無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

2018年5月 6日 (日)

蔵書一代

Img_3532 連休最終日、rain

 連休前に、紀田順一郎さんの『蔵書一代 なぜ蔵書は増え、そして散逸すののか』(松籟社、2017年)を読んだのですが、そこに、「蔵書とは雑然としていては積ん読にもならず、また蔵書の名に値せず、単なる紙束の堆積(粗大ゴミ)に過ぎない」という一節がありました(54頁)。

 この一節に感化され、連休中に、ちょっと蔵書整理しようと思っていたのです。

Img_3534 というのも、わたしの蔵書、整然と並んでいるようで、すでに本棚に入らなくなっておるものもあり、結構「雑然と」しはじめていたからです。

 ただ、連休最終日になり、いまからやると途中で心折れたときに取り返しがつかないことになりはしないかと思って、結局、この連休にやることは自重してしまいました、、、

 この商売をしていると、どうしても蔵書が増えてきます。それをなんとか本棚にようやく入れてはいたのですが、、、

Img_3537 実は、いまではこんな感じで、2段になってしまっています。これもよくない状態ですよね、、、これでは背表紙が見れないので、蔵書の効用、効果が半減してしまっています。わかっていはいるのですが、入らないんですよね、、、

Img_3547_2 ウィトゲンシュタイン全集なんて弱虫ペダルの背後になっちゃっているし、、、ということで、近々、蔵書の整理、必要なんですよね、、、

 ところで、「蔵書」、みなさんどうしているんですかね。わたしは、仕事柄、まず憲法関係は一応、多いと思います。とくに、2014年、2015年に出した概説書を書いていたときには(2013年、2014年あたりか)、いままで持っていなかった憲法関係の本、随分と集めました。それと、最近は知財関連の本も。

Img_3539 また、大学院からの流れで、法哲学・法思想っぽい本も、何冊かあります。とくに、ロールズ、ドゥオーキン、ノージック、サンデルとか・・・。もっとも、あまり読まなくなってしまいましたが、、、(いかんですね!)

 それと、上のウィトゲンシュタイン(指導教官の影響と思われる)の全集をはじめ、カント、ヘーゲル、ニーチェ、フロイトなんかももっています。パラパラみることはあるんですが、「研究」って感じではないですね。なんか、買っちゃうんですよね、、、

Img_3541 指導教官の影響といえば、ハイエク関係ももっています。これはいずれ勉強しようと思っているので、もっててもいいのですが、、、その「いずれ」という日々がくるのか、心配ではあるんですが。ハイエクはまだわかりますが、ウィトゲンシュタインとかで憲法を語るなんて、すごいですよね。

Img_3543 買ってしまった、という流れでは、「人類の知的遺産」シリーズや写っていませんが「世界の名著」シリーズももっています。ただ、これは、意外と読んだ(っていってもわずかですが)し、なんかたしか安かったと思うので、まぁ、よしとしています。これからも読むでしょうから。

Img_3551 ところで、洋書側をパノラマでとってみました(正直、こんな時間があるなら整理せい、という感じですが)。洋書は、あんまりもっていません。複写して単語の意味とか書き込まないと読めないので。てな感じですが、もっと勉強しないといけないですよね。

Img_3554_6 文庫や新書の類は、研究費で購入してもらったものを除いて、自宅にもっていっています。子どものころからそんなに本を読む人ではなかったので、多くのものは大学、大学院の頃からのものです。そして、学生のときは、やっぱりそんなにお金もないので、文庫、新書が多かったのですが、、、

Img_3559 それも、こうみるとずいぶんと増えましたね。いま新書をいれているこの本棚にスキができる程度にしか本をもっていなかったと思うのですが、「人に歴史あり」、「蔵書に歴史あり」ですね。いまでは、文庫、新書だけでもずいぶんな量になりました。

 そうそう、紀田さんの本には、災害は蔵書の大敵で、もちろん、戦争のときには蔵書もちの人はそれを疎開させるに一苦労(いまのように道路が発達していたわけではなく、また、人手も徴兵されるので大変)だったとあるのですが、地震も警戒すべきものであると記されています。

Img_3555_2 そうなんですよね。地震にあいました。本自体もそうですが、本棚も、損傷をうけました。ただ、家のは全然、高価な棚ではないので、まぁ、いいのですが。

 ということで(?)、自宅の本棚もこんな感じで2段になってしまっているので、背表紙がみれるようにしたいのですが、いかんせん、スペースがない!

