無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 著作権の世紀 | トップページ | 落語の履歴書 »

2012年11月 8日 (木)

米大統領選挙。

 少し、温暖な一日です。

 きのう、米大統領選挙があり、オバマ大統領が再選されました。オバマさん、おめでとうございます。

 ところで、昨日のは、「大統領選挙」だったのでしょうか?報道をみていると、合衆国民により、大統領が直接選挙されたようにみえますが・・・

 合衆国憲法によれば、合衆国民は、大統領を直接には選べません。では誰がえらぶかというと、合衆国憲法2条1節1項には、つぎのようにあります。

 「各州は、その議会が定める方法に従って、その州が連邦議会に送ることができる上院議員および下院議員の総数に等しい数の選挙人を選出する。」

 そう、昨日選ばれたのは、この規定にもとづく、「大統領選挙人」だったのです。また、いまではどの州でもこの選挙人は州民の投票で決めていますが、憲法条文上は、そのことは要請されておらず、実際に過去には、州議会が大統領選挙人を選んでいた例もあるとのこと。いずれにしても、きのう、“オバマさんが再選された”という表現は、正確ではないようです。

 じゃぁ、きのう選ばれた「大統領選挙人」は、このあとどうするのかというと、大統領選挙について定めている合衆国法典には、つぎのようにあります。

 「各州の大統領および副大統領の選出人は、任命された後、12月の第2水曜日のあとの最初の月曜日に、それぞれの州の議会が定める場所に集会し、その票を投じる。」

 ということで、本年なら、日本時間で12月18日に、米国時間できのう選出された「選挙人」が、大統領を選ぶ票を投じることになります。では、12月18日に決まるのかというと、またまた合衆国法典には、連邦議会でその票の集計をするのは、1月6日午後1時、とあります。

 ということで、来年の日本時間1月7日に、次期大統領が決定する、ということでしょう。そして、合衆国憲法によると、現大統領の任期は、1月20日正午までなので(修正20条1節)、オバマ大統領の2期目は、来年の日本時間1月21日から、ということになるかと思います(そのさいには、また、大統領就任式の様子が報道されることでしょう)。

 ところで、少し気が早いようですが、合衆国憲法は大統領の3選を禁止していますので(修正22条1節)、このつぎは、大統領交代、ということになります。また、「大統領選挙人」をえらぶスーパー・チューズデーがくるのですが、これにも合衆国法典に規定があります。

 「大統領および副大統領の選出人は、先の大統領の選挙から4年ごとの11月の第1月曜日のあとの火曜日に、それぞれの州で任命される。」

 どうして、こういう規定ぶりなのでしょう・・・。彼の国は、“カレンダー遊び”が好きなのでしょうか?

 

 

 

« 著作権の世紀 | トップページ | 落語の履歴書 »

英米の法理学、米国憲法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/47767965

この記事へのトラックバック一覧です: 米大統領選挙。:

« 著作権の世紀 | トップページ | 落語の履歴書 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31