無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 前任校への出講 | トップページ | 対抗戦 »

2007年11月25日 (日)

哲学者の私生活

 昨日、前任校への出講の道中では、以下の本を読みました。

 金森誠也【著】『哲学者の私生活』(大陸書房、1978年)。

 本書は名だたる哲学者(本書では20名が取り上げられている)の人となりがよくわかるエピソードを中心に、哲学者という人種の日常生活を垣間見ようとしたものです。書名の「私生活」という語感から想起されるものに性生活・異性関係(取り上げられている哲学者がすべて男性であったので女性関係)があると思うのですが、各哲学者の項目で、多くの場合にこの女性関係、女性観が取り上げられている点が、本書の特徴と言えると思います。

 その他、各哲学者の飲食、政治への関わり方など、その哲学者の人となりからその思索の傾向性などが窺えて、楽しい読書時間でした。

« 前任校への出講 | トップページ | 対抗戦 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/9100322

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学者の私生活:

« 前任校への出講 | トップページ | 対抗戦 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31