無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

研究会。

 涼しい一日になっています。

 きのう、研究会にいきました。会場は、福岡市東区箱崎の大学です。

Dsc_0320 とりあえず、博多でのお昼はラーメンということで、きのうは、中央区大名にある“博多 一幸舎”さんの大名店にうかがいました。ガイドブックには、「福岡ラーメン界の旗手」とされているお店、活気あふれる佇まいでした。

 味はよかったのですが・・・

Dsc_0318  写真がボケてしまいました・・・(申し分けありません)。スマホ、いがいとこれ、多いと思います(みなさん、いかがでしょうか?)。

 いただいたのは、味ネギラーメン(850円)。とんこつ、醤油、そして、魚介・・・というところですが、魚介のうまみだけ出ていてくせがなく、美味しかったと思います。

 肝心の研究会では、「憲法学として“住所”というものをどう考えるか」という報告と、「フランス都市計画法を素材に公法/私法二元論批判の再検討」に関する報告を聞き、勉強させていただきました。

 ホント、研究会にいくと、自分の不勉強を恥じ入るばかりです。来週末は、学会のため、上京します。そして、再来週は、あるシンポのパネラーとして、再上京です。講義もはじまり、フル稼働というところでしょうか。

2012年9月28日 (金)

芸能ビジネスを創った男

 秋晴れ!というところでしょう。

 本日から勤務校でも後期開始です。幸い、わたしは月からなので、10月に入ってからですが、9月中に後期がはじまるのは、もうこの業界ではデフォルトとなっています。

 ここ数日、いまの研究テーマのヒントを得ようと、野地秩嘉さんの『芸能ビジネスを創った男』(新潮社、2006年)を読みました。

 本書の副題は「渡辺プロとその時代」。ということで、渡辺プロダクションの盛衰を追いつつ、現代の芸能プロダクションのビジネスモデルがどのように成立していったのか、その過程を分析したものです。本書では、芸能ビジネスを労働集約型から権利ビジネスにした、という点に、渡辺プロ社長の渡邊晋さんの功績をみています。それは、こういうことです。

 以前の芸能ビジネスは、所属タレントの出演料に多くを依存するものでした。プロダクションとしての収入は、タレントの出演料の一部をえる、というものだったようです。

 渡辺プロは、レコードや番組を自社制作することで、そこで生成される権利を管理したり番組制作費を得る、という構造に、芸能ビジネスを変えたということです。出演者だけでなく、番組(コンテンツ)もプロデュースする、こうして、芸能ビジネスの権利ビジネス化が進められていったとのこと。

 わたくし、いま、パブリシティーの権利について考えているのですが、こうしたプロデュースにより生成されたタレントのもつ「イメージ」を管理する権利として、パブリシティー権は考えたらよいのではないか、と感じています。まぁ、ブログでは限界があるので、ここではこれくらいにします。

 ということで、本日は最終金曜日。いつもの最終金曜日と同じく、本日も、午後から外出です。あすはQ大さんで研究会、来週は、いよいよ後期授業ということで・・・ふぅ。

2012年9月26日 (水)

落選(涙)。

 あき晴れ!でも、心はブル~~~。

Dsc_0318 きのう、県庁さんのお仕事で、熊本テルサにつめていました。

 エビチリをメインとするバイキングで昼食中、その知らせが届きました。エントリーしていた第2回熊本城マラソンの“落選”通知。ガッカリでございます crying。応募者9000人を超えたら抽選だったので、そういうこともあるのですが・・・。「わたしを選んでください」(熊本なだけに)という心境です。

2012年9月24日 (月)

ゼミコン@くろねこや はなれ。

 くもっていますね~cloud

 きのう、日馬富士関が全勝優勝したのをみて、ゼミコンに出掛けました。

Dsc_0317 場所は、熊本市新市街のある“くろねこや はなれ”さんです。“くろねこ”ということで、お店のあちこちに、“ジジ”の姿も・・・。

 3年生のゼミコンということで、いよいよ迫ってきた、就活の話題など・・・。

Dsc_0316 それにしても、学生は、安くて美味しいお店を、よく知っていますね~。きのうは、食べ&飲み放題で、2500円だった模様。

 うえにも書きましたが、3年生の夏休みあけというと、そろそろ卒業がみえてくる頃で、だから、かえって焦燥感みたいなものもある頃かと思います。わたしみたいに、そうそうに大学院に行こうと思っていた者にとっては、心の余裕(という幻想)だけはあったのですが・・・。

 公務員にしろ、民間企業にしろ、また、進学にしろ、全員が行き先をきめて卒業を迎えて欲しいと思う今日この頃です。

 

2012年9月22日 (土)

祝!ジャイアンツ、優勝!

