無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 阿部謹也自伝 | トップページ | 6色レインボーソフト。 »

2009年8月 1日 (土)

柳家小さん・弐

 曇っています。蒸し暑い日になりました。

 8月に入りましたが、まだ定期試験を実施していないので、夏休み気分はありません。夏休み末日には重要な原稿の締め切りがあり、また積みに積んだ本もあるのですが、なんとなく勉強する気持ちにならないので、小さんの落語を聴きました。

 本日は3本。「長屋の花見」、「粗忽長屋」、「ろくろ首」を聴きました。後二者の滑稽噺も楽しいのですが、なんといっても「長屋の花見」は、珠玉でした。

 「長屋の花見」は、貧乏な長屋の大家さんとその店子が、なかよく花見に出かけるお話しです。でも“豪華な花見”というわけにはいかず、“番茶のお酒”、“沢庵の玉子焼き”“大根の蒲鉾”をもって、出かけます。番茶で酩酊しようとする店子、歯が悪くて玉子焼きが食べられないという店子、蒲鉾の葉っぱの方が・・・(好きだ)という店子がでてきて、笑いを誘います。

 また大家さんとの会話のなかで、次々にでてくる店子の悪事、長屋の住人の貧乏自慢が、可笑しみを加えています。

 解説のパンフレットも、「旨いねえ、これでインスタントかい?」という永谷園あさげのCMの写真が掲載されていて、懐かしい気持ちに浸れました。

« 阿部謹也自伝 | トップページ | 6色レインボーソフト。 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/30782567

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小さん・弐:

« 阿部謹也自伝 | トップページ | 6色レインボーソフト。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31