無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

2020年2月15日 (土)

退職記念。

 本年度、熊本大学法学部では、3名の先生が定年退職をむかえます。きのうは、そのうちのお一人の退職記念講演会がありました。

 演題は「民法学との出会い、振り返ってみれば・・・」。実に興味深いお話でした。

 まず、そもそも精緻な解釈論を展開する先生なのに、学部時代は文学にいそしまれていたとのこと。また、卒論では戦後のわが国の農地政策を踏まえて、以降のわが国の食糧自給政策を見据えた農地所有権の問題を検討されたということ。さぞや初々しい論文だったことでしょう。

 また、修士課程までは農地法を検討され、博士課程に行く段階で、農地貸借権が「弱い」権利であるのはそれが「債権」であるというところから「債権/物権」の違いに着目して研究をされたこと。その過程でフランス法にも触手を伸ばされていったことがお話されました。

 わたしのような、もはやロートルにとってもワクワクするお話で、こういうお話は、ホント、若い学生に聞いてもらいたかったと思いました。

 その後、大学に職を得られてからは、名誉・名誉感情の問題を深く検討されることになります。ここはわたしも知っていました。ただ、民事の名誉毀損の方が刑事のそれより、成立要件が厳しいと思われることなど、新しい知見にもふれることができました。まさに、学者として現役のうちに定年を迎えられたことが惜しまれます。

 ところで、この先生も含め、退職されるもうお一人も、本学の法科大学院を支えた先生。共に研究科長を務められたということもありますが、そうではなく、LS生のことを思い、教育的に支えた2人の先生です。LSを巡る環境は・・・(以下、自粛)ですが、それでも、このお二人あっての本学法科大学院であったと思います。形式的には昨年度末で在校生がいなくなりましたが、これで、名実ともに本学法曹養成研究科が消滅した、という感を昨日は受けました。

 さて、退職を迎えるもう一人の先生は、法学部長を長らく務めたあと、全学で副学長・理事を務められている先生です。わたしが本学に赴任したときの部長先生ということもあり、以来、大変、お世話になっています。全学に籍を移されてからも、法学部のことを常に想っていただいていた、法学部の「巨星」です。本年3月、法学部は大きな先生を失うことになります。

 という感じの惜別感ある土曜の朝を迎えております。

 

2020年2月 9日 (日)

新ゼミ生歓迎会。

Img_20401 先週の金曜日(7日)に新ゼミ生の歓迎会をしました。現3年生と卒業を控えた4年生が新ゼミ生(現2年生)を歓迎するというここ数年の恒例のゼミ行事です。毎年、数名、OBOGも来てくれます。

 先日の選考の結果、来年度、弊ゼミに迎える新ゼミ生は21名です。まずは、人数でこのゼミの歴史を振り返ると・・・

第1期生(平成20年度の3年生)・・・・1

第2期生(平成21年度の3年生)・・・・6

第3期生(平成22年度の3年生)・・・12

第4期生(平成23年度の3年生)・・・13

第5期生(平成24年度の3年生)・・・18

第6期生(平成25年度の3年生)・・・16

第7期生(平成26年度の3年生)・・・12

第8期生(平成27年度の3年生)・・・16

第9期生(平成28年度の3年生)・・・22

第10期生(平成29年度の3年生)・・22

第11期生(平成30年度の3年生)・・21 ← 現4年生

第12期生(平成31年度の3年生)・・24 ← 現3年生

第13期生(令和2年度の3年生)・・・21 ← NEW

Img_20411 第1期は1名からスタートしたこのゼミですが、ここ数年は20名越え状態で、この第13期生で総勢204名になりました。ようやく憲法ゼミ2名体制が整ったので、来年度はこうはゼミ生を集めることはできませんが、まずは現ゼミ生の満足度を高めるよう努力したいと思います。

 Img_20421ところで、このゼミ申込みにあたっては、1人1人が「演習Ⅰ履修申込書」に「志望理由」を記載します。

 で、ここ数年、歓迎会では、この「志望理由」を読んで、なぜわたしがその学生をゼミ生としたのかを簡単に紹介するという試みろしています。ゼミ生にとっては迷惑な、こっぱずかしい、かもしれませんが(笑)。

