無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

海鮮チャンポン@天草。

 あめ rain

Dsc_0439 きのう、天草市景観審議会にいきました。もちろん、“ペルラの湯船”さんが会場ではなく、市役所ででした。ここは、審議会前にちょっと、立ち寄りました。

 ここ、ペルラの湯船は、ホテルアレグリアの敷地内、アレグリアからちょっと斜面を登ったところにあります。

Dsc_0442 そのペルラの湯船のなかの食堂“さざんか”さんで、“ペルラ特製海鮮チャンポン”をいただきました。「あまくさチャンポングランプリ、人気No. 1」のお味でした。

 その後、施設のお庭を散歩しました。

Dsc_0445 こんな感じの海を見つつ・・・、天草はいいなぁ~、と思いました。

 肝心の審議会ですが、天草は、なんといっても歴史的・文化的、そして自然の景観の宝庫。その景観を守り後世に伝えていくために、「景観規制」をしようとしています。具体的に、きのうは、「景観形成地域」に指定されたところの建物の色の規制などについて、審議されました。自然環境や都市整備の専門家の先生方がいるので、わたしの出る幕はなし。建物の色を規制するなら、看板、広告も・・・となったので、「出番だ!」と思ったら、この点については、次回に、ということのようです。まぁ、審議会でのわたしのようなものの大きな役割は、定足数要員であり、その役割は果たせたので、よし!とします。

Dsc_0448_2 帰り道、“藍のあまくさ村”に寄って、お土産買いました。

 ということで、月末は、あっちいったり、こっちいったりで、落ち着かない生活を送っています。

2012年11月27日 (火)

新世代法政策学研究 vol. 18

 sun

Dsc_0438 北海道大学グローバルCOEプログラム「多元分散型統御を目指す新世代法政策学」の機関誌『新世代法政策学研究』の第18号をいただきました。最近、あまり勉強についていけていませんが、いつもながらに興味深い論説が掲載されています。こういうのみると、あぁ、勉強しないといけないなぁ~、と思います。

 ということで、本日、月末〆の筆債務penを完済いたしました。。。といっても、これから査読、修正、校正・・・ということなので、「完済」にはまだ遠いのですが。いつもはもっと寝かせて熟成させてから提出しているのですが、寝かせておいても、こればっかりは熟成しませんね~~。

 あすは天草にお出かけ(ではなく、お仕事)です。fishspa

2012年11月25日 (日)

発表会。

 よく晴れましたsun

Dsc_0432 勤務校では、きのう、推薦入試がありました。監督者、面接者の方、お疲れ様です。

 わたしは、担当から外れていたので、娘の習い事の発表会に行きました。場所は、南区城南町にある火の君文化センターです。

Dsc_0436 ピアノ教室の発表会だったのですが、きのうは、エレクトーンのアンサンブルでした。他流試合でしょうか。演奏だけでなく、パフォーマンスも審査内容のようで、お揃いの衣装です。

 きのうまでお腹にいた(は、言いすぎか)、きのうまでハイハイしていた(も、言いすぎか)、小学校にいくのがあっぷあっぷだと思っていたのに習い事までして、娘も大変です。

 そんなこんなで、人は大きくなっていくのでしょうね。

2012年11月23日 (金)

月末にむけて。

 どんより、くもりcloud。ちょっと、あめ。

Dsc_0471 月末締切論文にむけ、休日返上!と、勢いだけはいいのですが・・・

 最近、不法行為ばかりしているので(注:わたしが不法行為をしているわけではない)、そして洋ものも買ってもらったのですが・・・、不法行為論って、難しいですよね~。なんか「鵺」的で。まぁ、わたしの勉強不足なのでしょうが。

 それでも、なんとか体裁だけは整えて月末には出さないと、つぎのものが待ってますので。

2012年11月22日 (木)

