無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 先週末は研究会に。 | トップページ | 知的財産法政策学研究34号 »

2011年7月19日 (火)

熊大60年記念誌「法学部編」の原稿。

 熊本から台風6号はそれたようです。日本列島への被害がないといいのですが。

 週末の研究会出張の途上で、熊本大学の創立60年を記念して出版される記念誌の「法学部編」の原稿を読みました。

 この「法学部編」は、法文学部から法・文という2学部に分離していくところから始まり、法学部成熟期を経て、法曹養成研究科(LS)が法学部から独立して現在に至るという、F副学部長執筆の「法学部史」です。

 とくにいまカリキュラム改編時期をむかえて、過去、法学部がどのような理念を掲げ、どのような指導方針のもとで学部生を教育してきたのか、という視点でこの原稿を読みました。

 といっても、学部運営なんてよくわからないわたしにとっては、要するに、この伝統校のなかで自分が担当させてもらっている科目が、より充実した内容になるよう努力しなきゃなぁ~、というのが読後感です。

 この記念誌には“付録”(?)として「歴代法学部教員一覧」がつくのですが、そこには学界のスター・プレイヤーの名前もみられます(たとえば、民法のA先生とか、行政法のI先生とか・・・)。所属した先生方が築きあげてこられた“熊大法学部”の名を汚さぬよう、研究・教育しないと!と思います。

« 先週末は研究会に。 | トップページ | 知的財産法政策学研究34号 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/40873504

この記事へのトラックバック一覧です: 熊大60年記念誌「法学部編」の原稿。:

« 先週末は研究会に。 | トップページ | 知的財産法政策学研究34号 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31