無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 天草市景観審議会(3・完)。 | トップページ | 新幹線・アイス。 »

2009年9月 4日 (金)

長野へ帰省 Part 2。

 うぁ~、35℃。

 先週末の土曜日、Q大での研究会に出席した後、日曜日に息を整えて、月曜日から、またまた長野に帰省しました。25、26℃のこともあり、そろそろ半袖では・・・、という感じの気候から、一気に、35℃の世界に帰ってきました。

Cimg2302  今回は訳あって、松本駅で下車。実家のある長野市は県庁所在地なので行政の街ですが、松本市は日本アルプスの玄関口。登山客の姿もたくさん見られる駅です。ちなみに長野と松本の違いを説明するとき、わたしは、東京の上野と新宿のちがいである、といっています。長野を出発する特急あさま(いまは新幹線)の終点は上野で、松本を出発する特急あずさの終点は新宿です。長野と松本の「街質」の違いは、このことに象徴的に現れているように思うからです。

Cimg2306  あまり時間はなかったのですが、寸暇を惜しんで、温泉施設に行きました。今回行ったのは長門温泉・やすらぎの湯です。長野県の長和町にあります(わたしがいた頃もこの町、あったのだろうか?)。入浴料は500円。お茶感のあるお湯でした。

Cimg2305  ドライブの途中で見つけたプラモ屋さんです。上田市上丸子あたりです。こっちも、寸暇を惜しんで、拝見してきました。そろそろリンゴがとれるようで、プラモ屋さんでありながら、リンゴも売っているところがご愛敬です。Cimg2322

 折角なので、カウンタックを購入しました。箱の状態があまり良くないのが気になりますが、旅の思い出ということで。長野県民からすると、丸子界隈で、ミニチャンプスを扱っているだけでも涙ものでは。

Cimg2315  長野-名古屋間を3時間弱でつなぐ特急しなの号からの景観です。長野・篠ノ井駅を過ぎてしばらくすると、日本三大車窓のひとつである「姨捨山駅付近から見る善光寺平」を見ることができます。景観ハンターとしては上手く撮影したかったところですが、特急電車のなかからは、よいアングルを確保することができませんでした。それでも、棚田の様子まで写ったので、よしとしています。

 ということで、ちょっと溜まってしまった仕事をしないといけません。それにしても、車中ではマスクをしていたのですが、マスク人口はごく僅かでした。

« 天草市景観審議会(3・完)。 | トップページ | 新幹線・アイス。 »

長野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/31229518

この記事へのトラックバック一覧です: 長野へ帰省 Part 2。:

« 天草市景観審議会(3・完)。 | トップページ | 新幹線・アイス。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30