無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« セ試うち上げ@チャコール玄。 | トップページ | つる乃湯 → ジェラテリア・カプリ。 »

2014年1月25日 (土)

最終講義。

 cloud → 午後から rain の予報。

Dsc_1063 この時期になると、本年度末で定年退職される先生の「最終講義」が、大学内で実施されます。きのうは、法学部でも、最終講義が実施されました。

 33、34年勤務された先生の、それも、最後の講義は、やはり聴衆になにかを感じさせるものがあると思います。長らく民法を誠実に講じられてきたお人柄が窺われる講義でした。“飛び道具”、“パフォーマンス”全盛のいま、法学教育、法解釈のなんたるかを、後人に遺すものでした。

 そのあと、学内施設であった懇親会に出席しました。そこには、別部局で定年退職される先生も来られていました。LSでの講義は非常に勉強になったこと、留学したときの人脈を大切にされていることなど、わたしにとっては、非常に意義深いお話を伺うことができました。「人気がないから学内業務をしなくて済んだ」とも仰るこの先生に、大学人としての“あるべき姿”のようなものを感じました。「あなたの研究は非常に面白い」と仰っていただけたことも、心に残りました。

Dsc_1066 ということで、二次会に。きのうは、熊本・上通り、入ってするの2階“坐・和民”さんに。

 ここでは新旧LS長もおられて、悲喜こもごも。任期が終わる先生の饒舌なこと、饒舌なこと。憑き物が取れた感じでした。それに比べて、4月からの方の方はというと・・・。

 LSと法学部、わが社における法学教育については、まだ見解の相違があります。それは、わが社における「法学教育」という意外と本質に関係する重要なところに拠るものであるようにも感じます。組織論にしろ、研究・教育の中味(実体)にしろ、これから議論をつくすべき論点は、多々あるように思います。

Dsc_1064 そして、水面下(居酒屋)ではいざしらず、表では、まだ、両部局の議論ははじまっていない、とも感じています。土俵に上り、見合っている感じ・・・って、この時点から相撲はすでにはじまっているのでしょうけど。まぁ、一介の素教員であるわたしに、なにがわかるわけでもないのですが。

 ということで、上の先生に“大学人としてのあるべき姿”をみたわたしは、まだ言いたいことだけ言って、あとは学部長先生以下諸先生方にお任せ、ということでよいのだと思います。


 

« セ試うち上げ@チャコール玄。 | トップページ | つる乃湯 → ジェラテリア・カプリ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

飲食店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/54737156

この記事へのトラックバック一覧です: 最終講義。:

« セ試うち上げ@チャコール玄。 | トップページ | つる乃湯 → ジェラテリア・カプリ。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31