 紀田本にもあるように、蔵書について、家族はいい顔しませんよね。リビングとか、廊下の片隅とか、わたしからするとまだまだスペースあるように思うのですが、置かせてもらえないですよね。もっとも、まだなんとかなっているところを見ると、わたしくらいの量ならまだ「蔵書家」ではないのかもしれませんね。みなさん、玄関やらトイレやら・・・にもあふれているようですから。

Img_3540 またまた、話は前後しますが、大学の頃からといえば、有斐閣さんの「法学教室」、ずっ~と買っています。学部生の頃から購入し始めて、はじめて任期のないポストについたときに、バックナンバーも揃えました。

 という感じで、まだまだ本が増えていく気配があるので、いまのうちにスペースつくりたかったんですが、、、このGWには作業できませんでした。つぎのチャンスは、夏休みでしょうか。

 そうそう、さいごに、紀田さんの本にもお父様の蔵書の様子が書かれたくだりがあります。そこには鈴木三重吉編『少年文学集』について、つぎのように記されています。

 「いまでも父親がこの巻を購入した動機ないしは意味を考えることがある。昔の親は、自分が読まなくても、いつか子どもが読むことを期して全集本を揃えたという話を耳にしたことがあるからだ」(88頁)。
Img_3561 実はわが家の父親にもすこし蔵書があり、ほとんどは実家に置いているのですが、そのなかにあった講談社の『世界童話文学全集』はこっちの家にもってきています。これ、すべての漢字にフリガナがふられていて、子ども心に非常に読みやすかったことを覚えていて、娘のためにこっちに持ってきているのですが、発行はわたしがまだ生まれる前。すでに大人になっていたであろう父・母が読むわけでもないので、将来の子どものためのものだったのでしょう。いまは、孫に引き継がれています。

 もう個人の蔵書、よっぽどの価値あるものでないと、引き取り手がないとのこと。なんか、もったいないですよね。わたしのものもきっと、研究室を出なければならない時に、きっと困るんでしょうね。それでも買ってしまうんですよね。

Img_3544 そうそう、研究室の一角にはトミカもあります。これなんとかすれば、またスペースができるのですが、そういうわけにはいきませんよね(笑)。



















2018年3月26日 (月)

一夜、あけて。

Img_3275 きのう、勤務校では卒業式がありました。本年度卒業された熊大全学生、そして、法学部の学生、おめでとうございます。高校の同級生を基準にするとみんな大学に行っているのでしょうが、中学校・小学校ベースにみれば、大学まで出してもらえたということは、非常にありがたいことだと思います。

 まずは、ここまで育ててもらった親御さんに感謝してください。

 

Img_3272 そして、わがゼミも、いつものようにA1にいく階段で記念写真をとりました。あいかわらず、男子は控え目なんですね。募集者のなかからこのメンバーを選んだわたしは慧眼だったと思います。よい学生ばかりを引き当てました。第9期生たち。

 そして、2年間、はやかったですね。わたしにとっては、つぎからつぎへと卒業されていってしまって、、、

 それでも、なんだか今年は、そんなに「ロス感」ありません。来週になれば4月、まだ、彼・彼女らとゼミするように感じます。初回は下級生にむけて自己紹介して、ピザパして、ゼミ会して、ゼミ旅行の予定とか考えて・・・。実感ないですね、、、なんだかいつでも会えそうな気がしてます。

 でも、現実は受け止めないといけないですね。新4年生がいます。新3年生もいます。つぎは、第10期、第11期にあたります。第9期と同じくよいゼミになれたらと思います。

 ところで、第9期のつぎのゼミ会は、奄美でのようです。といっても、社会人はなかなか忙しいので、是非、あの彼には数年いてもらって、みんなの予定をあわせて奄美に行きたいなぁ。


2018年3月21日 (水)

二人の内野手の移籍。

Img_3222 わが社には、教員野球部があります。4月~7月、10月~12月あたりをシーズンとして、毎週、水曜日の昼休みに練習し、数年前までは熊本学園大学チームと、本年度からはわが社の学生チームと、対抗戦をしています。

 わたしも赴任以来、野球チームにいれてもらっているのですが、昨晩は、わたしよりもず~~っと前から、このチームでレギュラーをはってきた二人の内野手の送別会がありました。

 まもなくシーズンインというこのタイミングで、二人ともメジャーへの移籍とのこと。内野のレギュラーを失うわがチームとしては、立て直しが早急な課題として浮上しています。最近「法」までできるだろ~と上からいわれているあの先生とか、妻帯以来めっきり付き合いが悪くなったあの先生とか、たたけば伸びそうな人材に期待しようと思います。

 それにしても、つねにフリーエージェント!と思っているわたし。このチーム、わたしにとっては実に居心地のいいチームですが、でも、もっとうまくもなりたい。このままこのチームでいられたら楽なのですが、ダメになるようにも感じて・・・

