無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

沖縄本礼賛

 台風typhoon15号は、温帯低気圧になった模様。ただ、ここは大雨 rainthunder

Dsc_0779 那覇空港で購入した、平山鉄太郎さんの『沖縄本礼賛』(ボーダー新書、2010年)を読みました。

 平山さんは、稀代の「沖縄本コレクター」。本書では、そのコレクター生活、コレクション法を楽しめます。また、平山さんは、沖縄本を「集める」のが好きとのこと。4000冊ぐらいある沖縄本の蔵書のうち、読んだのは、200~300とのこと。お気持ち、よくわかります。

 ただ、「積読」の効用は、夙に知られているところ。稀覯本をみつけては、沖縄県立図書館等のDBで検索して書誌情報を確かめられているので、もう、沖縄文化を相当程度会得されていると思われます。

 それにしても、4000冊の沖縄本が並ぶ書棚は壮観でしょうね。

2013年8月29日 (木)

立花隆の書棚

 台風接近中か、少し、風つよし。ただし、sun

 世の中に「蔵書家」といわれる人は多々おられると思いますが、日本一の蔵書家といってもよいかもしれない、立花隆さんの書棚が本になってます。

 本書は、写真家の薈田純一(わいだ・じゅんいち)さんが生み出した「精密書棚撮影術」が可能にした、著名人の書棚写真を軸に、その持ち主に蔵書を解説してもらう、という企画のもとにつくられています。みずからの蔵書をもとに語る立花さんの教養に圧倒されます。

 わたしも仕事柄、ひとより少し多く、本をもっています。もっとも、立花さんの10万とも20万ともいわれる蔵書量には、到底、およびませんが。ただ、なんとなく、増え続けている模様。

 先日も、業界の「蔵書家」の話になりました。やはり本の置き場、整理法には、いずれも苦心しているようで、ある先生など、自分の院生の下宿先に蔵書を置かせてもらっていたとか・・・。

 また、他人の書棚をみるのは、非常に、興味深いものです。ときにその人の趣味趣向や学問レベルも感じられたりして。立花さんも、「まえがき」で「このように書棚の全容をパチパチ撮られるというのは、あまり気持ちがいいものではない。自分の貧弱な頭の中を覗かれているような気がする。」(4~5頁)とされています。

 一流の研究者、学者先生は、一流の蔵書家。わたしもいずれはそうなりたいと思いつつ、購入した本も少しは読みたいと思います。

2013年8月28日 (水)

憲法の創造力

 sun。30℃超えも、あきの乾燥した空気ゆえ、若干の凌ぎやすさも。

 いま、若手の憲法学者で一番注目されている、木村草太さんの『憲法の創造力』(NHK出版新書、2013年)を読みました。

 「憲法入門書」とくに、文庫、新書のレベルでそう銘うつものがたくさんある中で、本書は、埃にまみれた法概念に拘泥することなく、かといって、「人権」、「平和」と宙に浮いた議論を展開するのではなく、「実践的な憲法入門」となっています。しっかりした憲法解釈論をもつ著者だからできることなのでしょう、脱帽です。

 本書は、「君が代」裁判をめぐる教員の思想の自由の問題、投票価値の平等の問題、裁判員制度の問題、仮設住宅の問題など、身近にある今日的テーマで読者を憲法問題に導いてくれています。人権論を一通り学び終えたであろう学生に、つよく薦めたい一冊です。

2013年8月27日 (火)

爪と目

 sun。朝、少し、涼しくなってきました。

 帰省の途上で、藤野可織さんの「爪と目」を読みました。第149回芥川賞受賞作です。

 普段、小説は読まないのですが(というより、読書自体、あまりしないのですが)、芥川賞受賞作品ぐらい読みたいと思い、いつも受賞作が掲載されている『文藝春秋』を買っています。ところが、最近は買うばかり、久しぶりに読むことができました。

 わたしに小説の論評はできませんが、「二人称小説」として成功しているというのが、この作品の評価ということで、そうなのだと思います。それにしても、選者の先生方は、そうとう偉いのですね。選評を読むと、けちょんけちょん、ですものね。文壇は厳しいですね。

2013年8月25日 (日)

