無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

ロレンスの結婚観

 蒸しています。夕方からは雨のようです。

 今日は午後からある審査会に出かけるために、学外に出ます。その前に、ゼミの準備をしました。次回は「チャタレイ事件」の判例分析です。これは刑法175条の「わいせつ物頒布罪」にいうわいせつ概念を「わいせつ3要件」として示した有名な判例です。憲法との関係では、抽象的危険の除去という社会的法益のために、表現の自由を制約する法令の合憲性について問題となるところです。

 その予習をかねて、福田恒存評論集の第3巻『平和論にたいする疑問』所収の「ロレンスの結婚観」を読みました。まぁ、ゼミの予習には直接的にはなりませんが……。

 この文書は、福田恒存によるチャタレイ裁判における最終弁論です。そこで彼は、『チャタレイ夫人の恋人』の著者であるD・H・ロレンスの「性の思想」についての分析を展開しています。

 わたしには難しくてよくわかりませんでしたが、ロレンスはその作品のなかで、一貫して「性の慎み」を重要な価値と認め、「性の秘密性」を批判しているようです。「性の慎み」とは、性に対する敬虔な感情のことで、貞操観につながるもののようです。ほんと、あんまりよくわかりませんでした。学生がわたしの講義を受けた後に覚えるあの、はぁ~、といった感じでしょうか。

 文学(芸術)と法規制との関係については、以下のように述べられています。「一つの文化財である文学作品を法の対象にする以上、その作品が真の意味で文学でないことを立証しなければなりません。曖昧なショックというような言葉を用い、影響論から罪におとすというようなことが行われてはならない」(118)。(福田恒存の文は、旧仮名遣い、旧漢字を用いているので、現行のものに変えて引用しています。「福田恒存」も本当は旧漢字です)。

 チャタレイ事件では伊藤整の訳書の12箇所にわいせつな部分があるとされ、起訴・有罪判決を受けるのですが、福田の思考法からすると、およそナンセンスな判決なのでしょう。

2008年5月28日 (水)

ドラマ撮影

 雨が降ってきました。そろそろ梅雨入りでしょうか。水曜日に雨が降ると、ほんと凹みます。

 昨日は五高化学実験場でNHKドラマ「坂の上の雲」(司馬遼太郎原作)の撮影があったようです。月曜日から五高記念館付近に駐車規制されていたのは知っていたのですが、昨日が撮影日だったのですね。講義が終了し校舎の外に出たら、実験場付近が黒山の人だかりでした。出演者のうち、どなたが来られていたのでしょうか。来年放送されるそうなので、楽しみです(忘れていて見逃しそうですが・・・)。

 それはそうと今日の1限目の教養の講義、クーラーが入っていたように思うのですが。教養の方は予算が潤沢なのでしょうか。むしむしする暑い教室では、居眠りするのも仕方ないですよね~。費用対効果を考えたら、涼しい環境で学生に勉強させた方が、お国のためのように思います。

 【追伸】昼食時の雑談情報では、阿部寛さんが来られていたようです。

2008年5月25日 (日)

阿蘇の司ビラパークホテルオリジナルアイスクリーム

 法学部新入生合宿研修で利用した阿蘇の司ビラパークホテルの夕食の「水菓子」としてホテルオリジナルアイスクリームをいただきました。アイスが配膳されたときに行われていた教員自己紹介の混乱の中で、映像に残すことはできませんでした。

 夕食のお品書きにはつぎのようにあります。「雄大な阿蘇で育った乳牛よりホテル独自で調合した門外不出のアイスクリームです」。たしかにミルク感は濃厚だったと思います。

 門外不出なので、気になるかたは、是非、ビラパークホテルで召し上がってください。

阿蘇研修

 くもり。

 ただいま、阿蘇から帰ってきました。この週末(土・日)には、勤務校法学部新入生による阿蘇合宿研修に同行しました。

 宿泊研修を実施したのは阿蘇の司ビラパークホテルです。法学部の新入生合宿研修は、随分昔から、このホテルを利用させてもらっているとのことです。

Cimg1421  ホテルのお部屋にあったお茶請けです。別館のような部分を利用させてもらったとはいえ、学生諸君の元気のよさに、一般の利用客の方もさぞ驚かれたことでしょう。若干、ご迷惑をおかけしたかもしれませんので、この場をお借りしてお詫び申し上げます(誰もみてないって・・・)。

