金銭的損害は事後的に損賠賠償請求等で埋め合わせることも考えられます。

 前者の「人格権」と後者の「(著作者)人格権」の性質自体が異なっており、かつそれが害された時の補填の方法等についても大きく違っている点を考えると、事前差し止めを争ったとはいえ、差し止めの当否は「事前抑制の法理」で判断されるべきなのか、むしろより債務者の表現の自由を保護する法理論の提示を検討すべきなのではないか。さまざまな視点から検討されました。

 憲法の判例を学ぶ中で今回はかなり著作権に深く入っており、新鮮なテーマでした。引き続き著作権法にも興味を持って学習できればと思います。

 次回は、真打のM・Sくんです。同じイニシャルであり、今を輝く芸能界のS田M暉に劣らない、華麗なブログが展開されることと思います。次回が楽しみです!よろしくお願いします!!

2017年11月 2日 (木)

演習Ⅰ(後期第5回)。

 sun 学園祭の前日、準備のための休講日。前回の3年生ゼミのレポートがとどきました。

 ----------

 こんにちは!今回のブログ担当K・Hです。

 10月31日 今回のテーマは「集会の自由」でした。泉佐野市民会館事件、上尾市福祉会館事件を参考に集会の自由について考えました。

 泉佐野市民会館事件は、集会のための施設利用により他の人の基本的人権が害され、公共の福祉が損なわれる可能性がある際に、集会の自由がどのように制限を受けるかが問題となった事件です。“明らかな差し迫った危険の発生”が予見される場合、使用を不許可とすることができると判示されています。

 上尾市福祉会館事件でも、同じ内容が問題となっているのですが、判決は異なります。集会の自由を制限することができるのは、“警察等の警備によってもなお混乱を防止することができない”場合と限定されています。

 一見同じような事件ですが、予見される混乱の程度の違いによって集会の自由が制限されるか否かが決まってくることがわかりました。また、所有権に由来する公物管理権と条例に基づく公物警察権などについても考え、これらの事件についてしっかりと理解が深まりました。

«演習Ⅰ(後期第4回)。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30