無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

オバマケアに合憲判決。

 突然、雨がつよくなりましたrainrainrain

 もう6月も最終日となり、そろそろ定期試験が気になりはじめました(なにを出題しようか、という意味で)。

 ところで、このブログでも、本年3月30日の回でとりあげていた「オバマケア」と呼ばれる米医療保険改革法に、連邦最高裁は合憲判決を下しました(28日)。

 3月30日のブログは、ここからどうぞ。

 争点は、国家運営の医療保険制度に加入しない者に「罰金」を科す「個人加入条項」が契約の自由に反するのではないか、という点にありました(と思っていました)。が、

 連邦最高裁は、保険加入を個人に義務づけることはできないとしながらも、非加入者に科す「罰金」は「課税」と解釈できると判断しました。この辺のロジックは判決文を検討しないといけませんが、連邦最高裁は、本件は、保険加入の義務化が争点だったのではなく、いわゆる間接強制の手段としての「罰金」を科すことの合憲性が問われていた、とみたのでしょう。いずれにしても、オバマ政権の目玉政策には、合憲の判定が与えられました。

 ところで、連邦最高裁は9名の裁判官で構成されています。本件は、5対4の僅差での判決でした。本年実施される大統領選での対立候補のロムニーさんは、この「国民皆保険制度」の是非を大統領選の争点にする、とのこと。憲法上要請されていない(それは、わが国でも同じだと思いますが)政策は、民主制のもと、主権者(有権者?これが同一概念であるかも検討の余地がありますが)の政治判断に委ねられた、ということでしょう。

 平等は、自由の制限により、実現されます。社会保障政策とはいえ、それが所得再分配機能をもつとき、やはり財産権の制限により実施される、と見るべきでしょう。自由を至上のものと考える彼の国にとって、医療保険の重要性は理解しても、なぜ国家運営の保険制度に加入しなければならないのか、という点には疑問があるのでしょう。それは、医療保険制度を通じた、所得再分配政策に陥るからということなのでしょう(わが国のように)。

 憲法は自由も平等も、といいます。でも、平等は自由の制限により成り立つ、と考えたとき、自由と平等のバランスが“憲法に書かれていない”ことにも気づきます。このバランスをどこでとるのか、ここが主権者(有権者)の判断に委ねられているのは、アメリカでも日本でも同じことではないでしょうか。

 社会保障を充実させようとすれば「大きな政府」が要請されます。「大きな政府」を運営するためには財源が必要で、で、消費税が上げられようとしています。わが国の主権者(有権者)は、この憲法に書かれていない政策について、どの程度の水準を求めているのでしょうか。どの程度の財産権の制約なら許すのでしょうか。

 ボーナスから「ごそっと」引かれていました。ボーナスをいただける有り難みを感じつつも、もっともっとという国に……。

2012年6月27日 (水)

公約のタコP。

 あさから雨ですrain

 きのう、2年生のゼミ生と、タコ焼きパーティしました。

Dsc_0192 できあがり!

 ゼミ募集の「公約」に掲げていたパーティの実施、どこぞの政党とは異なり、公約達成!です。

 このクラスもそうですが、昨年うけもったゼミ生たちも、教員ぬきでも遊んでいるようなので、よかった、よかった。ゼミでは小難しい話しなので、仕方ありませんが、こうした勉強外のところで楽しんでもらえたら、それで十分です。

Dsc_0194 きのうは家から出るとき、娘が「綿アメ器」を貸してくれました。手書きの使用説明書付きです。この綿アメ器、すぐれもので、市販のあめ玉を綿アメにしてくれます。その名も“あめ de わたあめ”。

 きのうのタコPはデザートつきでした。

 本日これから1限講義をし、2限は学内で会議。午後は県庁さんに外出です。

2012年6月25日 (月)

打ち上げ@叶家こばし。

 雨が降り続いていますrain

 昨晩、5月の新入生合宿研修を率いてくれた「法学部行事実行委員会」の面々と、合宿研修の“打ち上げ”に出掛けました。

Dsc_0186 会場は、熊本・新市街にある松下ビル4Fの“叶家こばし”さんでした。同じビルには系列店の“酒湊”さんも入っています。

 赴任いらい毎年、合宿研修にいき、毎年、打ち上げにもお呼ばれしています。先生なので、威張りかげんですが、本当は、合宿研修を運営してもらった学生諸君を慰労しないといけなかったと、いま、思いました。

