無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« ゼロの焦点 | トップページ | 終の住処 »

2009年8月22日 (土)

長野へ帰省 Part 1。

 曇っていますが、熊本は暑い

 先週は実家に帰省しました。実家なのでリゾート気分を味わうことはできませんでした。

Cimg2251  それでも長野県のほぼ真ん中にある、鹿教湯(かけゆ)温泉にいき、ひとっ風呂浴びてきました(住所的には確か上田市のはず)。

 この真ん中にある建物が「文殊の湯」です。源泉掛流しの弱アルカリ性低張性温泉で、神経痛やリューマチに効くようです。

 水で薄めることができないので、熱っつい湯でした。でも露天のところは少しさめていて、娘でも入ることができました。

 わたしの説明だけでは不十分なので、鹿教湯温泉の案内をリンクさせておきます。

 鹿教湯温泉(文殊の湯)の案内

 その日の昼食は、上信越道長野インター近くにある「おぎのや」で、釜飯を食べました。東京にいく途中の信越線・横川駅(3分だけ、釜飯購入のため停車)で買って食べた、なつかしの味です(横川駅は群馬県です)。

Cimg2253  右、釜飯は香の物がついて900円です。調子に乗って、左、豚汁も注文してしまいました(350円)。

 長野では安・近・短のレジャーでした(でも、長野が遠いちゅーの)。

« ゼロの焦点 | トップページ | 終の住処 »

長野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/31058665

この記事へのトラックバック一覧です: 長野へ帰省 Part 1。:

« ゼロの焦点 | トップページ | 終の住処 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31