 くもっています cloud

 先週の木からバイト再開、きのうは県庁さんでお仕事、週があけたら、月・バイト、火・県庁さん(別のお仕事)、水・教授会、木・バイト・・・、ということで、本当に夏休みは終わってしまったかのようです。

 みなさん、夏の成果はいかがですか?わたしは、3歩進んで2歩さがる感じ(熊本なだけに)です。まぁ、研究も、“遅々として進む?”というところでしょうか。最近、あまり多くを望まなくなりました。

 それでも、夏の間に、小さなものから大きなものまで、いくつかのお仕事の注文をいただいて、ありがたい限りです。これで、なんとか、5年ぐらいは食べていけそうです。といっても、成果物を出さないとダメですが・・・。そろそろコンディションをあげていこうと思います。

 ということで、昨晩、ジャイアンツが3年ぶりにセリーグを制しました。おめでとうございます。そして、日馬富士、頑張れ!

2012年9月20日 (木)

送別会(Part. 2)@銀杏釜めし。

 涼しくなりました。きょうから、バイト、再開。こうして、わたしの夏休みも終わりましたweep

 きのう、9月末で移籍される先生の、公式な送別会がありました。

Dsc_0369 会場は、熊本・花畑町の“銀杏釜めし”さん(← 最近、よく行くような気がする)。

 ということで、海老ぞりのアジなどのお刺身です。シャイなわたしですが、一応、ちゃんと謝意いえました(って、おやじギャグとは・・・)。本当にお世話になった方なので、惜しい人を失いました。けど、憲法ポストが開いたら・・・ともお願いしておきました(笑)。

Dsc_0374 二次会は、ドン.キわきにある“Blue malt”さんへ。主賓、部長、LS長ほか、大人のみなさん、事務の方、そして、内山理名さんも(笑)。でも、歌はなし!

 三次会では、あす(つまり、きょう)の講義で憂鬱感があり、心、ここにあらず的でした。

2012年9月17日 (月)

知的財産法の世界

 台風16号typhoonの影響で、強風!いまのことろ、日差しあり!

 ということで、『法学セミナー』2012年9月号の特集「知的財産法の世界」を読んで過ごしています。

 最近、すこし、知財法について勉強し、雑文等を書いています。が、知財法について、本格的に学んだことはありません。お恥ずかしながら・・・。

 この特集は、そんな“初学者”であるわたしにも興味が湧く内容になっています。著作権法、特許法、そして、不競法といった“知財法のバックボーン”を概説したあと、ネットベンチャー企業がなぜわが国であまり栄えないのか、とか、TPPと著作権政策など、理論の基礎から今日的問題まで鳥瞰されています。読みやすいものでした。

 と、ここで終わらず、本号の特集のつぎの記事は、「法科大学院の論点」という連載もので、今回は「弁護士が自治体職員として働くという選択」というテーマがあつかわれています。記事では、新司法試験合格後、2年の弁護士事務所勤務を経て、千葉県流山市で政策法務を担当されている著者の、弁護士である自治体職員のお仕事の様子が書かれています。こういう道も、これから出てくるだろうなぁ、と思いながら、興味深く読ませていただきました。是非、参考に。

 【業務連絡】 ではありませんが、おそらく、先週の金曜日9月14日に、本ブログは10万アクセスを達成していますscissors。どなたか、それを“ゲット”された方、おられませんか?