Dsc_0188 そのあと、銀座通りにある“オーデン”さんに場所を移して、大人だけの二次会になりました。

 オーデンさんでは、ベルギーのビール“セウス・ホワイト”をいただきました。ヒューガルテン・ホワイトをつくったセイスさんの手によるものとのこと。柑橘系の風味が楽しめました。

 お仕事(本当か?)とはいえ妻の誕生日に外出したので、帰りに下通り・紅蘭亭下の“スイス”さんで、ケーキを購入して帰宅しました。

2012年6月23日 (土)

ゼミコン@トタン屋。

 少し、あめsprinkle。やはり、まだ、梅雨。

Dsc_0184 きのう、3年生のゼミコンがありました。わたしも人吉からもどり、熊本・安政町の“トタン屋”さんに出掛けました。

 学生の話題はさまざまですが、どんどん、年が開いていくことを感じます。ただ、わたしは学生のとき、こんなに先生と「飲む」ことがなかったので、ゼミ生には感謝、感謝です。先生も学生と話したがっていると、先生になって知りました。

Dsc_0181 ところで、“トタン屋”さんですが、最初に、このようなもつ鍋?鉄板焼き?・・・あっ、トタン焼き?が出迎えてくれました。

 そんな感じで、お酒を飲むと、いつもよりハイになる、指が痒くなる・・・と、学生と酒飲み話しました。やっぱり、記憶をなくすほど飲んではダメですよね。

 

2012年6月22日 (金)

梅雨の晴れ間、人吉へ。

 昨日までの雨が嘘のように晴れましたsun。ただ、あすから、天気はまた下り坂とのこと。

Dsc_0177 この梅雨の晴れ間に、お仕事で、人吉にいきました。

 人生で2度目の人吉です。まずは、この人生がうまくいくようにと、国宝青井阿蘇神社に「公式参拝」してきました(なんて)。

 の欄干、の鳥居があざやかです。青井阿蘇神社は806年建立で、すでに1200年をすぎているとのこと。人吉の歴史と文化の象徴といえるでしょう。

Dsc_0175 と、参拝を済ませたあと、神社の比較的近くにあるラーメン店“好来”さんにいきました。前回のとき、鰻のほかにラーメンも有名、という話しを聞きつけたので、とりあえず1件目。スマホで検索して一番うえにヒットしたお店に行きました。

Dsc_0176 「メニューはありますか?」と伺ったら、このラーメンのみとのこと。勝負師です。もやしたっぷりで、焦げ系のスープ。これには大人の苦みのようなものもありました。ボリュームもあって、550円は安い!店舗は小さめですが、駐車場もしっかりあって、参拝客のお客さんも多いのでしょう。

 という感じで、無事にお仕事も終え、さっき帰ってきました。

2012年6月21日 (木)

久しぶり、リフった。

 あめが、つよく、そして、たくさん降っていますrain。自宅近所の大学でのバイトし、さっき、本務校に出勤しました。

 きのう、教授会終了後、臨時の委員会をして、久しぶりに“リフ”りました。

Dsc_0171 きのうも、美味しいお酒がいただけました。これは、石川県白山市にある車多酒造の山廃仕込み純米酒“天狗舞”です。濃厚ながら酸味も少しあるので、キリッ、とした感じもありました。手前に写っているホタルイカの塩辛に、とってもよくあいました。

 お酒だけが人生の楽しみ(にまでは荒んではいませんが)なので、幸先のよい、リフレッシュ・スタートでした。

Dsc_0173  きのうは、“菊鹿”のよいものもいただけました。夜収穫した熊本県菊鹿町産のシャルドネを当日仕込んで樽詰めしたものとのこと。ナイトハーベスト、とはそういうことのようです。

 ところで、これ、モーレツに美味しかったです。1611本の限定(のうちの1本)とのことですが、また飲みたい・・・。

 ということで、ストレスフルな日々のなか、きのうはよい夜になりました。なんて、わたしのストレスなんて、大したことありませんよね。せめてお給料分は働かないといけないでしょう(まだ、足りないでしょう)。

2012年6月18日 (月)

チュッパ・ツリー。

 きょうも、軽い雨ですsprinkle

 きのうは“父の日”ということで、ちょっと前に「ほしい」とつぶやいたことがあった、“チュッパ・ツリー”をもらいました。

Dsc_0170 チュッパ・ツリーにはいろいろな形があるのですが、わたしはこの形のものが好きです。“120本チュッパ・ツリー”です。

 お客様のおもてなし用として、研究室に設置しようと思います。

 