別荘にお呼ばれ。

 rainrainthunder

 一昨日から昨日にかけて、1泊2日で、大学院時代の先生の別荘にお呼ばれしました。

Dsc_0764 先生の別荘は、広島県の旧吉和村にあります。“西の軽井沢”を謳う別荘地です。

 いつもなら山仕事を手伝ったり、テニスしたり・・・ということなのですが、島根に近い吉和も、この週末には、比較的強く雨が降りました。

 ということで、上↑で川遊びすることもできなかったので、女鹿平温泉クヴェーレ吉和にいって、日頃の疲れを癒してもらいました。

Dsc_0768 アルカリ単純泉の温泉です。クヴェーレ吉和には、水着で入れる温泉もあり、家族連れもチラホラと。とはいえ、雨ということで、すきすきのお風呂で師弟で語り合い・・・

Dsc_0770 風呂から上がって、お食事。beer、おいしゅうございました。

 まだまだ天候の行方が不透明だったので、早めに切り上げて、帰熊しました。

 長野-沖縄-広島・吉和と駆け抜けた2週間ほどのわたしの夏休みもおわり、これから、9月にかけて、仕事(勉強)の書き入れ時。心して、過ごさないといけないなぁ~。

 

2013年8月22日 (木)

帰省(後半)@沖縄。

 熊本は、沖縄より、暑い!

Dsc_0739_2 ということで、先週末から、嫁の実家のある沖縄に行ってきました。

 沖縄のお盆は、原則、旧暦の7月13、14、15日。今年は、新暦8月19、20、21日が、沖縄のお盆にあたる3日間でした。

Dsc_0742 空港に降り立ったあと、日本最西端の駅からモノレールに乗りました。沖縄のモノレール(ゆいレール)は、開業から10年を迎えたとのこと。そうでしたか。

 ところで、例年なら旧暦のお盆期間にしか帰省しないのですが、今年は、少し前に沖縄入り。その理由は、義父の叔母さん(?)の法事(沖縄ではスーコーというらしい)があったため。25回忌とのこと。少し長い沖縄滞在となりました。

Dsc_0748 
 妻の実家ということで、いつも以上にじ~~っとしているのですが、そうすると、身も心も緩んでしまうので、時間を作って、ランニングしたりしていました。

 ランニング中にであったシーサーさんです。迫力ありつつ、どことなく愛嬌もあるシーサーさんでした。背景は、ガジュマルの木。沖縄に象徴というところでしょうか。

 

Dsc_0746 ただ、わたくしも、猫の手も借りたいときに、じ~~っとしてばかいいては評価も下がるということで、一宿一飯の恩義を果たそうと、ときにお買い物のお手伝いなど。沖縄でも、くまもん、いましたーーー。

 沖縄のお盆の3日間。初日はご先祖様をお迎えする「ウンケー」、2日目はお中元(お米やツナ缶の詰め合わせ、あるいは、現金が一般的)をもって親戚回りをする「ナカビ」、そしてご先祖様をお送りする「ウークイ」といいます。近年は、やっぱり、いろいろ都合があるので、時間があるときに、親戚を回ったり、迎えたりしているので、3日間は、気が抜けません。

Dsc_0759 という感じで、本年のお盆も無事終え、きょう、帰熊しました。

 これは、機内でいただいた「空弁」です。あぐー豚のメンチカツ・サンド、おいしかった。おやつの“月餅”もいただきました。


2013年8月16日 (金)

駅弁@鉄路。

 sun。残暑、続行中。花火大会でも火事あり大雨ありの様子。お見舞い申し上げます。

 とくに意図はありませんが、長野帰省の道中でいただいたものなど。

Dsc_0680 これは、新大阪駅で買い求め、“行き”の道中にいただいた、“近江牛ステーキ弁当”です。ステーキの他に、近江牛をつかったしぐれ煮、そぼろが入った豪華版です。冷めた牛肉はパサつく感じがあるものですが、これは、パサつき感などない、近江牛の味をじっくり味わえる一品でした。このあと運転の予定があったの、ノンアルコール・ビールとともに、いただきました。

Dsc_0741 これは、“帰り”の長野駅で購入した、“信州善光寺門前弁当”でございます。信州の名物を材料に、長野界隈の名店が調理したものが、贅沢に詰められています。文句なしのナンバー・ワンお弁当でしょう。お品書きと共に、このお弁当に参加されている各店の地図も添えられていて、長野観光のガイドともなるお弁当でした。

 ところで、ちなみに「長野」といえば、「長野市」のことを指します。長野市以外の出身の方は、出身地を決して「長野」とはいわず、「長野県」というはずです。ただ、一般に長野県人は、「信州」という誇り高い地名を好んでいると思われます。