 ということで、メジャーで新たな挑戦をすることを決めた二人の内野手の勇気に、敬意を表するとともに、羨ましく思いました。

2018年3月20日 (火)

第7回熊公研。

 🌂 きょうはこのあと、あさから教授会です。

 きのう、熊本公法研究会を開催しました。第7回を数えます。

 第1報告は、新人、本年度熊本学園大学に赴任された金原宏明先生の「『保護されない言論』の法理とその根拠について」。アメリカの表現規制に対する違憲審査の枠組みに関する判例の思考を詳細に分析したものでした。

 第2報告は、熊本県立大学の上拂耕生先生の「空き家を利活用したまちづくりと住民参加に関する公法学的検討」。副題に「熊本県甲佐町空き家問題を例として」とあるように、甲佐町で上拂先生のゼミが実際にかかわった空き家再生プロジェクトの概要をお話いただきました。

Img_3218 で、研究会のあとは恒例の懇親会。というのも、この研究会は、懇親会がメイン。そもそも懇親会だけでいいのだけど、それだと大学人として品がないので、一応、研究会もやっている、という枠組です。

 ということで、報告は、前にやったことがある、あるいは、いまちょっと考えているということで十分なのですが、きのうのお二人のものは、その域を超えて、非常に興味深いものでした。

Img_3220 お店の外だけではあれなので、お造り画像も。きのうは、この研究会の創設メンバーでもある先生が熊本を離れるということで、送別会もかねていました。

 ただ、この業界、学会・研究会でまたお会いできるでしょうし、なにより、研究していれば、消息あきらかなので、そんなに「別れ」という感じはしませんよね。この研究会も続けていれば、また、お越しいただくこともできるでしょうし。

 という感じで、大学をとりまく環境は依然として厳しいのですが、これからもアカデミックな雰囲気を大切にしていきたいと思います。まぁ、というわりには、懇親会中心ですがbeerbottle




2018年2月10日 (土)

恒例となったゼミ会@くすのき会館。

Img_0143 定期試験がおわった昨晩、4月からの新ゼミ生をくわえて「ゼミ会@くすのき会館」をしました。その日の5限まで試験だった2年生だけでなく、3年生にとっても、そして、もう卒業を待つだけになったであろう4年生にとっても、勉強から解放された時間となったのでは、と思います。

 で、昨年のブログをみると、「おびゼミ」の10年史が記載されていました。4月からの新ゼミ生は、わたしのゼミでは第11期生ということになります。ここまでの人数を推移をあたらめて記載すると・・・

 第1期生(平成20年度の3年生)・・・・・1

 第2期生(平成21年度の3年生)・・・・・6

 第3期生(平成22年度の3年生)・・・・12

 第4期生(平成23年度の3年生)・・・・13

 第5期生(平成24年度の3年生)・・・・18

 第6期生(平成25年度の3年生)・・・・16

 第7期生(平成26年度の3年生)・・・・12

 第8期生(平成27年度の3年生)・・・・16

 第9期生(平成28年度の3年生、現4年生)・・・22

 第10期生(平成29年度の3年生、現3年生)・・22

 第11期生(平成30年度の3年生、現2年生)・・21

 合計で159名になりました(各年度の演習Ⅰベース)。

 ホント、有難いことです。それに昨晩の様子をみていると、ちょっと心配していた(!)現3年生ゼミの雰囲気はよかっと思い、安心しました。現2年生の新ゼミ生には、期待しかありません。きっといいゼミにしてくれると思います。

 ただ、やはり人数の多いゼミなので課題もあります。その第一のものが、学年を超えたつながりです。足すと40を超えるので、通常のゼミを合同でやることはありません(もう、いくつかの講義科目より多いですよね)。一緒にやる「ゼミ」といえば、野球baseballくらい。ゼミ飲みも、いままでは、毎回は合同でやってきていません。この「学年を超えたつながり」というところを来年度のわがゼミの課題としていきたいと思います。

 それでも、昨晩は、卒業生もわざわざ仕事の都合をうけてきてくれて・・・、有難かった。在学中でも学年を超えての交流を模索しつつ、卒業後もつながっているゼミになっていけばなぁ、と思います。

 わたしも、このオフにはヒザを治して来期に備えるつもりなので、ゼミ生諸君には、それぞれの目標にむかって、この春休みを充実したものにしてもらいたいと思います。

Img_0137_2 そうそう、4年生の有志から、ミニカーつきチョコレートをもらいました。帰宅して、娘にいや~な顔されつつも、Volkswagen の意味を滔々と説いておきました。

«そして、帰熊。

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31