無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 日本の国会 | トップページ | 執政機関としての議会 »

2011年2月28日 (月)

憲法訴訟の潮流を読む

 久しぶりに雨が降っています。

 週末に、法学セミナー674号(2011年2月号)の特集「憲法訴訟の潮流を読む」を読みました。

 憲法訴訟は、ここのところ「救済志向」になっている、とされます(宍戸[イントロダクション]参照)。

 たしかに、平成17年の「在外邦人選挙権訴訟」も、20年の「国籍法違憲訴訟」も、決め手は救済方法にあったと思われます。つまり、ある法制度が「違憲的」(あるいは「差別的」)であったとしても、その法制度を改正し、不利益をうけている対象を救済するのは、行政府と立法府の役割だと考えられます。ただ、ある法制度が「違憲的」で、かつ、その救済方法が一義的(形式的には違っても、憲法の精神からするとひとつ)なら、司法府が救済方法を指定しても、権力分立原理に違反することはない。このような思考法のもとで、上記二判決は下された、と思います。

 このように救済志向になっている憲法訴訟をどうみるか、また、アメリカ発祥の二重の基準論に対して、近年わが国で盛んに唱えられるようになっているドイツの「三段階審査論」どう位置づけるか、といった興味深い論文が特集されていました。救済志向の憲法訴訟、ドイツ三段階審査論は、わが国でもLSではあたりまえに、法学部でもその概要については、うえの2つの判決を紹介するところや猿払判決の読み方のところで講義されている(はず)なので、その理解を深めるためにも意味ある特集になっていると思います。

 この特集は、さらに憲法訴訟における国際人権法の法源性について、職業の許可制におけるいわゆる規制目的二分論について、また最高裁判決における最高裁人事の影響など、まさに近年の「憲法訴訟の潮流を読む」ことができます。春休み、ということもあり、このブログを読んでいる法学部生はあまりいないとも思われますが(授業期といっても、それほど読まれているわけではない)、長期休業の自主学習の参考までに紹介してみました。

 【ついでに】 ついでに・・・というより、こっちも興味深い記事ですが、この法セミには「『朝日訴訟』を顧みて」という記事があります。これは、朝日訴訟東京地裁判決(原告の勝訴判決)で左陪席裁判官をつとめた小中信幸さんの回顧録です。小中さんによると「この訴訟の合議体を構成した2人の先輩裁判官は既に亡く、この訴訟の思い出を語れる元裁判官は、今や私だけになってしまった」そうです。憲法25条の精神ってなんなのか、それを考えてみる切っ掛けを与えてくれる記事です。

 【そして業務連絡】 法学部HPの「学生のリレーエッセイ」が更新されています。熊大には「オレンジデイズなキャンパスライフ」もあるそうです。

 ここからどうぞ。

« 日本の国会 | トップページ | 執政機関としての議会 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/39047890

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法訴訟の潮流を読む:

« 日本の国会 | トップページ | 執政機関としての議会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30