無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« ポケット六法 25年版 | トップページ | 最近のキャンパス。 »

2012年10月15日 (月)

シンポジウム@ムサビさん。

 本日も快晴なり!sun

Dsc_0369 週末、シンポジウムのパネリストとしてお呼ばれしたので、東京・立川市にある武蔵野美術大学にいきました。

 写真は、ムサビさんの図書館&美術館です。芸術家のタマゴさんたちが、語らっていました。

Dsc_0372 この建物のなかにある“美術館ホール”がシンポの会場でした。

 普段、芸術的、文化的ところからほど遠いところで生きているわかしにとって、なんだか場違いでしたが・・・

 まぁ、なんとかお役目はたせたと思います。それより、文化、芸術、アートというのは、その先端で国家規制と対峙しやすい領域であることも、あらためて感得しました。今後、折に触れ、考えていかなければ、と思った次第です。

Dsc_0373 ということで、シンポ終了後は、招聘いただいた先生、パネリストの先生、そして参加者の方を含めて、「お疲れ様会」を。最寄りの(といっても、タクシーで20分はかかったか?)のJR駅・国分寺駅近くの“恵比寿屋”さんで。この夏に、そして、夏まえに受注していたお仕事をひとつ終え、わたしも少しホッとしました(その時だけは・・・)。

Dsc_0357  ちなみに、今回は、費用を出していただく出張だったので、迷惑をかけるわけにもいかず、空路で上京しました。わたしが乗った、ソラシド・エアライン機です。

« ポケット六法 25年版 | トップページ | 最近のキャンパス。 »

お仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/47460213

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム@ムサビさん。:

« ポケット六法 25年版 | トップページ | 最近のキャンパス。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31