 1日目は生憎の雨模様で、予定していたウォーク・ラリーは、実施できませんでした。ただ、代わりにおこなったクイズ大会は、ことさら好評だったと思います。もっともわたしたち教員は、不真面目なので、ホテルから雀卓と牌をお借りして、麻雀に勤しみました。刑法の先生から単純賭博と常習賭博の実務・運営上の違いなどをお聞きしながらの意義深い麻雀でした。

 クイズに前後して、同行した教員との交換会、お世話をしてくれた上級生との交流会もありました。

 2日目はホテルと後にして、合志市にある泉ヶ丘体育館でソフトバレー大会を行いました。大変盛り上がったと思いますが、このときも、体育館の一部で室内テニスらしきもの(?)をされていた一般の方がおられました。ご迷惑になっていたとしたら、お詫び申し上げます(だから、見ていないって!)。

 病気になった人、怪我をした人、酔いつぶれた教員など出ずに、無事、新入生の合宿研修を終えることができました。これも、この合宿研修全般にわたってお世話をしてくれた、法学部行事実行委員会の諸先輩学生諸君のお陰です。彼らがいなければ、この合宿研修が盛会のうちに実施されることもなかったことでしょう。この場をお借りして、新入生に成り代わって、御礼申し上げます。ありがとうございました。

 では、これから帰宅してじっくりと寝たいと思います。

2008年5月23日 (金)

平凡な毎日。

 薄日が差していますが、午後から明日にかけて、雨予報です。

 5月の連休も終わり、夏休みまで大学の講義が淡々と続きます。生活も毎週の時間割に合わせるように、平々凡々としています。

 昨日も「渡鬼」をみて、平凡な毎日のありがたさをかみしめました。わたくし「渡鬼」好きなんですよね~。あのドロドロとしたところ、イライラするところが、なんともいえません。あの家族をみて、うちはまだましだ~、と思い溜飲を下げています。

Cimg1417  それはそうと、先日わたしの誕生日があり、(妻を通して)娘がケーキをプレゼントしてくれました(ちょっと、味見をした後というところはご愛敬と言うことで)。新屋敷にある「旬の菓子工房 アン・ボン・マルシェ」のケーキです。この店のものをはじめて食べましたが、ここはケーキ屋さんとして、今後も長続きすると思いました。

2008年5月21日 (水)

海賊版の思想

 快晴!今日も暑い一日のようです。

 このところ読書量が減っているように思います。講義期間中は致し方なし、というところでしょうか。

 今日は午後から教授会。その前に、下記の本を読みました。

 英国で永久コピーライトに反対した書店主・ドナルドソンのお話しです。英国では1710年に「アン法」というコピーライトに関する法律が制定されます。この法律がそれまでに出版されていた書籍にも適用され、慣習法上の権益というものが否定されるのか、それとも法律制定以降もなお慣習法上の権益(永久のコピーライト)が認められるのかについて争われた「ドナルドソン 対 ベケット」を取り巻く物語が、本書の中心テーマです。

 上記の訴訟について、「海賊版」出版者であったドナルドソンにとっては、一面で、自らの出版の権利を確保し利益を確保しようとしたものともいえますが、他面、永久コピーライトに反対することで書籍内容の自由利用を促進しようとしていた、ということを描き出すことが著者の意図だと思います。ドナルドソンの活動で、当時の人びとの、そして、後世の人びとの知的欲求がいかに自由に満たされることになったことでしょう。

 「海賊版」を出版していたドナルドソンですが、それでも彼の思想は、後世のわたしたちからみて、非常に意義深いものであったことが、本書から窺えます。

2008年5月18日 (日)

塩アイス

 熊本市中唐人町にある「ソルト・ファーム 塩工房」の塩アイスです。

Cimg1408  和三盆を基本とするアイスの甘みが、塩の効果でより引き立った美味しいアイスでした。これからミネラル分が不足する夏がはじまります。夏には塩アイスです!(300円)

 このアイス、わたしの味覚では評価です。

熊大フィル

 薄曇りか。先週は論説の校正があり、明日からの講義の準備が不十分なので、日曜出勤です。大学に来てみたら、労働法学会が行われていました。お疲れ様です。

 昨日の土曜日は娘の習い事のために街に出たついでに、中唐人町にあるMerry Wishでランチをしました。

Cimg1407 写真はランチのなかのお肉のプレートです。これに季節の野菜の前菜、胚芽パンまたはライスとみそ汁がつき、食後にコーヒーがでます。食材にこだわりがあるようで、若干、お高めですが、雰囲気のよいお店でした。