 そこでは、「憲法の〇〇を勉強してみたい」とか、「見学会、説明会、相談会でいい雰囲気だった」というようなことや、「〇〇先輩の紹介があった」とか、書かれています。また、「キャッチャーできます」(わたしがピッチャーなので)とか「足には自信がある」(?)といった、野球絡みのものも複数、あります。さらに、わたし(おびなた)の講義を受けて感動したとか・・・(こういうの嬉しい)。

Img_20431_20200209102401

 教員側としても、定期試験のできがよかった、よい質問をしていた、ということで「顔は知らないけど」、「名前は知っている」学生とかの応募があると、やはり嬉しくなって、そういう理由で採用したりすることも、よくあります。

 そんなこんなで採用理由を述べつつ、自己紹介して、懇親して・・・という感じで、本年も歓迎会を実施することができました。

 この「志望理由」の紹介をするときに、ついでに現役ゼミ生の過去の「志望理由」とかにふれることもあり、学生としては、さらにこっぱずかしい、のですが・・・(笑)。でも、2年生の後期、正月明けに「志望理由」として書いた進路を実現している学生とかいて、実に素晴らしいとも感じられるひと時でした。

 ということで、来年度も「10分の1法学部」(勤務校法学部の定員は210名で、そのうち21名がゼミ生)の看板の下、新4年生については「進路を決めて卒業」を、新3年生については「居心地の良いゼミ」を目標に、ゼミ運営ができたら、と思います。

   

2020年1月22日 (水)

第13期生決定!

半年ぶりのブログ更新です。もう定期試験とゼミ募集の結果発表でしたブログを更新しない状態になってしまった。

先日、締め切られた令和2年度のゼミ募集ですが、本日が、新ゼミ生の名簿提出日です。ここのところ、数年、有難いことに多数の応募をいただき、申し訳なく思いつつも、ゼミ生を選考しなければならない状況になっています。まずは、弊ゼミに応募してくれたすべての学生に、厚く御礼申し上げます。と同時に、本年も希望をかなえられなかった学生が(結構)いること、それもとってもらえると期待していたであろうに、取ってあげられていないこと、教員としてどう謝罪していいか、わかりません。もう心の中でどう思われても致し方ありません。申し訳ありません。

以下、言い訳に過ぎませんが、今回の選考状況についてお伝えします。

Ⅰ 第12期生(現3年生)について

まずは、全員、継続の希望を出してくれてありがとうございます。皆さんの進路の希望がかなうよう、できるだけバックアップしたいと思います。来年度もよろしくお願いします。

Ⅱ 第13期生(現2年生)について

1 申込書について

まずは、いつもお話してますが「演習Ⅰ履修申込書」の記載内容は、質量ともに、非常に重視しました。申し訳ありませんが、申込書段階で、数名、とっていません。

2 その他の要素について

(1) 申込書さえきちんと書いていれば、毎年「1番賞」を設けているのですが、今回は、ちょっと不在にしているとき(初日の10時あたりです)に、3名の応募がありました。ということで、申し訳ありませんが、今回は「1番賞」なし、でお願いします。

(2) 2年次前期終了時点の修得単位数が60単位以上であるかを一応の基準としました。

(3) 自分がこのゼミで貢献できることについて記載してあるものは、高く評価しました。それは勉強である必要も、野球である必要も、ありません。ゼミに積極的に関わってもらえる学生とのゼミは、教員として楽しいものなので。「おもしろアピール」も評価しています。

(4) 希望進路は何でもよいと思います。結果として、公務員も民間もLSもいます。

3 言い訳

新ゼミ生は21名にしました。いままでゼミ生を取り過ぎていて各所にご迷惑をお掛けしていることもあり、今回は、自省した結果です(って、まだ反省が足りないといわれる数字ですが)。それでも、わたしは、わたしのところに応募してくれた学生を、無下に断ることはできません(って、やっぱり断らざるを得ないのですが)。結果発表をみて、なぜ自分はとってもらえなかったのか、と残念に思う人も出ると思うのですが、理由を問われても定かなことはいえません。それは無責任と思われるかもしれませんが(その批判は甘んじて受けなければなりませんが)、応募してくれた学生の間に決定的な差などありません。もう、お許しいただくしかないのです。どうか、どうか、勘弁してください。

書き始めたころは、申し訳なくて申し訳なくて忸怩たる思いでいたのですが、書いているうちに、だんだん心が静まってきたように感じます。このあたりで、また、前を向いていこうと思います。

 

2019年8月 7日 (水)