2012年6月17日 (日)

今週末の読書。

 軽く雨が降りました。

 今週末は、次回の2年生ゼミの課題が、J・S・ミルということで、『自由論』(岩波文庫)を中心に読書しました。

 ミルの『自由論』(On Liberty)といえば、ご存知の通り、近代憲法の基盤にあるリベラリズム思想を余すことなく展開した本です。

 とくに、各人の自由を制限することができるのは、他者の権利・自由を侵害するときだけであるとする「他者加害の原理」は、国家のパターナリズムを警戒する法理論として、現在でも多くの憲法学者に支持されています。また「内面/外面」区分論を否定し、内心における思想の自由は、その表出の自由まで含んでいるという彼の自由論も、現在の憲法学の理論的基盤を提供していると思います。

 そのなかでも、とくにわたしが好きな彼の理論は「愚行権」論です。「愚行権」とは、その名の通り、愚かな行いをする権利のことです。ミルは、自由の制約論拠を「他者加害」だけであるとしていたので、誰にも迷惑をかけないなら、わたしたちは、それがたとえ“愚かな行為”であっても、当該行為をする権利がある、と説いています。親や先生の言いつけを守らなかったり、ときに「有害図書」に触れながら、わたしたちは、こうして立派に育ってきました。仮に「愚行」をきっつく禁止されていたなら、こうした“立派な大人”になれなかったのでは・・・(禁止されていたら、もっと立派だったのでしょうか・・・)。

 ときに国家は、わたしたちの選択・決定を拘束します。たとえば、稼いだお金を全部使ってしまってはあなたは将来困るでしょう、といい、国営の年金制度に加入させたり・・・。そうすれば、預かったお金をわたしたち(国家)が有意義に運用して、将来のあなたの生活を安定させます、と。そして、現在のお年寄りのためにも、役立てますと。国営年金制度は、わたしの老後というよりも、世代間の所得再分配政策なのでしょう。

 稼いだお金の使い道を、なぜ、わたしが決めてはいけないのでしょうか。国家運営のために、一定の税金を納めなければならないのは、わかります。自由も制度的なものなので、この自由を守る制度を提供する資金は必要でしょうから。ところで、残ったお金は、なぜ、いま、好きなように使っていはいけないのでしょうか。マンガを買ったり、高級車を買ったり、ときには“いかがわしいサービス”を購入したり、そして、子どもに投資をしたり、実家の親に仕送りをしたり・・・。やっぱり、それでは将来、あなたは困るでしょう、と国家は言います。でも、わたしの将来のことは、わたしが一番、心配しています。

 「ミルなら、どう見る」のでしょうか。なんて、おやじギャグでした。

2012年6月15日 (金)

パブリシティの権利をめぐる諸問題

 梅雨らしく、雨ふりですrain

Dsc_0168 今週は、(財)著作権情報センターが発行している著作権研究所研究叢書No.18の『パブリシティの権利をめぐる諸問題』(2009年3月)を読みました。これ、非売品なので、図書館から借り出しました。

 パブリシティの権利をめぐる、わが国での議論とともに、同報告書には、アメリカおよびドイツの議論状況も簡便にまとめられています。

 「日本の氏名・肖像に関する紛争においては、なぜか『表現の自由』という文脈では充分に検討されていないように思われる」(32頁)と指摘しているところなど、わたしの本年の関心に通じる分析をみました。平成の、それも比較的最近になってわが国の裁判所も、パブリシティ訴訟において「表現の自由」との関係も検討するようになっていますが、やはり、まだとくにアメリカと比べると、その分析も浅薄であるといえると思います。

 ということで、ちゃんと勉強を進めて、年度末までには“パブリッシュ”したいと思います。

 

2012年6月10日 (日)

週末の読書。

 晴れていますsun

 今学期は「基礎演習Ⅱ」という2年生配当の演習科目を担当しています。この科目の設置の趣旨は“古典bookを読む”( ← これ、いまでも守られているのだろうか?)のようなので、わたしも、一応、憲法学に影響をあたえた“古典”を読む、というテーマを採用しました。

