無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 東アジア小遠征(中国篇①)。 | トップページ | その数学が戦略を決める »

2011年9月13日 (火)

東アジア小遠征(中国篇②)。

P1020032  シンポジウムから一夜明けて、あさ、大連民族学院の校内を散歩しました。

 これは正面の門を入ったところから撮影したものです。正面にみえるのが図書館です。まだあさ6:30ぐらいだというのに、何人もの学生が、図書館に入っていきました。

 聞くところによると、まもなく司法試験があるとのこと。大連民族学院では60人ぐらいの受験生がいて、毎年、10人ぐらい合格者が出るそうです。

 そういえば・・・、8日にはわが国でも司法試験の合格発表がありましたよね・・・(以下、自粛)。勤務校LSの合格率は大連民族学院と同じくらいか・・・ちょっと下か・・・(やっぱり、以下、自粛)。

 この日は、大連民族学院の新しいキャンパスが、車で2時間ぐらいのところにあるということで、そこまでドライブしました。その新キャンパスで1年生のとき学び、2年生になると、この本キャンパスに来るとのことです。新キャンパスでは1年生が軍事行進の練習を(中国では徴兵制はないが、大学1年生のときに、ちょっとした訓練があるとのこと)していました。かっこよかったので写真に撮ろうと思ったのですが、これはNGかと思い、自重しました。

P1020034 お昼は大連で一番の“酒店”でいただきました。

 大連で一番の弁護士さんとそのパートナー弁護士さん(ミニスカ)の招待でした。大連は海が近いので、魚介類が新鮮で美味しいとのことでした。たしかに、きのうの晩餐も、そしてきょうも、魚介類がふんだんに使われたお料理でした。

P1020033  そこでも、またまたマオタイを。これは軍隊内にしか出回っていない、幻の一品とのこと。

 きのうのものは“目にきた”のですが、これは50度ぐらいで、美味しいさまで感じました。(飲み慣れてきたか?)。

P1020037 大連民族学院の新キャンパスに向かう途中で、“金石園”によりました。

 ここに広がるカルスト地形の巨大な自然石は、大連だけでなく、中国全土から観光客が来るぐらい有名なものだそうです。なかは迷路のようになっていて、ちょっと楽しい。

P1020045  新キャンパスから民族飯店にもどり、夕食をとり(← これも宴会)、これできょうの日程も終わりか、と思っていたら、大連民族学院の王先生(ワン先生、刑訴が専門で、三重大学に4年ほど留学されていたとのこと)が「ちょっと、いいところに行こう」というので、ちょっと期待して!?ついていったら、マッサージ店に連れて行かれました。

 人生2度目のフット・マッサージの機会が、こんなに早く訪れようとは・・・。しかも王先生はわたしを預けると、さっさと携帯電話をかけに店外へ・・・。マッサージ師さんはなんか話しかけてくるのだけど(どうやら、痛いか痛くないか?と聞いているもよう)、痛いか痛くないかって、「痛さ」はそれだけでなく、「ちょっと痛い」とか「まだ大丈夫」とかあるのに・・・。全然通じなかった・・・。足をおす指にどんどんが・・・。

 ということで、夏の東アジア小遠征もおわり、翌9日、帰熊しました。

P1020047 最後に、フット・マッサージでお世話になった王先生から、『安楽死』のご本をいただきました。本当に日本語が堪能で、いろいろお世話になりました。

« 東アジア小遠征(中国篇①)。 | トップページ | その数学が戦略を決める »

お酒」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/41666167

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア小遠征(中国篇②)。:

« 東アジア小遠征(中国篇①)。 | トップページ | その数学が戦略を決める »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31