速報!憲法Ⅱ

 8月5日(月)に実施した「憲法Ⅱ(統治機構)」定期試験の結果を速報値で知らせします。

 まず、受講生のみなさん、4カ月間の受講及び定期試験の受験、お疲れ様でした。みなさんのご協力もあり、今学期も充実した講義が実現したと思っています。この場をお借りして御礼もうしあげます。では、まずは結果をお知らせします。

 【受講登録者】248名

 【受験者】216名(87.04%)

 【秀】28名(12.96%)

 【優】41名(18.98%)

 ここまでで216名中、69名(31.94%)

 【良】51名(23.61%)

 【可】50名(23.14%)

 単位取得率は216名中、170名で78.70%

 【不可】46名(21.29%)

 素点の最高得点者は94点、つぎが93点で3名いました。あと90点を超えている人も数名。

 合格した方はおめでとうございます。はからずも不可だった人、合格するだけの学力をつけてあげられなくて、申し訳ありません。また、今回はすこし厳しかったようにも思います。いろいろ悩んでこうなったので、ご理解いただけると幸いです。

 これでわたしの憲法を受けることは、一般的には最後だと思います。2年間、ありがとうございました。

2019年3月30日 (土)

編集長退任。

Img_0437  この色鮮やかな春らしい表紙の熊大通信(72号、2019年春号)の発行を最後に、平成27(2015)年度から平成30(2018)年度まで4年務めた熊大通信編集長を退任します。この4年間はわたしの熊大教員キャリアのなかでかけがえのないものになりました。
 思えば、平成26年度の年度末(27年3月)の某日、その後、副学長・理事になるある先生から「学長特別補佐になって」と言われたとき、まずはじめに浮かんだ疑問が、そんなポストあったのか?というものでした。で、ついては「熊大通信の編集長に」とも。「熊大通信」???そんなの・・・(以下、自粛)。
 こんな感じではじまった編集長なので、担当職員や実際に取材し記事を書いてくれる方々に「おんぶにだっこ」の編集長だったわけですが、こんなわたしでも、一応、熊通作成にあたりこだわっていた(それほどでもありませんが)がありました。
Img_0474  その1は、五高・熊大という「伝統」です。わたし、こう見えて「保守派」なので、こういうの好きなのです。先人が積み上げてくれたものを引き継いで後代に繋げていく。こういう気概をもった熊大生、熊大教職員であ...ってほしいと思っています。
というわけで、「五高✕七高」とかの対決も好きなのです。どんなことでも好敵手があるということは、有り難く幸せなことだと思います。

Img_0467  その2は、自分で読みたいものをつくる、という点です。熊通の分量は、だいたい1時間で読めるものです。飛行機なり新幹線なりで移動しているときとか勉強・研究の合閒に読み切れるくらいの。そのときに、この1冊を読んで「なんか、ほう、面白かった」と(自分が)思う内容にしたいと考えていました。ということで、テーマは自分の興味関心に偏っているかもしれません。

Img_0454  その3は、地震をうまくとりあげることです(難しいのですが)。編集長になり2年目になったとき、平成28年熊本地震にあいました。このときに編集長をしていたこと、一生、忘れないと思います。地震直後の号にはわたしのたっての希望でチアの全面写真を使わせてもらいました。熊通で Cheer Up を伝えたかったからです。このときの中心メンバーは、今年、卒業です。また、九州大はじめ多くの大学にご支援いただいたこと、いまでも思い出します。(わたしがチアの所属する熊大応援団の部長に就任したのは、まだ後になってのことです。このときはとくに知っている学生もいないのにBLAZESのアカウントにDM出してお願いしました)。
Img_0472   そして、やっぱり、熊大がいい大学であってほしい、という思いで編集長を務めてきました。「いい大学」ってどうはかるのか難しいでしょうが、わたしは「子どもを入れたい大学」がいい大学と思い「親子で熊大生」特集もしました。
 という感じで、なんだかんだいいって、青天の霹靂で就任し素人ながらなんとかやってきた4年間でしたが、振り返ってみれば、われながら立派だったのでは、と思います。冒頭にも書きましたが、わたしの熊大人生で4年も編集長ができたこと、そして、自画自賛ですが一応のものも残せたこと、もう満足しようと思います。
これをもちまして、熊大通信編集長を退任します。4年のご愛顧、ありがとうございました。

 

«ミスター熊法。

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29