教授会のあとリフる。

 くもりcloud

 昨晩、教授会のあと、恒例の「リフ」。

Dsc_0470  先月北海道にいったときのお土産です。鮭とばです。「とば」とはなにかということになり、ちょっと調べたのですが・・・

 漢字では「冬葉」と書くようです。語源はアイヌ後の「トバ」で「群れる」であるという説もあるようです。

 ということで、役目柄、教授会が終わると、一ヶ月が終わったように感じます。いや、感じていました・・・、今月は、まだ教務事項が陸続とあります・・・。

 なんだか情報の集まる職にあるので、よくないですね。わたしが情報源にならないようにしないと。薄っすらみなさんに広まったあたりで聞いて、「えっー、そうだったのーー」と白を切る感じが品がある、というものでしょうから。

 というころで、これからバイトに出掛けます。

2012年11月18日 (日)

研修@別府(2日目)。

 本日は晴天なりsun

Dsc_0456 きのうに引き続き、別府研修報告です。

 2日目は「現地調査」といことで、はじめに連れて行ってもらったのは、別府市竹の内温泉井戸です。ここで、湯けむり発電実験をしているとのことでした。ちなみに、いつもはバルブが閉められているので、「プシューーーー」とはなっていません。地熱発電は、クリーンエコ事業ということで、期待の発電システムとのことでした。

Dsc_0457 つぎに、大分県農林水産研究指導センターの農業研究部花きグループが管理運営している植物園?にいきました。ここでも温泉熱を利用して、花きの栽培技術の研究をしているとのことです。カーネーションやら、ススジやら、サボテンなどがありましたbud

Dsc_0458 そして、さいごに“鉄輪(かんなわ)温泉”にいきました。といっても、30分ほどしかいなかったので、お散歩のみですが・・・(涙)。

 ひとくちに「別府」といっても、“別府八湯”ということで、8つの温泉地で構成されているとのこと。ここ鉄輪温泉もそのうちのひとつです。

Dsc_0464 このほかに、別府温泉、浜脇温泉、観海寺温泉、明礬(みょうばん)温泉、柴石温泉、亀川温泉、堀田温泉で、“別府八湯”とのこと。さすが、温泉地ですね~~、入る時間、ありませんでしたが・・・。

 そういえば、鉄輪温泉には、地獄蒸し工房があり、鶴瓶さんも「家族に乾杯」で来られたとのこと(プチ自慢はいっていました)。

Dsc_0465 こうして、半日の行程も終わり、九州各県の方々とお別れしたあと、わが県は、ホテル・アーサー近くのお蕎麦屋さん“にはち”で昼食しました。たぶん、大分も、したがって別府も、はじめてだったので、こうしてお仕事とはいえ、別府に来られてよかったと思います。

Dsc_0468 そうそう、十割そばも選べたのですが、お店の名の通り、にはちを選びました。新蕎麦とのこと。なんだか、長野を離れてからの方が、お蕎麦をいただく機会が多くなったようにも思います。

 という感じで、平日二日間潰れてしまったので、週末は大急ぎで大学のお仕事です。

2012年11月17日 (土)

研修@別府(1日目)。

 あさから雨rain。ただ、午後はあがる予定?

Dsc_0451 木・金と、熊本県のお仕事の研修で、大分・別府にいきました。

 ちなみに、この像は、「ピカピカおじさん」の像です。なんでも、別府温泉の基礎をつくった油屋熊八さんのようです。子どもたちに愛されていたようで、ということで、服の裾に子どもの姿が・・・。なんとなく、シュールですよね。

 「研修」というのは、土地収用のとき、補償がいるのか、いらないのかという感じのもの。各県で問題を出し合い、事前に解答例をつくってきて発表し、最後に国交省のお役人さまのご意見を・・・という、まるで大学のゼミのようなものです。

Dsc_0437 会場は、別府随一の温泉ホテル、“白菊”さんでした。鄙びた・・・という感じではなく、圧倒される佇まいです。

 ここで宿泊もできたらさぞよかったのでしょうが・・・、財政事情から・・・

Dsc_0449 “アーサー”さんです。いや、別に不満はないのですよ・・・。ビジネスホテルですが、そこは温泉地、2・3階に温泉大浴場があり、ここを起点に別府温泉をめぐるには十分です。

 といっても、別府温泉をめぐったわけではなく、研修だったわけで・・・

(研修略)

Dsc_0441 研修のあとの「意見交換会」でいただきました。なんの変哲もないようですが、関サバのおさしみと豊後牛のステーキです。これは、美味しかった!

