無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 送別会(Part.1)@福なり。 | トップページ | 送別会(Part. 2)@銀杏釜めし。 »

2012年9月17日 (月)

知的財産法の世界

 台風16号typhoonの影響で、強風!いまのことろ、日差しあり!

 ということで、『法学セミナー』2012年9月号の特集「知的財産法の世界」を読んで過ごしています。

 最近、すこし、知財法について勉強し、雑文等を書いています。が、知財法について、本格的に学んだことはありません。お恥ずかしながら・・・。

 この特集は、そんな“初学者”であるわたしにも興味が湧く内容になっています。著作権法、特許法、そして、不競法といった“知財法のバックボーン”を概説したあと、ネットベンチャー企業がなぜわが国であまり栄えないのか、とか、TPPと著作権政策など、理論の基礎から今日的問題まで鳥瞰されています。読みやすいものでした。

 と、ここで終わらず、本号の特集のつぎの記事は、「法科大学院の論点」という連載もので、今回は「弁護士が自治体職員として働くという選択」というテーマがあつかわれています。記事では、新司法試験合格後、2年の弁護士事務所勤務を経て、千葉県流山市で政策法務を担当されている著者の、弁護士である自治体職員のお仕事の様子が書かれています。こういう道も、これから出てくるだろうなぁ、と思いながら、興味深く読ませていただきました。是非、参考に。

 【業務連絡】 ではありませんが、おそらく、先週の金曜日9月14日に、本ブログは10万アクセスを達成していますscissors。どなたか、それを“ゲット”された方、おられませんか?

« 送別会(Part.1)@福なり。 | トップページ | 送別会(Part. 2)@銀杏釜めし。 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/47106026

この記事へのトラックバック一覧です: 知的財産法の世界:

« 送別会(Part.1)@福なり。 | トップページ | 送別会(Part. 2)@銀杏釜めし。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31