無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 修了祝賀会。 | トップページ | 大学教授という仕事 »

2010年3月22日 (月)

週末は研究会に。

 快晴!桜、はやくも満開近し!

 振替休日ですが、勤務校の教務のお仕事や今週の金曜日にある「体験入学会」(今度高校3年生になる生徒さんを招いて、法学部に体験入学してもらう)の講師役の準備のため、泣く泣く出勤。

 先週末には研究会に出席するため福岡に行きました。

 研究会では、情報公開訴訟におけるインカメラ審理をそれを立法化していない現段階では否定した平成21年1月15日の最高裁第1小法廷決定に関する報告と、「猿払事件」(昭和49年11月6日の大法廷判決)をモチーフとした権利の間接的・付随的制約に関する報告を聴きました。

 研究会の後、3月末でこの研究会を退会する(所属大学を変わられる)先生の送別会が行われました。

P1000031 場所は、福岡市大名にある「海浜館」というお店でした。ちょっと、お高い居酒屋さん(でも洋風でもある)。ここのシェフは「めんたいワイド」という番組の料理コーナーにレギュラー出演しているとのこと。

 去りゆく先生は、ドイツ/アメリカと研究対象こそ違えども、わたしが比較的若い時から親しくお話をしていただいている先生なので、そして、温厚そうな顔立ちなのに学問的には非常に厳しい先生なので、残念です。これからも学会等ではお会いできるでしょうが、こういう小さい研究会の方が、いろいろお話していただけるでしょうから・・・。

 ところで、その席上、わたしの近くでは、最近の学生は物心ついたときから携帯電話があり、その中で育っているので、躾ができていない、という話が力説されていました。わたしの世代だと、物心ついたときは設置電話しかなかったので、先生と話をしている時、授業中、当然、電話を「チラ見」することも、絵文字をつかってメールを送ることもなかったのですが、いまの学生は平気でそれをする、とのこと・・・・。この発言、わたしと10ぐらいは離れている若い先生の発言です。まぁ、先生と話しているときに、携帯を「チラ見」してはダメでしょうが・・・。

 また、いまは誰でもHPやブログで表現できるが、自分の生活をさらけ出してなにが面白いのか。日記は誰にも見せないことを前提に書くものだ...、とその切っ先鋭い立論にタジタジでした。しまいには「ブログなぞ、自己顕示欲が強いやつが書くものダ」とまで言われて、その通りなだけに、なにも反論できませんでした・・・。

 とまぁ、こう書くとなんだか険悪な感じですが、実際のその場の雰囲気は、もっと楽しいお酒でした。文章で雰囲気を伝えることは、非常に難しいのです。ブログもメールも、そうですよね。電話での会話もそうかもしれません。やはり、直接会ってのコミュニケーションって、重要なのでしょうね。

 ということで、息抜きはこれで終わり。休日ですが、わたしの仕事はまだまだ続きます・・・。

« 修了祝賀会。 | トップページ | 大学教授という仕事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/33881613

この記事へのトラックバック一覧です: 週末は研究会に。:

« 修了祝賀会。 | トップページ | 大学教授という仕事 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31