 このお仕事を引き受け、研修に参加したのは、3回目です。一昨年は長崎、昨年は佐賀・武雄、そして今年が大分・別府。少しずつ顔なじみさんもできました。来年は熊本で開催、再来年は沖縄とのことです。

Dsc_0442  二次会は、ふぐを食べに、“天狗童”さんへ。会長おすすめのお店です。(ということで、高級)。

 ふぐは、豊後水道と下関のものをつかっているとのこと。当日は、下関のものでした。

 一次会でも美味しいモノをいただいていたので、どうかなぁ~、と思っていたのですが・・・

Dsc_0444 まずは、ひれ酒。香ばしく、そして、時間がたつと、あまくなってきて、美味でした。

 このあと、「てっさ」をいただいたのですが、ちょっと写してはいけないものがあったので、写真は自粛しております。

Dsc_0446 これは、唐揚げです。香ばしく揚げられていて、ふぐの骨のまわりを味わいぶかく仕上げられていました。

 美味しいモノは、お腹にたまらない、ということで、

Dsc_0447 雑炊まで、しっかり、いただきました。

 これだけふぐを本格的に、ちゃんと食べたのは、いつ以来で、いや、はじめてかもしれません。このお仕事では、食に関して、いつもよい経験をさせていただいています。(但し、自費です)。

 こうして、一日目の夜はふけていきました。

 

2012年11月14日 (水)

デイリー六法 平成25年版

 なんだか、晴れたり、雨降ったりで・・・、寒いです。

 三省堂様から『デイリー六法』の平成25年版をいただきました。自宅用の六法はデイリーにしています。ありがとうございました。

 きょう、「チクっと」やってきました。勤務校で予定されている2回の接種日、どちらも所用があるので、近くの内科・眼科で、うってきました。2500円でした。今年度の流行予想があたっているといいのですが。

2012年11月12日 (月)

ポタジェ。

 よく晴れましたsun

Dsc_0428 昨晩、わたしのロング・ランニング・コースにある“ポタジェ”さんにいきました。熊本・国体道路沿い、戸島あたりにある店舗ですが、以前は、県劇前あたりにあったお店です。評判のよいお店だったと思うのですが、移転後はどうなのだろう・・・と思っていましたが・・・

Dsc_0434 店員さんも、お料理の質、品数も、よい評判が維持されていたと思います。自慢のお野菜だけではなく、メインや揚げ物、デザートなども、お値段のわりには十分であったと思います。

 ちなみに、昨晩のお野菜の産地は・・・

Dsc_0435 ということです。

2012年11月11日 (日)

落語の履歴書

 あさからの雨もあがり、温暖です。

 ひま、ではないですが、山本進さんの『落語の履歴書』(小学館新書、2012年)を読みました。

 本書は、そのタイトルの通り、戦国時代末期の落語の発祥、江戸、明治時代という近代落語の形成期、大正から第二次大戦をへて昭和にかけての復活、そして平成の落語ブームという、まさに「落語の履歴」をコンパクトにまとめています。

 最近、落語ブームといわれています。ここ5年ぐらいをみても、平成20年に桂米團治(5代目)、平成22年に三遊亭圓楽(6代目)、本年24年に桂文枝(6代目)、そして、桂文治(11代目)と、大看板のあいつぐ襲名が披露されています。

 こうして、400年ぐらい続く古典芸能は、ときに代替わりしつつ、なお隆盛をめざしています。

 ところで、相次ぐ大看板の襲名ですが、そのなかでも“大看板中の大看板”は、いまだに空席のままです。そのひとつが、三遊派の源流・三遊亭圓生と、柳派の総帥・談洲楼燕枝です。こうした大名跡を引き継ぐのは大変なことなのでしょう。実力はもちろん、運のようなものも必要ですものね。