 食べ終わり店を出たところで「塩アイス」の旗が目に入り、ランチのお店と道向かいにある「ソルト・ファーム 塩工房」で塩アイスを食べました。

 ランチの後、娘の「鶴屋で遊ぶ」との声を無視して急いで街をあとにして、県立劇場での熊大フィルのサマー・コンサートに行きました。

Cimg1409 演奏中の撮影はできないので、パンフレットだけ。

 オープニングのチャイコフスキー「交響曲第5番」のときにはなんやらオケ全体の緊張のようなものが演奏に表れていましたが、ビゼーの「アルルの女」、シュトラウス2世の「ワルツ『春の声』」とプログラムが進むにつれて、迫力のあるよい演奏だったと思います。これがわたしの素人評です。アンコールの「ラデツキー行進曲」のときには、会場からの手拍子もありましたし。

 子どもができて以来、このようなコンサートにはいけなかったので、よい土曜日でした。

 ところで、パンフレットには、複数のお店、企業様からの広告が掲載されていました。それを見て、わたしも大学の部活でパンフレットに載せる広告や遠征の寄付金を集めて回ったことを思い出しました。広告や寄付金をいただけたときのわたしは、まるで「神を見る目」だったことでしょう。今回の熊大フィルのコンサートに広告を載せてくださったお店・企業の方々、わたしからも厚く御礼申し上げます。割引券がついていたら、もっとよかったのですが(笑)。

2008年5月15日 (木)

3回目の新司法試験

 今日も快晴。今週は週のはじめから、よく晴れています。今日は、沖縄本土復帰の日です。

 ここのところ、わたしのブログに相応しい、ほのぼのとした話題がありません。話したいことはあるのですが、毒を吐きそうなので、やめておきます。

 ところで、昨日(14日)から、新制度の下での3回目の司法試験がはじまりました。新制度のもとで法曹人口を増やす政策かと思いきや、どうやら風向きは怪しくなっているようです。今回の試験の合格目安は、2100人から2500人程度のようです。合格率でいうと、40%を下回って、3割台になるようです。もっとも19%の棄権者があったようですから、少しだけ、合格率は上がるかもしれませんね。

 旧制度下における合格率と比べると格段と高くなっているとはいえ、法科大学院開設当時の7割から8割の合格というふれこみと比べると、大変な狭き門ですね。受験者の方の健闘をお祈りいたします。各法科大学院の研究科長さんは、神にも祈る思いでしょう。

 【本日のひと言】野球も司法試験もツー・ストライクから。

2008年5月12日 (月)

母の日に。

 晴れ。でも明日は雨のよう。

Cimg1399_3 昨日は「母の日」でしたね。わが家の娘も幼稚園でつくったプレゼントを母親(つまりわたしの妻)にわたしていました。

 プレゼントをわたしながら「いつも、ありがおとう」と言っていました。

 わたしの母ではありませんが、妻に、ケーキを買いました。水前寺駅通り天理教前にある「洋菓子工房 クーゲルホップ」のブルーベリー・チーズケーキ・タルトです。(生クリームをのせるかどうか選べたのですが、貧乏性のため、もちろんのせてもらいました)。

Cimg1406_2 はじめて食べましたが、甘いケーキが好きな人むきの味でした。タルト生地は美味しかったと思います。

2008年5月 9日 (金)

澁澤龍彦

 くもり。湿度が高く、天気は下り坂でしょう。

 夕方からゼミの飲みがあるので、その前の時間を利用して、すこし文章を読みました。

Cimg1398  読んだものは、NHK「知るを楽しむ」2007年10・11月のテキストのうち「澁澤龍彦 眼の宇宙」です。背景は『週刊読書人』2008年4月18日号です。「澁澤龍彦の遺したもの」との特集が組まれています。(ちなみに、「彦」の字、変換できませんでした)。

 澁澤龍彦は、フランス文学者であり、マルキ・ド・サドの研究者として知られています。

 澁澤龍彦の本は、河出文庫のものを中心に10冊以上所有しています。ただ1冊も読んだことがありません。彼の翻訳による『悪徳の栄え』(サド著)も本棚に眠ったままです。なんとなく澁澤や三島由紀夫のものは、わたしの肌に合わないような気がして・・・。

 それでも今年は澁澤龍彦生誕80年のようです。これを機に、本年中には、1冊ぐらい澁澤の書いたものを読んでみたいと思います。

2008年5月 8日 (木)