2012年9月16日 (日)

送別会(Part.1)@福なり。

 台風の影響か、あさから、雨模様ですrain

 きのう、PCの不具合(と二日酔い)で書けなかった、金曜日の出来事を。

Dsc_0362 10月で移籍される先生の送別会(プライヴェート)をしました。会場は、熊本市銀座通り銀座ビル地階の“福なり”さんです。当日は、先に移籍された先生2人も来られての「旧交を温める会」でもありました。

 幹事先生の計らいで、看板通りに・・・

Dsc_0364 ふぐさんです(さっきの看板からすると、当地では濁ってよい模様)。

 ところで、10月で熊本を後にされる先生ですが、わたしは、この先生に大変、お世話になりました。お世話になったというか、赴任以来、なんどとなく温かいお言葉をいただきました。

Dsc_0365 ということで、ふぐちりです・・・

 とくに昨年など、折れそうになる心を、幾度となく、救っていただきました。よい先輩でした。シャイなわたしは、ちゃんと感謝の気持ちを伝えられていませんが、まぁ、今生の別れというわけでもないので・・・

Dsc_0366 そして、二次会後、水前寺までいっての、三次会です。左隅のPマークの下にお店の名前があります。“”(でん)さんです。遠くから駆けつけたT先生が教えてくれたお店です。が、今月限りで閉店とのこと。(なんとなく、いったメンバーが「うっすら」わかる写真ですが・・・)。

 ところで、この業界には、つぎのような言い伝えがあります。それは、“よい人からいなくなる”というものです。この言葉、よくいったもので、わたくし、これ以外をみていません(一部、例外を除く。しっーーー)。よい先生からいなくなる、本当にそうだと思います。筋を通して、泰然自若として、お仕事される先生でした。

 新天地でのご活躍をお祈りしてります。

2012年9月13日 (木)

登校日。

 残暑のなかにも、秋らしい風も。

 きのうは、夏休みの「登校日」でした。ようするに、教授会があったのですが。久しぶりにみる先生方もおられました。といっても、わたしはほぼ毎日、学校にいたのですが。いく場所、そして、いる場所も、ないので。

 ところで、教授会をはじめ、さまざまな会議、おおくの場合には“いるだけ”のわたくしも、ときに、主宰者になったりします。つまり、議題を提案したりすることもあるのです。そうでないときは、フロアーで“ボーっと”していればいいのですが。

 最近、つとに思うのですが、そもそも会議って、フロアー有利ですよね~。「正論」をいえるのですから。きょうも、ある全学会議にでていて、フロアーから「正論」がだされました。議長、議題提案者は、「正論」が出されると、苦しいですね~。だって、“大人の事情”ってもんを知っているのですから。「正論」が正しい、説得性があるなんて、フロアーに言われる前に、知っているのです。でも、“本当のことは言ってはいけない”のです。議長さんは、いろいろな事情を“慮って欲しい”と感じているのでは。

 でも、「正論」って、重要ですよね。「正論」が通らなくなったら、その組織も“オ・シ・マ・イ”のように思います。でも、「正論」がでてくると、会議が長~くなります。雰囲気も、重~くなります。でも、「正論」をいってくれる人が、大切にされる組織でなければならないと思います。

 てなことを、“会議、はやく終わらないかなぁ~”と思いつつ、考えた一日でした。

2012年9月11日 (火)

速報!、今年は6名。

 まだまだ、日中はお暑いですね。それでも、合格発表の日は、冷や汗も (゚ー゚;

 ということで、本日は、平成24年度の司法試験合格者が発表されました。わがLSからは、6名合格!まずは、合格者のみなさん、本当に、おめでとうございます。

 2(H19)→7(H20)→5(H21)→7(H22)→4(H23)、そして、本年が6(H24)との合格者を出した、わがLSの先生、ひとまずは、お疲れ様です。それまで、毎年0又は1だった司法試験合格者を、こうして輩出してきただけで、LSの存在価値があるというもの。

 でも、きっと、あすは“反省会”でしょう(おっと、定例の教授会でしたか)。LSはどこでも風当たりが強いので大変でしょうが、影ながら(遠巻きに)、応援しております。わたしにできることは、応援することだけですので。

2012年9月 8日 (土)

熊本L.J.

 やっぱり、日中は、あつい!