 そういえば、憲法学界も大看板の代替わりの時期になっているように思います。一門を率いていくというのは、どの世界でも大変なことなのでしょうね。そういう世界からはほご遠いわたしですが、せめて「真打」になれるよう、日々研鑽を怠らず、というところでしょうか。

2012年11月 8日 (木)

米大統領選挙。

 少し、温暖な一日です。

 きのう、米大統領選挙があり、オバマ大統領が再選されました。オバマさん、おめでとうございます。

 ところで、昨日のは、「大統領選挙」だったのでしょうか?報道をみていると、合衆国民により、大統領が直接選挙されたようにみえますが・・・

 合衆国憲法によれば、合衆国民は、大統領を直接には選べません。では誰がえらぶかというと、合衆国憲法2条1節1項には、つぎのようにあります。

 「各州は、その議会が定める方法に従って、その州が連邦議会に送ることができる上院議員および下院議員の総数に等しい数の選挙人を選出する。」

 そう、昨日選ばれたのは、この規定にもとづく、「大統領選挙人」だったのです。また、いまではどの州でもこの選挙人は州民の投票で決めていますが、憲法条文上は、そのことは要請されておらず、実際に過去には、州議会が大統領選挙人を選んでいた例もあるとのこと。いずれにしても、きのう、“オバマさんが再選された”という表現は、正確ではないようです。

 じゃぁ、きのう選ばれた「大統領選挙人」は、このあとどうするのかというと、大統領選挙について定めている合衆国法典には、つぎのようにあります。

 「各州の大統領および副大統領の選出人は、任命された後、12月の第2水曜日のあとの最初の月曜日に、それぞれの州の議会が定める場所に集会し、その票を投じる。」

 ということで、本年なら、日本時間で12月18日に、米国時間できのう選出された「選挙人」が、大統領を選ぶ票を投じることになります。では、12月18日に決まるのかというと、またまた合衆国法典には、連邦議会でその票の集計をするのは、1月6日午後1時、とあります。

 ということで、来年の日本時間1月7日に、次期大統領が決定する、ということでしょう。そして、合衆国憲法によると、現大統領の任期は、1月20日正午までなので(修正20条1節)、オバマ大統領の2期目は、来年の日本時間1月21日から、ということになるかと思います(そのさいには、また、大統領就任式の様子が報道されることでしょう)。

 ところで、少し気が早いようですが、合衆国憲法は大統領の3選を禁止していますので(修正22条1節)、このつぎは、大統領交代、ということになります。また、「大統領選挙人」をえらぶスーパー・チューズデーがくるのですが、これにも合衆国法典に規定があります。

 「大統領および副大統領の選出人は、先の大統領の選挙から4年ごとの11月の第1月曜日のあとの火曜日に、それぞれの州で任命される。」

 どうして、こういう規定ぶりなのでしょう・・・。彼の国は、“カレンダー遊び”が好きなのでしょうか?

 

 

 

2012年11月 6日 (火)

著作権の世紀

 うっすら、晴れています。

 週末のあいた時間に、福井健策弁護士の『著作権の世紀』(集英社新書、2010年)を読みました。

 デジタル化された社会、ますます「情報の独占」は、難しくなりつつあります。そんななかで、存在感を高めている著作権。ただ、そこには問題も・・・。

 後期にはいり、シンポで2度、パネラーをさせていただいて、やはり知財、著作権については、知らないことばかりでした。これから、この領域でもうひと花cherryblossom咲かせたいと思っているので、新書とはあなどらず、できるだけ知識量を増やしたいと思う、きょうこの頃です。

2012年11月 5日 (月)

vs. 学園大(野球)。

 小雨。寒~~。

Dsc_0424 きのう、教員野球baseball、vs. 学園大。11対2で大勝!春秋連覇達成!

 札幌帰りの疲労のなか先発し、5イニングを無失点で抑えました!

