無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2つのゲラ刷り。 | トップページ | 財政民主主義と経済性 »

2011年2月12日 (土)

博士課程研究経過報告会。

 寒い一日でした。小雪がちらつきました。

 きょうは「博士課程研究経過報告会」なるお仕事で出勤です。勤務校の大学院博士課程の1年生が、博士論文を書くにあたっての構想やいままで研究してきたこと、そして今後の研究計画を報告する会です。わたしも指導している学生がいるので、報告会に出席しました。

 それにしてもキョービの博士課程では、博士論文の作成がシステマティックに義務づけられているのでしょうか。もっとも、よく考えてみると、これ、あたりまえのようにも思います。が、でも、わたしの頃はそうではなかった( ← これがおかしいのかもしれませんが)。少なくとも、システマティックではなかった。3年生のときに、エイヤッー、と博士論文は提出するものでした。もっとも、勢いだけでは書けないのですが・・・。

 いずれにしても、最近の学生は大変だなぁ~、と思いながら、いやっ、恵まれているのか?とも思いながら、お仕事しました。

 そのあと、著書の校正作業を進めました。校正は、一応、終わりまでいったのですが・・・、あと「はしがき」なるものを執筆しないといけません。ここには、この本を出版する目的やら、先生・みなさんありがとう、という謝辞を認めるのですが、なんだかきょうはもう疲れたので、あすにします。

 やっぱり、三連休は炎上してしまいました。そういえば、後期の採点、成績入力の締切が近いようで(わたしは終わった。もっとも講義科目なし)、昨日、きょうと、出勤されている先生も多いようです。炎上したのは、わたしだけではない模様。

« 2つのゲラ刷り。 | トップページ | 財政民主主義と経済性 »

お仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/38842250

この記事へのトラックバック一覧です: 博士課程研究経過報告会。:

« 2つのゲラ刷り。 | トップページ | 財政民主主義と経済性 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31