Dsc_0361 先日、メール・ボックスにはいっていました。わがLSのジャーナルです。今回は、6号と7号をいただきました。

 わが校の法学系「紀要」には、法学部の『熊本法学』と、LSの『熊本ロー・ジャーナル』の2冊があります。法学部とLSを両方もつ大学は、こうして2つの紀要を出す大学(2つの部局で法学教育を担っている)と、1つを充実させている大学(実質的には1つの部局で法学教育をしている、または、2つの部局の仲がいい)とがあります。わが勤務校は前者。

 ただ、みなさんお忙しいので、なかなか論文が集まらないのも、実情。そろそろ統一したら、とも思いますが、いろいろとハードルが高いようで・・・。

2012年9月 6日 (木)

非常勤の先生を囲んで@いそむら。

 秋晴れ sun という感じでしょうか。涼しいということはありませんが、もう秋ですか?

Dsc_0355 きのう、今度は、国際政治・国際問題で来熊されている先生と“飲み”ました。会場は、幹事先生ご自宅ちかくの、家庭料理の“いそむら”さんです。このブログの読者の方も、なんにんか、このお店の近くの人、おられるのでは?わたしも、徒歩10分あたりのところに、住んでいます。

Dsc_0357 「家庭料理な感じ」のサンマのお刺身(&タコ)です。サンマは、ノーマルとシメの2種類あります。

 まずは来熊のお礼のあと、下級生ゼミ(とくに1年生)のお話しを聞きました。最近はどこの大学でも、下級生にも演習科目を提供していると思われます。そして、どこの大学でも、なかなかいろいろは問題があるものです。わが社でも・・・

Dsc_0358 そうこうしているうちに、カンパチかまをいただきました。お酒がすすんですすんで・・・、以下、自粛。

 学者として身を立てることは難しいことだなぁ~、といまさらながらに感じました。

Dsc_0360  そして二次会。(どんなときでも、二次会はあるものです)。“ハラダ屋”さんという、この界隈では「こじゃれたバー」。こんなお店、あったんですね~。5年近く暮らしていて、はじめて認識しました。

 それにしても、先週といい、今週といい、よい先生に来てもらえてよかったと思います。どうしても、学部の現有戦力だけでは充実した講義科目を提供すること、難しいと思うので。とくに、昨晩の先生は、教科書、概説書では学べない国際紛争、紛争の歴史などを教えていただいているので、有り難いことです。

2012年9月 4日 (火)

国際知的財産法の潮流

 “広義の同僚先生”から、分担執筆をされた『国際知的財産法の潮流』(帝塚山大学出版会)をいただきました。

 ところで、法学部WPの「教員リレーエッセイ」が、こっそり、更新されています。(いや~、気づかなかった)。

 ここからどうぞ。

 “X”って、なんとなく謎めいたお名前ですが、そんなに謎ではありませんね。それにしても、もう定期試験期間が終わってしまったので、後期のために、という感じでしょうか。

 それにしても、このWP、“ひっそり”すぎないだろうか。誰に、「Tweet」とかしてもらえばいいのに。そうしたら「いいね!」とか、「拍手!」とか、してもらえるのでは!

2012年9月 2日 (日)

もう9月。

 朝もそうですが、昼もすこし、しのぎやすくなってきましたか。それでも30℃ごえ。

Dsc_0349 「9月またぎ」の週末。まず、31日は最終金曜日なので、毎月の「Pマーク審査会」へ。詳しいことはさておいて、31日は、「お昼またぎ」でお仕事となり、お弁当(とはいえない豪華さ)をいただきました。あとでも書きますが、いまは「一人暮らし」なので、豪華なお食事は、正直、ありがたい。

Dsc_0352 きのうは、「印鑑部長」を(立派に)務めている硬式野球部の秋季リーグの開会式にいきました。会場に少し早くついたので、球場裏を散策。快晴でしたが、やはりそこには「真夏の暑さ」はありませんでした。

 そして、夜は・・・

Dsc_0353 
 ガンダムのDVD(一人)鑑賞会!というか、一人のときにしか観られない。全部とはいかないので、ピックアップして。軍人のなかの軍人“ランバ・ラル”でも、戦場で“アルテーシア”(セイラ)に遭遇したときに郷愁を・・・。ガンダムは、戦争においても捨てられないものが人間にはあることも描いていて(であるから、戦争は余計に悲しいもの)、深~い週末になりました。

 ということで、きょうはもう空港へ妻子を迎えにいかなければなりません。娘はあすから2学期。大学も講義はまだですが、9月といえば、なんとなく「夏も終わり感」があります。






« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30