無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« タコにも腕が! | トップページ | ハイエク »

2009年2月 7日 (土)

古今亭志ん生

 くもっていますが、雨が降る様子ではありません。

 昨日は、非常勤にきてもらっている先生を囲んで、いつもの同僚先生と熊本・下通にあるビア・レストラン「オーデン」に行きました。

 オーデンのHP

 日頃、発泡酒(と第3のビール)に飲みなれたわたしにとって、ドイツ・ハンガリー・ベルギー系のビールは、心に沁み入る味でした。

 今日は、大学院の入試があり、出勤しています。研究室の待機時間のいま、5代目古今亭志ん生の落語CDを聴いています。

 演目は「火焔太鼓」「替り目」「唐茄子屋政談」の3つ。とくに「火焔太鼓」は、志ん生さんの十八番中の十八番ということで、聞きごたえのある「くすぐり」(ギャグ)が話の方々に散りばめられている面白い話でした。まるで小気味の良い漫才のようです。とても一人で演じているようには思えません。「半鐘はいけないよ。おじゃんになるから」というサゲまであっという間です。

 残りの2本も、退屈な時間をつぶすにはもってこいです。ともにサゲまで演じられてはいないので、いずれ完全版を聴いてみたいと思います。

 最後に、昨日、国際法の定期試験監督をしました。それとの関連(?)で、お話をひとつ。今日の新聞に、皇太子妃のお父さんである小和田恒さんが、国際司法裁判所の所長に選出されたとありました。日本人がICJの所長を務めるのは初めてのようです。ICJの所長は、裁判官(定数15)の互選により選ばれるようです。

« タコにも腕が! | トップページ | ハイエク »

落語」カテゴリの記事

飲食店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/27857178

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭志ん生:

« タコにも腕が! | トップページ | ハイエク »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31