無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« センター試験 | トップページ | ここ数日のこと。 »

2008年1月23日 (水)

インターネット時代の著作権

 曇り。全国的に寒い一日になりそう。

 さる月曜日(21日)に、学内の研究会で報告をしました。テーマは「著作権をみる憲法学の視点について」です。

 最近は著作権に関する研究をしているという噂を聞きつけてか「これこれの場合は著作権法違反になるのでしょうか?」という質問を受けることがあります。ところが、著作権法の実務上の考え方は、よくわかりません。もし質問されても、六法と格闘することになります。

 というわけで、少しでも実務上の問題に明るくなっておこうと思って、まず読んだのが半田正夫『インターネット時代の著作権:実例がわかる Q & A 付』(丸善ライブラリー、2001年)です。

 半田先生の書かれたものを読むと、たとえば著作者人格権と著作財産権との関係をドイツのE・ウルマーの理論に依拠して「一元論」的に理解するなど、著作権法学界では少数説の立場にあるように思います。ただ、わたしは、理論的には半田説が正しいように思うので、よく引照させてもらっています。

 この本は、新書で一般向きということもあるので、もちろんオーソドックスな線で書かれています。

« センター試験 | トップページ | ここ数日のこと。 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/10029552

この記事へのトラックバック一覧です: インターネット時代の著作権:

« センター試験 | トップページ | ここ数日のこと。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31