憲法をラディカルに考える

 今日もよく晴れています。

 週の後半は講義がないので少し気が楽です。もっとも本当に楽をしてしまうとなにも進まないのですが……。

 連休中に読みかけていた本を読了しました。

 今年の憲法記念日前に出版された『対論 憲法を/憲法から ラディカルに考える』(法律文化社)です。

 6人の論者が2人1組で対論しています(樋口陽一×杉田 敦、西原博史×北田暁大、井上達夫×齋藤純一)。この各対論をコーディネイトしているのが愛敬浩二さんです。

 愛敬さんは、「エピローグ」で、「改憲論議」と「憲法論議」をわけて、こういいます。「戦後日本において、憲法論議が現実の政治問題として語られたのはほとんどの場合、『改憲論議』としてであった」(274頁)。そして「改憲論議」の場合には、もちろん死刑廃止や環境権の法定という問題もありますが、その焦点は9条にあてられている、としています。

 これに対して「憲法論議」すなわち、憲法について語ることは、9条の問題に限定されるものではありません。価値観を異にするわたしたちが、それにもかかわらず共通の法的枠組みのなかで生活するためには憲法が必要となり、その憲法についての「会話」のきっかけを提供するのが本書の役割だと、愛敬さんは言います(「プロローグ」、277~278頁)。

 愛敬さんを含め7人の登場者は、いずれもその分野での一線級の論者です。憲法条文解釈に囚われることのない、そして9条論に終始していない憲法論議が、書中にて展開されていました。

2008年5月 7日 (水)

大観峰プリンソフト

Cimg1365  阿蘇・大観峰茶店で販売されている「プリンソフト」です。プリンの上に、特製のソフトクリームがのっている、という代物です。

 食べてみるとソフトクリームはミルク感あふれるものでしたが、下のプリンは、普通のプリン(ちょっとカスタード気味)でした。420円。

 プリンとソフトを同時に食べることができるという幸福感は味わえますが、ソフトクリームだけを食べた方がお得だと思いました(娘は「プリンソフト」という響きに騙されることなく、ソフトクリーム300円を選んでいました。賢明です)。

ゴールデン・ウィーク

 晴れ。まったく暑い。

 ゴールデン・ウィークが明けてしまいました。みなさん、お変わりはありませんか。

 わが家はこの連休中、近場でこちょこちょ遊んでいました。

 5月4日(日)には熊本城に行きました。ものすごい人出でした。

Cimg1351  ひごまるも登場しましたが、暑くて大変だろうなぁ~、と思いました。昨年10月に熊本市民になったわが家は、まだ無料で市営施設に入場できました(でないと、この時期には行かないわな~)。あまりの人出に、天守閣にも本丸御殿にものぼらず、阪神百貨店にいって涼みました。

Cimg1353  涼んだときに交通センター地下のうぶやま牧場のソフトクリームを食べました。ミルク感あふれる味わいでした。300円。

 5月5日(月)子どもの日は、娘と妻が「しまじろうコンサート」に行ったので、お家で留守番しました。久しぶりにひとりで家にいるという平穏無事な時間を過ごしました。

 5月6日(火)は、阿蘇の大観峰に行きました。

Cimg1374  朝早く家を出たので、涼しい阿蘇を体感できました。連休の最終日ということもあり、予想したほどには混み合ってはいませんでした。

 (阿蘇五岳、うまく撮れませんでした)。

2008年5月 3日 (土)

憲法はまだか

 またまたよく晴れています。暑い、暑い。

 憲法記念日ということで、例年通り、憲法に関するものを読みました。といっても、今年はとくに用意していなかったので、本棚にあった、ジェームス三木『憲法はまだか』(角川文庫、2007年)を読みました。

 これはもう10年以上前になると思いますが、NHKで放送された同名の番組の原作です。この作品の主人公は、一応、憲法でしょうが、憲法改正担当国務大臣・松本ジョージ(漢字が出ない)がもう一人の主人公だといえると思います。その役を津川雅彦さんが演じていて、そのコミカルな感じがGHQに主導権を握られ翻弄される日本そのもののように思えたことが印象に残っています。

 新憲法は当初日本側が草案作成作業にあたっていたのですが、昭和21(1946)年2月1日に新憲法の基となる「憲法問題調査委員会の試案」が毎日新聞にスクープされます。その保守的内容に否定的評価を下したGHQは、自らの手で、日本の憲法を作ろうとします。

 連合国軍総司令部(GHQ、司令官はダクラス・マッカーサー元帥)の民政局長ホイットニー准将が昭和21年2月4日午前10時に、20数名の民政局行政部員を前に、以下のように述べます(『憲法はまだか』147頁)。

