無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 学園祭!と「ポニョ」 | トップページ | ディジタル著作権 »

2008年11月27日 (木)

昭和史 1926→1945

 くもっています。午後から雨の予報です。

 先日、大学院の後輩から「近現代史についてのよい本を紹介して」とのメールをもらいました。ところが、わたしは、恥ずかしながら近現代史については、無知です。憲法を教えていながらそれでよいのか・・・とも思いますが、そこはとりあえず括弧に入れて、思いつく先生の名前を適当に知らせてしまいました。

 メールを送った後、生協の書籍部にいくと、半藤一利『昭和史1926→1945』、『昭和史 戦後篇』(平凡社、2004年)という2冊の本が目につきました。そういえば、この著者のものがあったなぁ、と思いだし購入しました。

 この1週間は、一日のうち必ずどこかに会議が入っており、まとまった勉強時間がとれていませんでした。時間がないわけではないのですが、思考が会議で分断されるとよくないと(という言い訳のもと)、半藤『昭和史』の読書をしました(本日も、これからある選挙に類似したものの不在者投票の立会人をしなければなりません。説明するには複雑なので割愛します。国立大学法人の学長選考手続にあるあの調査のことです)。

 この本は、ある編集者の願いに応じる形で著者がした講義がもとになっているようです。大部の本ですが、そのわりには読みやすくなっているのも、文体が講義調だからだと思います。昭和史のなかでも「戦前史」を扱っているもので、内容も、史実に基づいている部分と著者の想像の部分(といっても空想ではない)とが明確に区別されていて、信頼できる歴史の見方のように感じました。

 著者は、最後のまとめのところで、つぎのように言います。

 「昭和史は、日露戦争の遺産を受けて、満州を日本の国防の最前線として領土にしようとしたところからスタートしました。最終的にはその満州にソ連軍が攻め込んできて、明治維新このかた日露戦争まで四十年かかって築いてきた大日本帝国を、日露戦争後の四十年で滅ぼしてしまう、・・・昭和史とは、なんと無残にして徒労な時代であったかということになるわけです。きびしく言えば、日露戦争直前の、いや日清戦争前の日本に戻った、つまり五十年の営々辛苦は無に帰したのです。昭和史とは、その無になるための過程であったといえるようです」(496頁)。

 この本を読むと、著者のこの言葉が身にしみます。著者は「根拠なき自信過信に陥っていた」と表現してしますが、当時の政治的指導者、軍事的指導者が、いかに近代的・合理的でなかったのか、国際情勢や諜報活動に疎かったのか。批判しても詮方なきことですが、ちょっと、がっかりもします。

 講義の合間に読み進めているので、まだ1冊目しか読めていませんが、著者が戦後史をどう語るのか。興味がわきました。

« 学園祭!と「ポニョ」 | トップページ | ディジタル著作権 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/25687945

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和史 1926→1945:

« 学園祭!と「ポニョ」 | トップページ | ディジタル著作権 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31