無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 爪と目 | トップページ | 立花隆の書棚 »

2013年8月28日 (水)

憲法の創造力

 sun。30℃超えも、あきの乾燥した空気ゆえ、若干の凌ぎやすさも。

 いま、若手の憲法学者で一番注目されている、木村草太さんの『憲法の創造力』(NHK出版新書、2013年)を読みました。

 「憲法入門書」とくに、文庫、新書のレベルでそう銘うつものがたくさんある中で、本書は、埃にまみれた法概念に拘泥することなく、かといって、「人権」、「平和」と宙に浮いた議論を展開するのではなく、「実践的な憲法入門」となっています。しっかりした憲法解釈論をもつ著者だからできることなのでしょう、脱帽です。

 本書は、「君が代」裁判をめぐる教員の思想の自由の問題、投票価値の平等の問題、裁判員制度の問題、仮設住宅の問題など、身近にある今日的テーマで読者を憲法問題に導いてくれています。人権論を一通り学び終えたであろう学生に、つよく薦めたい一冊です。

« 爪と目 | トップページ | 立花隆の書棚 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/53063202

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法の創造力:

« 爪と目 | トップページ | 立花隆の書棚 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31