無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

2019年3月30日 (土)

編集長退任。

Img_0437  この色鮮やかな春らしい表紙の熊大通信(72号、2019年春号)の発行を最後に、平成27(2015)年度から平成30(2018)年度まで4年務めた熊大通信編集長を退任します。この4年間はわたしの熊大教員キャリアのなかでかけがえのないものになりました。
 思えば、平成26年度の年度末(27年3月)の某日、その後、副学長・理事になるある先生から「学長特別補佐になって」と言われたとき、まずはじめに浮かんだ疑問が、そんなポストあったのか?というものでした。で、ついては「熊大通信の編集長に」とも。「熊大通信」???そんなの・・・(以下、自粛)。
 こんな感じではじまった編集長なので、担当職員や実際に取材し記事を書いてくれる方々に「おんぶにだっこ」の編集長だったわけですが、こんなわたしでも、一応、熊通作成にあたりこだわっていた(それほどでもありませんが)がありました。
Img_0474  その1は、五高・熊大という「伝統」です。わたし、こう見えて「保守派」なので、こういうの好きなのです。先人が積み上げてくれたものを引き継いで後代に繋げていく。こういう気概をもった熊大生、熊大教職員であ...ってほしいと思っています。
というわけで、「五高✕七高」とかの対決も好きなのです。どんなことでも好敵手があるということは、有り難く幸せなことだと思います。

Img_0467  その2は、自分で読みたいものをつくる、という点です。熊通の分量は、だいたい1時間で読めるものです。飛行機なり新幹線なりで移動しているときとか勉強・研究の合閒に読み切れるくらいの。そのときに、この1冊を読んで「なんか、ほう、面白かった」と(自分が)思う内容にしたいと考えていました。ということで、テーマは自分の興味関心に偏っているかもしれません。

Img_0454  その3は、地震をうまくとりあげることです(難しいのですが)。編集長になり2年目になったとき、平成28年熊本地震にあいました。このときに編集長をしていたこと、一生、忘れないと思います。地震直後の号にはわたしのたっての希望でチアの全面写真を使わせてもらいました。熊通で Cheer Up を伝えたかったからです。このときの中心メンバーは、今年、卒業です。また、九州大はじめ多くの大学にご支援いただいたこと、いまでも思い出します。(わたしがチアの所属する熊大応援団の部長に就任したのは、まだ後になってのことです。このときはとくに知っている学生もいないのにBLAZESのアカウントにDM出してお願いしました)。
Img_0472   そして、やっぱり、熊大がいい大学であってほしい、という思いで編集長を務めてきました。「いい大学」ってどうはかるのか難しいでしょうが、わたしは「子どもを入れたい大学」がいい大学と思い「親子で熊大生」特集もしました。
 という感じで、なんだかんだいいって、青天の霹靂で就任し素人ながらなんとかやってきた4年間でしたが、振り返ってみれば、われながら立派だったのでは、と思います。冒頭にも書きましたが、わたしの熊大人生で4年も編集長ができたこと、そして、自画自賛ですが一応のものも残せたこと、もう満足しようと思います。
これをもちまして、熊大通信編集長を退任します。4年のご愛顧、ありがとうございました。

 

2019年3月23日 (土)

ミスター熊法。

Img_0363
 ☁
 年度末が近づき、本年度を最後に熊大法学部を去られる先生方の送別会が続いています。本年度は併設されているLSがなくなるので、とくに送別対象者が多いように思います。
 そのなかに、本年度末で定年退職されるある先生がいます。定年退職される先生には、それまでの熊大法学部・LS教育への敬意を表する論文集が献呈されます。わたしも寄稿させていただきました。もっとも、きょうの話題は拙論文ではありません。定年退職される先生です。
 この先生は、熊本大学法学部・法学研究科を卒業・修了されたあと、東京大学の博士課程に進まれて、その後、熊大法学部にもどられて教鞭をとられてきました。当時の熊法には博士課程がなかったのでまさに「熊大一筋」、学部生の頃を含めると、実に39年間(だと思われる)、熊法の学生・教員であられたわけです。
 この先生の学生の頃のことを知る由もないのですが、わたしが赴任したとき、ある先輩教員からこの先生が「いままでの法学部生で一番できた学生」と聞いています。そして、民事訴訟法の一廉の学者です。その愚直な姿からもうかがえるように、熊本大学法学部を象徴するような先生です。名実ともに「ミスター熊法」、陰ながら尊敬しておりました。
 わたしが赴任したときから近いながら所属部署が違うということもあり、そうお話することもなかったのですが、最近になっていくつかの場面でご一緒する機会に、わたしのようなものに期待をかけてもらっているようなお言葉をいただきました。専攻こそ違えども記念論文集に拙論文を寄稿させてもらったのは、そのことへのせめてもの感謝の気持ちを表すためです。
 さて、報道にもあるように、熊本大学LSは本年度末で廃止ます。そして、大学院社会文化科学研究科も「法学系/文学系」をすっきりさせる改組がなり、熊本大学の法学系教育は、平成31年度、あらたな時代に入ります。第二、第三の「スター学生」を育てられるか、そして、第二、第三の看板教員を擁することができるか。もう中堅であろうわたしも、さらに精進しなければならないと思いました。

2019年2月10日 (日)

新ゼミ生歓迎会@くすのき会館。

 

Img_e0010 定期試験も終わったので、きのう、新ゼミ生を迎えての歓迎会をしました。

 ここ数年のこの時期のゼミの恒例行事になっています。新ゼミ生は24名。第12期生ということになります。ついでに、ここまでの弊ゼミの道のりを振り返ると・・・

Img_0017第1期生(平成20年度の3年生)・・・1

第2期生(平成21年度の3年生)・・・6

 (ここまでは当然に第2次募集もした)。

Img_0016第3期生(平成22年度の3年生)・・・12

第4期生(平成23年度の3年生)・・・13

第5期生(平成24年度の3年生)・・・18

Img_0015第6期生(平成25年度の3年生)・・・16

第7期生(平成26年度の3年生)・・・12

(このあたりから全員の受け入れができなくなりつつある)

