無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 第148回芥川賞、直木賞。 | トップページ | センター試験の国語で。 »

2013年1月21日 (月)

打ち上げ会@ルバクオーレ。

 くもり、そして、小雨。

Dsc_0502 一昨日、昨日と、この業界では、センター試験で賑わいました。例にもれず勤務校でも、センター試験が実施されました。が、わたくしは、本年度は監督業務なし。ということで、センター試験監督業務「打ち上げ会」の幹事業務をお引き受けしました。

Dsc_0503 わたしが予約するよう指示されたお店は、イタリア料理とワインのお店“OSTERIA DA RUBACUORE”(オステリア ダ・ルバクオーレ)さん。熊本・中央区上林町、丸小ホテル近くのオシャレなお店です。

 前菜の盛り合わせのあといただいたのは、

Dsc_0504 なにやらのカルパッチョ。お魚の名前、忘れてしまいました。幹事業務に忙殺されて。

 脂ののったカルパッチョで、ワインもすすみました。

Dsc_0505 大きなソーセージの下に隠れたサラダもいただきました。それにしても、センター試験の監督業務というのは、数ある入試業務のなかでも、もっとも緊迫した業務です。マニュアルにあること、その通りにやって当たり前。非常に息が詰まる2日間です・・・(と、わたしは今年は経験しませんでしたが・・・)。

Dsc_0506 子羊さんのミートソースでパスタをいただきました。滋味あふれるお味。

 ところで、きのうご一緒した先生のなかで、ここでの勤務経験が一番長いのが、なんと不肖・私でした。「出入り」の激しいこの業界とはいえ、ちょっと驚きでした。いままでのどの勤務校でも、「先輩」になることは、あまりなかったもので・・・

Dsc_0507 そうこうしているうちに、メインのお魚料理まできました。この辺までくると、お話しはセンター試験から、わが勤務校の将来のことへ。大学をとりまく環境はますます厳しさを増し、わたしのような末端教員の心も乱れがちですが、まぁ、なんくるなんくる。わたしがとやかく考えても、大勢に影響なし!

Dsc_0508 ということで、わたしの幹事業務もデザートまできました。

 このあと、二次会へ。女性陣はふと目にした閉店間際の洋服店を襲撃、でなく物色。きょうは、その戦利品をまとい、ご出勤のようです。

« 第148回芥川賞、直木賞。 | トップページ | センター試験の国語で。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

飲食店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/48864999

この記事へのトラックバック一覧です: 打ち上げ会@ルバクオーレ。:

« 第148回芥川賞、直木賞。 | トップページ | センター試験の国語で。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31