無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 学会出張 in ルミナリエ。 | トップページ | 宴会プリン。 »

2009年12月 9日 (水)

思考の整理学

 どんよりと、曇りです。このまま天気がもつとよいのですが。というのも、今日は、勤務校の忘年会で「街」に行くので。

 週末の学会の途上で、外山滋比古さんの『思考の整理学』(ちくま文庫、1986年)を読みました。カオス状態にあるわたしの頭の中を「仕分け」したいと思ったので・・・。

 本を読むこと(積ん読でもよい←これなら、得意)、忘れること(これも得意)、それでも忘れなかったことをとにかく書くこと、じゃべること、これらが思考を鍛えるために重要だ、というのがこの本のエッセンスでしょうか。

 ただ、得るものがなかったわけではありませんが、内容は、若者むきのように思いました。帯に「100万部突破。東大・京大で1番読まれた本」(2008年大学生協調べ)とあるのも頷けます。

 また、かえってリタイアした方にも、お薦めだとも思います。十分にある時間を思索だけに使えるのは、リタイア後だけかもしれませんから。

« 学会出張 in ルミナリエ。 | トップページ | 宴会プリン。 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/32543709

この記事へのトラックバック一覧です: 思考の整理学:

« 学会出張 in ルミナリエ。 | トップページ | 宴会プリン。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31