 「紳士淑女諸君。突然ではあるが、もし週末にパーティーやデイトの約束があれば、ただちに取り消さなければならない」

 「なぜならば、我々はこれから、憲法制定会議を始めるからだ」

 「これから一週間、民政局は全力を挙げて、憲法草案の作成に取りかかる。マッカーサー元帥は、日本国民のために、新しい憲法を作成せよと、特別命令を下された」

 日本国憲法の草案は、この後、9日間で書き上げられたことは有名な話です。

 ジェームス三木さんは、「『日本国憲法』に関わった人々を、記録の隙間から、人間として立ち上がらせ、心臓に鼓動を与え、呼吸をさせ、感情と性格を蘇らせたい」(422頁)との思いから、この本を書かれたそうです。新憲法作成作業の舞台裏をテンポよく描いたこの作品は、読み応えのある本でした。

 このとき民政局のスタッフとして「日本国憲法に男女平等を書いた女性」として有名なベアテ・シロタ・ゴードンさんが、4月29日に札幌市立大学で講演をされたそうです。

ベアテ・シロタ・ゴードンさんの講演

 彼女の自伝は邦訳されています。ベアテ・シロタ・ゴードン『1945年のクリスマス:日本国憲法に『男女平等』を書いた女性の自伝』(平岡磨紀子訳、柏書房、1995年)。また、GHQ民政局による9日間での新憲法作成作業については、鈴木昭典『日本国憲法を生んだ密室の九日間』(創元社、1995年)も参照してください。

2008年5月 2日 (金)

現代政治学ゼミ

 晴れ。夏日!

 昨日、今日と、講義がないため、ゆるんだ一日を過ごしています。

 ただ少し気になる仕事があり、草野 厚『わかる現代政治学ゼミ』(実務教育出版、2000年)を読みました。

 この本、出版社からわかるように、公務員試験対策の本です。ただ、政治学のイロハがきちんと書かれた良書だと思い、ずいぶん前に購入して本棚にあったものです。

 今日この本を読んだのは、いま、高校の「社会科」と大学での憲法を架橋するようなテキストの共同執筆の仕事を依頼されていて、まだ締切には時間があるのですが、ふと、気になったからです。

 わたしは「国民主権」の章を担当するのですが、その章で、ネオ・コーポラティズムとかポリアーキーといった言葉を使って、原稿を書かなければならないのです。これらの言葉、聞いたことはありましたが、原稿に使えるほど理解していたわけではないので、とりあえず、ちょっとだけ、勉強してみました。まだこれらの言葉を使って「国民主権」の章を書けるか、はなはだ心もとないのですが、これから頑張ってみようと思います。

 明日から連休ですね。みなさま、よい連休を!

2008年5月 1日 (木)

ガソリン入れた?

 今日は曇りでしょう。

 昨日、ガソリン税の暫定税率を復活させるための法案が衆議院本会議で、出席議員の3分の2以上の賛成多数で再可決されました。これをうけて、多くのガソリンスタンドでは、今日からガソリンの値段が30円以上、上がるようです。みなさんは昨日までにガソリンを入れましたか?わが家では29日のドライブの後、ガソリンをいれ、30日は車を使いませんでした。

 ちなみに、衆議院で可決し参議院に送付された後、60日間参議院が議決しない場合には否決したものとみなすという「60日ルール」が、憲法59条4項に規定されています。この条項と同2項により、今回の衆議院の再可決にいたったわけですが、「60日ルール」が適用されたのは、1952年以来、56年ぶり2回目とのことです。郵政民営化法案も補給支援特別措置法(イラク関連)も、参議院で否決された後の衆議院での再可決でした(今回の場合は、実際には参議院による否決の議決はなかったのですが、上記憲法規定のもとで否決したものとみなされての再可決だったのです)。今月12日には道路整備財源特例法改正案も「60日ルール」の下で再可決されるようです(そうなると3例目)。ちょっと、憲法の勉強になりましたね。

 ついでに時事ネタつながりということで、昨日、上野動物園のリンリンが死んでしまいました(動物には亡くなったとはいわないようです)。わたしが幼少の時分に上野動物園でみたパンダはカンカンとランランでしたが、1972年以来、上野動物園に1頭はいたパンダが、これでいなくなったそうです。わたしのなかでは、上野動物園といえばパンダなので、なんか悲しいですね。

 最後に、時事ネタということで。みなさん、バターは買いましたか?くどいか!

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30