無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 長期休暇(帰省第2弾)。 | トップページ | 続獄窓記 »

2008年8月30日 (土)

事象そのものへ!

 明け方の強い雨も、随分と小降りになりました。これから晴れるのでしょうか。

 長期休暇中にはいくつか本を読みました。そのうちの一冊、池田晶子『事象そのものへ!』(法蔵館、1991年)を紹介します。

 池田晶子さんは「哲学エッセイ」という分野の草分けといえる作家でしょう。池田さんのご本、わたしは好きなのですが、あまり通して読んだことはありません。これから少しずつでも暇なときに読もうと思い、書棚にあったこの本を手にしました。

 池田さんの「哲学エッセイ」は大変、読みやすいものですが、この本は、少しだけ専門的なものです。とくに禅宗や仏教、それにキリスト教の宗教的エートスを素材にした章節は、読み応えのあるものでした。「暇つぶし」に読める本ではありませんでした。

 ちなみわたしが所蔵しているこの本、前任校の図書館が廃棄処分にしたものを段ボール箱のなかから拾い出したものです。よい「拾い物」をしたと思います。

 今日は折角、朝から学校に来たのに、この後、午前中いっぱいは停電&断水です。そういえばそのメール、見たことありました。毎日たくさんのメールが来すぎて、重要なものとそうでないものの選別感覚が麻痺していました。あ~あ。

« 長期休暇(帰省第2弾)。 | トップページ | 続獄窓記 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/23348039

この記事へのトラックバック一覧です: 事象そのものへ!:

« 長期休暇(帰省第2弾)。 | トップページ | 続獄窓記 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30