 ということで・・・

Dsc_0426 またまた、MVP!これで、2試合連続で獲得ですscissors

 今回の副賞は、大黒屋さんのカタログ!!!お好きなものが選べます。なんと気が利いた商品でしょう。

2012年11月 4日 (日)

札幌に行ってきました!

 いや~、熊本は、まだ温かい、と感じました。札幌は、やっぱり、寒かった(といっても、もっと寒くてもよい、とのこと・・・)。

 11月にはいり、ホッカイドー遠征にいってきました。今回の目的は、“ラーメン、海鮮、スープカレー”ということで、

Dsc_0397 着いた晩(小雨の中)、北海道ラーメンの老舗、そして、もう全国的にも有名な“すみれ”さんの、札幌本店にいきました。やっぱり、すみれさんといえば、味噌ラーメンか、と思い、味噌ラーメンをいただきました。

Dsc_0399 味噌でありながら、さっぱり感もあり、香ばしさもありました。長野出身のわたしは、あぁ、そういえば「味噌好きだった」ということを思い出したお味でした。最近は、とんこつばかりなので・・・

Dsc_0400 報告を控えての前日だったので、早めにホテルに帰って・・・

 日本シリーズ第5戦ではなく、報告の準備をしました。ホテル近くのコンビニで“トカップwine”を仕入れて・・・

Dsc_0411 北大は、季節が1ヶ月、進んでいました。ここは、北大の総合博物館です。このなかに、北大の歴史や貴重な学術資料が、展示されています。

 わが勤務校に赴任するとき、「あそこのキャンパスはいい」といわれ、実際に赴任してみても、五高を筆頭に、学問の薫りするキャンパスだ、と思っていました。が、数年前に、北大にはじめていったとき・・・、わが校は「九州一だ!」と感じるようになりました。

Dsc_0408 北大といえば、クラーク博士、ということで。

 今回の遠征の本当の(どっちが?)目的は、「知的財産法と憲法」というシンポで「特許と憲法」というお話しをするためでした。他のパネラーのお話やフロアーからの質問・意見をお聞きして、わたしとしても、刺激的な時間でした。

Dsc_0416 シンポ終了後、お招きいただいた先生、出席いただいた先生方と、北大近くの“いけだ鮨”さん(北13西4)で懇親会しました。こんな素人写真でも、鮮度・お味のよさが伝わると思いませんか。典型的なお寿司ですが、やっぱり、ネタがちがう!確かに、違う!

Dsc_0418  ということで、二次会は、JRタワーにある日航札幌のバーに。雨降りで、かつ、撮影者がトーシロさんということもあり、なんとなくの夜景です。

wine いただきました。それにしても、今回の遠征でも、いつもご本・論文ではよく見ていたお名前の先生の、お顔を拝することができました。学会、研究会にいくひとつの楽しみ?は、ここにあります。あの感覚ってなんだがおかしいですよね。初対面でありながら、初対面ではないような気がして・・・。

 報告の翌日、スープカレー・・・とは思っていたのですが・・・、昨日のお寿司が忘れられず・・・、ついつい・・・

Dsc_0421 場外市場にいってしまいました。海鮮食堂“北のグルメ亭”さんの海鮮丼です。このお店も、超ーー、有名店です。すみれさんといい、北のグルメ亭さんといい、まずは、何事も基本ということで。満足、満腹です!

Dsc_0426 ついでに、夕張メロンをお土産に買いました。自分だけ・・・と言われるのもあれなので・・・。店先に、14㎏はあるというキャベツが見れます。美味しいのでしょうか・・・

 ということで、新千歳へ。搭乗していた飛行機の機体の不具合がテイクオフ直前に発見され、機内で1時間ほど待たされるというハプニングを経て、無事、帰熊できました。

 今回の遠征の心残りは、スープカレーです。まぁ、レトルトお土産は購入したのですが・・・な・に・か・が・ち・が・う、でしょうから・・・。課題を残した遠征でした。

 

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30