無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 思想家先生の最終講義。 | トップページ | 吉本隆明という「共同幻想」。 »

2013年2月16日 (土)

ドウォーキン先生逝去。

 sun

Dsc_0517 今朝の新聞で、米国出身の法哲学者、ロナルド・ドウォーキン先生が亡くなったことを知りました。81歳とのこと。研究室にあるドウォーキン本を並べてみました。

 「平等な尊重と配慮をうける権利」と称する独自の平等論は、英米法哲学だけでなく、わが国の法哲学学界、憲法学界にも大きな影響を与えました。

 かくいうわたしも、“ロールズの正義論とドウォーキンの権利論をやります”といって修士課程に入学し、博士課程に進んだ後も・・・、ロールズしかできませんでした(それも、不十分)。

Dsc_0518 また、助手に採用されたあとも、学振まで申請して研究しようとしたのに、最初の勤務校に採用されたのをいいことに、そのままに・・・

 いまは少し違うテーマで“飯を食って”いますが、研究生活の最後は、意外とはじめに戻るという話しも聞くので、捲土重来があったなら、英米規範哲学と憲法理論を架橋する研究に従事したいと思います。

« 思想家先生の最終講義。 | トップページ | 吉本隆明という「共同幻想」。 »

訃報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/49442765

この記事へのトラックバック一覧です: ドウォーキン先生逝去。:

« 思想家先生の最終講義。 | トップページ | 吉本隆明という「共同幻想」。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30