Dsc_0744 帰路の名古屋駅で、おやつを購入しました。ご覧の通りの“みそかつ”様です。ビールbeer1本では足りない、濃厚なみそ味でした。

 てな感じで、飲み食いしては眠りZZZの繰り返しで西にむかいまして、

Dsc_0745 “帰り”の新大阪駅では、お上品に、“手まり寿司”を買い求めました。そういえば、新大阪では、大阪名物をいただいたことがないので、次回には、大阪名物のお弁当でもいただこうと思います。










 

2013年8月15日 (木)

帰省(前半)@長野。

 なんだか、蒸し暑さを感じます。

Dsc_0696 夏の帰省の前半戦、ここ数日は、長野に帰っていました。今週末からは、後半戦ということで、沖縄に行きます。

 長野ということで、とりあえず、いつものように善光寺さんに。盆踊り準備中でした。

Dsc_0698 そして、また、いつものように善光寺門前町の“サンクゼール”さんで、ワインを仕入れました。いつかは飯綱にある本社を訪れたいと思いつつ、まだ、実現していません。

 長野とはいえ、夏はやはり暑いもの。とくに盆地なので。とはいえ、風は随分、涼しく感じました。

 善光寺界隈でひとしきり買い物した後・・・

Dsc_0699 
 お盆ということで、お墓参りに行きました。わが家の菩提寺“丹生寺”さんです。小さい頃から、何度も何度も、いきました。

 という感じで、きのう、帰熊しました。実家から帰ると、リフレッシュ、というよりも、なんとなくダル~という感じの疲労が残るのは、なぜなのでしょうか。






2013年8月10日 (土)

模擬ゼミを終えて。

 まだまだsun

 いま、オープンキャンパスの「模擬ゼミ」を終えて、帰還しました。ゼミ生の優秀どころにお手伝いを要請したお陰で、うまくいったのではないか、と思います。

 少人数とはいえ、一斉にゼミしたのでは、なかなか意見も出ないと思っていました。そこで、今回はゼミ生にお願いして、少人数のさらに少人数グループで意見を出し合ってもうという形式にしてみました。短い時間で議論を深めるというところまでは行かなかったでしょうが、それでも、大学生とともに議論してみるということで、オープンキャンパスの意義はあったのでは、と思います。

 わが社に少しでも興味をもってもらえるとよいのですが・・・。ゼミ生、大学生も若いですが、高校生は、さらに若いですね。わたくし、もうほんと、「お父さん世代だわ」(笑)。

 ところで、これで、わたしは夏休みに入ります。あす、実家のある長野に帰省です。例によって、鉄路でbullettrain

オープンキャンパス実施中。

 sun

 現在、わが社は、オープンキャンパス実施中!多くの高校生に来学してもらっています。

 14時30分からは、わたしも「模擬ゼミ」を実施します。お題は「代理出産 是か非か」。さて、どのような議論が展開されるでしょうか。

2013年8月 8日 (木)

立秋ということで・・・

 suncloud

 きのう、立秋だったようですが・・・、まだまだ「残暑」という感じではありませんね。つい最近、定期試験業務がおわったばっかりですし・・・、そんなに早く夏が終わってもらっては、困りますものね。

 いまは原稿を書きつつ、週末のオプキャン準備してます。ことしのオプキャンでは、高校生相手のゼミを担当するので。数年前にも担当したのですが、なんとなく、低迷だったように思うので、また、もともと、ゼミ、得意ではないので、今回は、現役ゼミ生にお手伝いをお願いしました。きっとうまくやってくれることでしょう。

 それが終わると、いよいよ帰省します。そのあと、先生の別荘にお呼ばれしたりで・・・、8月は、夏休み満喫!といいたいところですが。やっぱり筆債務も気になる、きょう、この頃です。

 

2013年8月 5日 (月)

ゼミコン@十徳や。

 夜のrainthunderthunderthunder、すごかった。

Dsc_0681 4年生のゼミ生と会食しました。下通り付近の“十徳や”さんです。就職が決まったり結果待ちだったりで、なんとなく微妙~~な感じの今日この頃ですね。

 また、4年生といえば進路もそうですが、それと同時に、単位の「星読み」も重要なところ。とくに難易度の高い科目については、慎重にやっていかないと、あとで大変なことにーーー。

Dsc_0680 という感じなのですが、きのうは、本を出すお話なども。「あとがき」とかのフレーズに憧れ、本を出してみたいとか・・・。そう、「あとがき」は、誰でも書けるのです。そこに辿り着くまでが・・・。学生がいうみたいに、本を出すということ、誰にでもできることではありませんよね(って、わたしがいうと変なのですが)。