 4月にはじまったこの演習も半ばをすぎ、ホッブズ、ロック、モンテスキュー、ルソーと読み、次回はカントです。毎回、課題として50頁程度の原典(といっても翻訳)と、参考文献を Web で配布し、講義前に、また、ときに講義後の課題として、受講生に読んでもらっています。もっとも、本当に読んでいるかは、本人にしかわからないことなので・・・(いや、きっと読んでくれているに違いない!)。毎回の報告グループは、とりあげた思想家の「人と作品」をうまくまとめてきてくれていると思います。

 ということで、次回のカントですが、本当は「三批判書」(『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』)を読ませた方がいいのでしょうが、適当な分量でひとつのテーマを語っているわけではないことと、なによりも、わたし自身が理解できてはいないであろうから、一歩ひいて、『永遠平和のために』を課題図書にしました。

 ところで、カントですが、わたしの好きな思想家です。といっても「三批判書」も読んだだけで理解できていませんし、ましてやカントの人格論も理解できていないと思います。ただ、容姿・外観に自信のなかったカントは、いまでいうと健康オタク(かつてはマイナス・イメージでつかわれていた「オタク」というのは、もうプラス・イメージに転化したといってもいいでしょう)で食べ物に気を遣っていたこと、規則正しい生活を心掛けていたこと(カント先生の散歩の姿をみて市井の人が時間を知ったのは有名なはなし)、それもどれも学問で勝負したいと考えていたこと(容姿ではルソーに敵わないので)につながっていること。なんだか立派な人だと思いませんか。わたしもカント先生のように生きたいと思ってはいるのですが(その片鱗も一部にはあると思うのですが)、飲み過ぎ食べ過ぎのきらいがあります。禁欲生活は難しい・・・。でもそこにわたしの学問の成果が上がらない由縁があるのでしょう。

 てなことで、今週末はカントの読み直しです。わがゼミ生にも、いまは苦痛に苛まれながら読んでいるのでしょうが、将来のどこかの時点で、この演習で読んだ“古典”を読み直すことがあったらなぁ~、とか感じます。

2012年6月 8日 (金)

免許更新。

 あめrainでした。熊本をふくむ九州北部も梅雨入りとのこと。

Dsc_0167 そんななか、運転免許の更新にいきました。写真は熊本・菊陽町の免許センターです。熊本城マラソンの前にはここまでランニングしました(自宅から往復20キロぐらいあります)。が、きょうは、もちろん、自動車carで。

 10年に1度あるかないかの忙しい年に免許更新という厄介事がかさなって・・・。それでも誕生日後1カ月以内に無事に更新できて、ひと安心です。

 それにしても決まった仕事のない唯一の曜日・金曜日に用事をいれると、なんだかキツイ感じです。来週も講義のほかに3つの会議が予定されていて、講義とともに会議の準備も必要ということで、また週末もお仕事です。

 

2012年6月 6日 (水)

1限からなのに、午前様。

 よく晴れていますsun

 わが社では「職業選択と自己実現」と称する、2・3年生配当の科目があります。きのうは、労働基準監督官の方をお招きして、監督官実務や採用などについて、お話しを伺いました。

Dsc_0164 お話しのあと、お招きした監督官の方が、わが社のF先生の同級生ということで、F先生宅で懇親会がありました。お酒の匂いをかぎつけたわたしは、またまた、F先生宅にお呼ばれしました。

 きのうもたくさんのお酒とF先生の手料理を満喫させていただきました。講師をつとめていただいた監督官の方、そして熊本のお知り合いの監督官の方もくわわって、監督官業務の“醍醐味”を伺うよい機会でした。研究室でいつも“空想”にひたっているわたしにとって、自分の仕事を見つめ直す切っ掛けになればとも思いました。

 ということで、なんだかんだと、きのう(きょう?)も午前様。これから1限の講義→歯医者→会議打ち合わせ→野球→会議→会議→会議の予定です。

2012年6月 4日 (月)

祝!的中!

