無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 伊藤正己 | トップページ | リニューアル・オープン! »

2011年1月 6日 (木)

県歌「信濃の国」

 薄曇りという感じ。

 また帰省中のネタです。わたしの実家のある長野県には、県歌「信濃の国」があります。これ“信州人”ならだれでも歌えます。いや、そう思っていました。実際、ハイジ先生も歌えるとのこと。“信州人”は、本籍地や住民票で判断するのではなく、「信濃の国」を歌えるか否かで判定されるのです。ところが・・・

P1010060  信濃毎日新聞(長野の新聞といえばコレ)のアンケートでは、「信濃の国」を「全校では歌わない」と答えた小学校が、なんと87%、学級単位などを含めて「全く歌っていない」と答えたのが、なっななんと8.4%あるとのこと。(2010年12月30日朝刊)。

 理由は、「長い」(たしかに6番まである)、「内容が難しい」(たしかに・・・)、また県外出身の先生も増えた(そうでしょうけど・・・)、などとのこと。でも・・・

 実家を離れるまで、県の歌を歌えるのは当たり前のことだ、と思っていました。ところが、じつは全国的にも珍しいことなのですよね。広島にいたときも、広島テレビの井ノ口あさ子アナが「信濃の国」を歌ったのをみて、なんか感動したのを覚えています。そのくらい「信濃の国」は“信州人”の体に染みついているものだと思います。

 “信毎(しんまい)”のアンケートによると、8.4%の県人は、♪「信濃の国は十州に・・・」と歌えなくなるかもしれません。小中学校の頃は、校歌はあやしくても、「信濃の国」は歌えただけに・・・、なんだか寂しい気持ちになりました。

 【追伸】 ちなみに、♪「大いなる日本の屋根のかなめなる理想の県都・・・」でお馴染み(?)の長野市歌も歌えます。

« 伊藤正己 | トップページ | リニューアル・オープン! »

長野」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

信濃の国の件、まったく同じような考えです。
信毎の記事を見てショックでした。
下記に私の信濃の国に対する記事を紹介しておきます。
よろしければぜひご覧ください。

http://ameblo.jp/kanpoojisan/entry-10754195585.html

http://ameblo.jp/kanpoojisan/entry-10212286797.html

http://ameblo.jp/kanpoojisan/entry-10759483837.html

 コメントありがとうございます。kanpoさんの信濃の国に対する熱い思いがつたわる記事でした。この思いは、信州人なら、きっと皆さんお持ちでしょうね。
 信濃の国の話題で、こうしてつながることができて、なんだか嬉しいようにも思います。ぜひ、歌い継いでいってもらいたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/38360079

この記事へのトラックバック一覧です: 県歌「信濃の国」:

« 伊藤正己 | トップページ | リニューアル・オープン! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30