 なんて、夜も更け、おそらく最後であろう夏休みのはじまり、というところでしょうか。

 

2013年8月 4日 (日)

速報!憲法Ⅱ。

 rainthunderthunderthunder

 1日に実施した 憲法Ⅱ(統治機構) の採点が終わりました。半期間、わたしの講義を聴講していただき、ありがとうございました。ここに感謝の意を表しつつ、試験結果を公表いたします。

 【受験者数】 210名。

 【秀】 25名(11.90%)。

 【優】 34名(16.19%)。 ここまで、28.01%。

 【良】 53名(25.24%)。

 【可】 54名(25.71%)。 【単位取得率】 79.09%。

 【不可】 44名(20.95%)。

 なお、すでに SOSEKI 入力してあります。あす以降、個別の成績も閲覧可能だと思います。また、Web-CT に定期試験の解答とコメントのプリントを掲載しております。是非、参考にしてください。

 それでは、みなさま、よい夏休みを!

2013年8月 3日 (土)

カフェ・ド・水道町。

 suncloud って感じか。

 1日に定期試験が終わったのですが、なんとなく、採点作業が滞っています。これが終わらないと、夏休みにならないーーー。

Dsc_0689 きのう、LS志望の4年生を対象に、わが社の卒業生の弁護士さん、修習生さんのお話を聞く機会がもうけられました。わたしも参考までに、出席しました。

 やはり、卒業生かつ合格者のオーラには、勝てません。出席者には大いなる刺激になったことでしょう。

 その後、出席した教員で、食事会にいきました。“カフェ・ド・水道町”さんに。そこでは、スポンサー先生もお待ちかねで・・・。

 法学系部局をもつどの大学でも、昨今の業界状況は、混乱ないし混沌というところ。わが社も例にもれず、このあとどうなっていくのか、あるいは、どうすべきなのかとの議論があったり、なかったり・・・?こういう話に、どの程度、真剣になるべきかのか、あるいは、主体的になるべきなのか、いまいち、はかりかねているわけで・・・。誰かが適切に決めてくれれば、それでいいのですが・・・。「誰か」って、誰?

Dsc_0691 そうそう、このカフェ・ド・水道町さん、三号線・水道町バス停側にも、入り口があります。そこは、お酒屋さんになっています。こんな感じの入り口です。

 まぁ、いついかなるときにも、われわれがすべきことは、研究であるわけで。そのためには、まずは、採点作業を終えねばと思いつつ、家路を急ぎました。




2013年8月 1日 (木)

WG@古酒屋・和来。

 cloud

 きのう、1年生の前期提供科目「基礎演習Ⅰ」のFDがありました。FDというのは、ファカルティ・ディベロップメントの略で、よりよい講義をめざす担当教員による研修会です。

 基礎演習Ⅰというのは、新入生に大学、法学部でなにをどのように学ぶかについてをお話する、20人程度のゼミです。履修のガイダンスにはじまり、法令・判例の読み方、資料の探し方、レポートの書き方、報告の仕方などなど、を学びます。工夫された自己紹介カードを使っている先生、学生同士による報告評価(ピア・レビュー)を取り入れている先生など、大変、参考になるFD会でした。

 そのあと、密命WGが開催されました(密命というわりには、公にされている)。

Dsc_0682 会場は、熊本・上乃裏にある“古酒屋・和来”さんです。「密命」というのは、学部の将来構想をどうする?というものです。ようするに、斜陽産業である大学業界のなかで、さらに最近、なんとなく元気のない法学系の部局として、これからどのような研究・教育組織のもとで、学生を迎え、また、みずからの研究をするのか、ということについての「構想」を練る、というところでしょうか。

Dsc_0687 と、なんとなくもっともらしいことを言いましたが、そこは、飲み食いしながらの話し合いだったので・・・、(以下、自粛)。このお刺身、きれいですよね。

 そうそうこのお店には、わが社の2年生がバイトしていた模様。○○先生の奇声や××先生の悲鳴が聞こえていませんように・・・。しかし、わたしの試験の前日にバイトしているとは、いい度胸しています。できが楽しみですね~。

 ということで、二次会は、上通りのでワインwineをいただいて、本日、帰還。

 いま、定期試験から研究室に戻りました。答案、210枚ゲット。週末は答案と格闘です。

 本日「憲法Ⅱ」の試験を受験された、すべての方、お疲れ様でした。みなさんの真剣な表情をみて、全員を合格にしたいところです・・・が・・・。採点終了後、すみやかに、このブログにてお伝えいたします。


« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30