無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« J・D・サリンジャー | トップページ | 林家正蔵・壱 »

2010年2月 1日 (月)

マルチメディア社会の著作権

 雨が降っています。

 先週末には修論審査準備の傍ら、研究室にあった『マルチメディア社会の著作権』(慶應大学出版会、1997年)を読みました。

 著作権法は、その実務的な事柄について解説する書物が多い中で、「著作権」という概念そのものにスポットライトをあてている書物があまりありません。本書はそういった状況のなかでは異色の本だと思います。

 とくに全篇を通じて、著作物を相手に知らせる行為のところに焦点をあてて、この行為をめぐる法的問題を検討しているところに本書の特徴があると思います(このことを著者たちは「アウトプット論」と呼んでいます)。

 「アウトプット論」と従来の著作権法理論との違いについては今後の検討課題でしょうが、それでも従来の著作権論とは違う考え方(コンセプト)を示そうとした試みは高く評価されてよいと思います。

 今週から定期試験がはじまります。定期試験を受験される方も、監督・採点される方も、季節がら、どうぞご自愛ください。

« J・D・サリンジャー | トップページ | 林家正蔵・壱 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/33204125

この記事へのトラックバック一覧です: マルチメディア社会の著作権:

« J・D・サリンジャー | トップページ | 林家正蔵・壱 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31