無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« ドイツ・フランスの公会計・検査制度 | トップページ | 親密な人間関係と憲法 »

2012年4月21日 (土)

正義論の名著

 なんだか日差しがあったりもしていますが、風の強い日になっています。これから西日本は大荒れとか。

 講義が始まり2週間たちますが、あいかわらずの「自転車操業」。おまけに前期に、それも週のはじめの月・火に講義が多いという“前のめり時間割”なので、またまた講義準備のため出勤しています。そんな講義準備のあいまをぬって、中山元『正義論の名著』(ちくま新書、2011年)を再読しました。

 なぜ「再読」かというと、前期に「基礎演習Ⅱ」という2年生の必修科目の参考図書として指示したものを読み返しておこうと思ったからです。あっ、これも講義準備か!この講義では本書にでてくる10名・10作品をとりあげ、憲法の基本を考えてみよう、というわけです。(全員・全作品はのっていなかったかも・・・)。

 ただ、古典はとかく難しいもの。なんだかうなくいくか不安ですが・・・、でも、いいんです。わたしの演習を選んでくれた学生は、タコ焼きPをやりたいがために選んでくれたようなので・・・。まぁ、講義がちんぷんかんぷんでも、課外活動が楽しければいいのでは・・・と、自分を慰めています。というわけで、課外活動が楽しい演習になれば、と思います(笑)。

 ところで、最近、よく「疲れてる~?」といわれます。本人、いたって元気ですが、寄る年波が姿に表れているのでしょうか?そういわれると、元気に振る舞おうとして、よけいに変な言動になったり・・・。あちこちにご迷惑をお掛けしているのでは、と。不快な思いをされた方がおられたら申し訳ありません。以後、気をつけようと思います。

 ということで、これから科研費の報告書を書こうと思います。来週末まで猶予があるのですが、来週は来週で、いろいろありそうなので。

« ドイツ・フランスの公会計・検査制度 | トップページ | 親密な人間関係と憲法 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/44966809

この記事へのトラックバック一覧です: 正義論の名著:

« ドイツ・フランスの公会計・検査制度 | トップページ | 親密な人間関係と憲法 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30