無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 米大統領選挙。 | トップページ | ポタジェ。 »

2012年11月11日 (日)

落語の履歴書

 あさからの雨もあがり、温暖です。

 ひま、ではないですが、山本進さんの『落語の履歴書』(小学館新書、2012年)を読みました。

 本書は、そのタイトルの通り、戦国時代末期の落語の発祥、江戸、明治時代という近代落語の形成期、大正から第二次大戦をへて昭和にかけての復活、そして平成の落語ブームという、まさに「落語の履歴」をコンパクトにまとめています。

 最近、落語ブームといわれています。ここ5年ぐらいをみても、平成20年に桂米團治(5代目)、平成22年に三遊亭圓楽(6代目)、本年24年に桂文枝(6代目)、そして、桂文治(11代目)と、大看板のあいつぐ襲名が披露されています。

 こうして、400年ぐらい続く古典芸能は、ときに代替わりしつつ、なお隆盛をめざしています。

 ところで、相次ぐ大看板の襲名ですが、そのなかでも“大看板中の大看板”は、いまだに空席のままです。そのひとつが、三遊派の源流・三遊亭圓生と、柳派の総帥・談洲楼燕枝です。こうした大名跡を引き継ぐのは大変なことなのでしょう。実力はもちろん、運のようなものも必要ですものね。

 そういえば、憲法学界も大看板の代替わりの時期になっているように思います。一門を率いていくというのは、どの世界でも大変なことなのでしょうね。そういう世界からはほご遠いわたしですが、せめて「真打」になれるよう、日々研鑽を怠らず、というところでしょうか。

« 米大統領選挙。 | トップページ | ポタジェ。 »

落語」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/47803437

この記事へのトラックバック一覧です: 落語の履歴書:

« 米大統領選挙。 | トップページ | ポタジェ。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31