第8期生(平成27年度の3年生)・・・16

第9期生(平成28年度の3年生)・・・22

第10期生(平成29年度の3年生)・・・22 ← 現4年生

第11期生(平成30年度の3年生)・・・21 ← 現3年生

第12期生(平成31年度の3年生)・・・24 ← NEW

合計で183名になりました(各年度の演習Ⅰベース)。

Img_0018 瞬間最大風速が吹き続いている弊ゼミですが、こう盛り上がってきたのも、いままでの歴代ゼミ生1人1人のおかげだと思います。

 そして、第12期生も「このゼミでよかった」とまずは思ってもらえるように、新年度になったら、活発な活動を、と思っています。

 ということで、新ゼミ生も含めて、これからもおびゼミをよろしくお願いいたします。




2019年1月23日 (水)

新ゼミ生、決定!

 ブログ、お久しぶりです。

 SNSでお馴染みの弊ゼミですが、いよいよ新ゼミ生の募集期間も終了し、新ゼミ生の名簿を調製する期限がきました。

 まずは、わたしのゼミに応募してくれた学生全員に対し、感謝もうしあげます。例年のことですが、いろいろ気になるゼミがあり、よさそうな先生がいる中で、たった1つ、わたしのゼミを選んでくれたこと、有難く思います。申し込んでくれた2年生、そして、2年生にそう思わせるようなゼミを運営してくれた4年生と3年生の現ゼミ生には厚く御礼申し上げます。

 ただ、ことしも応募者の全員をうけいれることはできませんでした。昨年12月のゼミ見学会、ゼミ説明会、そして、ゼミ相談会に参加してもらったのに、受け入れられない学生が出てしまったこと、まことに申し訳なく思います。とくに、ことしは、ゼミ相談のために研究室まで来てくれた学生の中でも受け入れられなかった学生が出てしまいました。ある種の仁義に反するようなことをしてしまったわたしを、どうかお許しください。

 そして、これからゼミ選考の基準、要素みたいなものを書こうと思いますが、正直、いまでも迷っています。なぜなら、どの申込書も一目で否となるようなものはなかったからです。きっと、ほとんどのゼミでは受け入れられたであろう立派な申込書ばかりでした。ただ、ゼミ定員は、一応、15名。そこからあまり離れない程度でゼミ名簿を調製しなければならなかったことを、再度、お詫びいたします。

 (ゼミ生の発表は1月25日(金)の予定のようなので、それまでお待ちください)。

 お詫びばかりで話が進まないので、本年のゼミ選考の基準・要素をお知らせします。

 ① これはゼミ説でも3年生が伝えていたと思いますが、募集開始後、1番に申し込んでくれた人は、申込書の内容を確認した上で、採用しています。やはり、いつになってもゼミ募集期間は教員にとって不安なもの。その中で、1番に出してくれた人は大切にしたい、というのがわたしのポリシーです。

 ただ、1番でなければ、あとは、申込書の内容次第ということで、

 ② 申込書の裏までビッシリと書いてくれた人も、その内容を確認して、採用しています。複数人います。この手のものは長ければいい、というわけではないのはそうでしょうが、それでも熱意の表し方のひとつ(それも伝わりやすい1つ)だと思っています。ビッシリ書いてくれた人、複数人いますよ。

 つづいて、これは本年はじめてのことですが、

 ③ 2年生前期終了時点におけるGPAで3.0以上の人は採用しました。大学も教育機関、教育機関は成績で評価されるのが一番公平だとわたしは思っています。ただ、実はゼミは3年から。専門教育ばかりになる2年後期、そして、3年生以降にこの成績が逆転されるのは往々にして起こり得るので、あまりいい基準ではなかったかもしれません。

 そして、これもよかったか悪かったかわからないのですが、

 ④ 教養の情報科目、語学に✕のある人は採用していません。不可、はいいのです。しょうがない(いや、可以上がいいけど)。やっぱり✕はわたしは避けてほしいと思います。いろいろな事情があったのでしょうが・・・

 あと、緩やかですが、

 ⑤ 今回は、LS希望者、意図的に採用してみました。ちょっとこれにかかわるお仕事、しているので。学生にとっては、そんなの関係ないですよね・・・

 あとは、文章化することができません。何度も何度も申込書を読ませてもらいました。もう1回読んだらまたメンバーが替わってしましそうです。切りがなさそう。なに書いても採用されなかった人にはなんの慰めにもならないので、ただただ謝罪するだけですが、、、

 どうかわたしのことは嫌いになっても、憲法のことは嫌いにならないでください。いや、わたしのことも嫌いにならないで。わたしにできることがあれば、ゼミ申し込んでくれたことへの感謝として、できる限りのことはしますので。

 そして、現3年生は21名、全員、再応募してくれました。こちらも深謝いたします。新ゼミ生とあわせて、来年度もよいおびゼミを作っていきたいと思っています。どうか、仲良くしてください。

 

 

2018年11月23日 (金)

“町内会”は義務ですか?

 冬になりそう。

 きょう、紙屋高雪さんの『“町内会”は義務ですか? ~コミュニティーと自由の実践~』(小学館新書、2014年)を読みました。

 かねてより「社会関連資本」のに興味をもちつつ小稿(https://www.47news.jp/47reporters/2999705.html)とか書いたので、町内会本にも興味をもっていました。

«第8回熊本公法研究会。

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31