 くもっていますcloud

 きのう、裁判所事務官の採用試験がありました。ゼミ生数人も、受験しています。

 とちょうど、サッカーを見始めて、なんだまだはじまっていないんだぁ~、と思って、サザエさんに変えようとしていた頃、そのゼミ生の裁事受験者から、1通のメールが届きました。

 裁事試験には“憲法の記述問題”が課されるのですが、わがゼミは、その勉強会をしていたところ、予想問題としてわたしが宣告していた「政教分離」が出題されたとのこと。その問題もズバリ「政教分離について論ぜよ」だったそうです。

 おぉ、当たったか!という感じですね。ただ、今年は、わたしのような“とーしろさん”でも、予想容易な年だったと思います。平成になてからの過去問をみても、この“ビック・テーマ”は出題されていたかったのだし、最近、政教分離に関する重要な憲法判例も出されていたのですから・・・。まぁ、当たったら、なんでも言えますよね(でも、当てたのだから、なにを言ってもいいですよね~)。

 てなことで、俄然、来年度にむけて、やる気ができてきました。是非、来年の問題も的中させて、そういった業界への転職でも・・・、なんて。

2012年6月 2日 (土)

パブリシティの権利

 本日も曇りですcloud。梅雨、近しか。

 本年度は、「パブリシティと表現の自由」を研究しようと思っています。そこで、いまは、先行業績を乱読中です。その一環として読んできた、豊田彰先生の『パブリシティの権利』(日本評論社、2000)を読み終わりました。

 わが国での裁判実務上、はじめてパブリシティの権利を扱ったとされるのは、昭和51年の東京地裁判決「マーク・レスター事件」とされています。その後、さまざまな紆余曲折をへて、本年(平成24年)2月2日に、最高裁第1小法廷は、「ピンクレディー de ダイエット事件」で、はじめて最高裁としてパブリシティ権を認定しました。そこで最高裁は、パブリシティ権を、つぎのように定義しています。

 人の氏名、肖像等に備わる、商品の販売等を促進する顧客吸引力を排他的に利用する権利。

 これを「人格権に由来する権利の一内容」を考えているところに、わたしにとっては若干の疑義があり、そのことを含めて、当該権利と表現の自由の関係を憲法論として捉えてみようと思っています。

 が、いまのわたしの日常生活は、研究モードではありません。なんて弱音を吐いてはいけませんよね~。研究もお仕事、それも重要なお仕事ですものね。

 そういえば、法学部のアドミッション・ポリシー(入学者〔受験者?〕にもとめる心構え?)の冒頭には「地方中核大学の法学部」とあります。最近のある会議で知りました(いや、もっと前にも聞いたような・・・)。この「地方中核大学」って、なんだか意味深長ではありませんか?「中核大学」というほどは研究大学ではなく・・・と謙遜したと思えば、もっぱら教育重視の「地方大学」でもありませんよ、という・・・。わが大学の現在の「立ち位置」がうまく示せているようで・・・。

 ということで「地方大学」ではあるが「中核大学」で禄を食む者として、きのうの「社会貢献」もそうですが、なんといっても研究業績をあげないと・・・とは思っています・・・が・・・。まぁ、ボチボチなんとかしていこうと思います。

2012年6月 1日 (金)

人吉に行ってきました。

 ジメジメした感じの曇りでしたcloud

Dsc_0157 人吉にいってきました。観光だったらよかったのですが、お仕事ででした。

 お仕事というのは、先月のはじめから委員をしている「情報公開等審査会」でした。

Dsc_0162  と、お仕事の前に、まずは腹ごしらえ、ということで。人吉市紺屋町にあるうなぎの名店、“うえむら”さんにいきました。90年あまりの歴史があるお店のようです。うなぎ屋さんらしく、間口は狭いですが、縦に長い、広いお店でした。

Dsc_0159  会場は、人吉の市役所でした。はじめて人吉にいって、ぼーっと、していたら、なななんと、会長にされてしまいました・・・。なんでもハイハイと引き受けるものではないですね。それでも、これも社会貢献、人吉市民の付託をうけたお仕事なので、微力ながら、精一杯つとめさせていただきます。

 こうやって人吉にいっている間にも、重要な会議の日程照会と教授会打ち合わせ会のお知らせがメールで。ひとつお仕事をすると、2つお仕事の発注をいただく、という状況です。

Dsc_0161 おお、そういえば、これが“うえむら”さんでいただいた鰻丼です。べちょべちょタレがついているのではなく、香ばしいうなぎ本来の味が楽しめます。また、画像では当然みえないのですが、うなぎは2段重ねです。

 鰻だけでなく、お蕎麦の名店や、ラーメン、ギョーザなどの美味しいお店もあるとのこと。会長は荷が重いですが、まぁ、頑張るしかないか。

Dsc_0163  最後に“繊月”さんの焼酎蔵です。今回は車だったので、外から見るだけ~、でした。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30