無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« ゼミ会@よねビアー。 | トップページ | 地域に学ぶ憲法(Part. 2)【講師紹介編】 »

2014年5月31日 (土)

地域に学ぶ憲法(Part. 1)。

 本ブログの読者各位におかれましては、時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。ということで、「告知」を。

20140617
 熊本大学法学部では、以下の日時に、憲法シンポ「地域に学ぶ憲法」を開催します。

 日時:2014年6月17日(火)、14時30分~16時00分。

 場所:B1講義室。

 わたくし、常々は、標準的な憲法教科書(といいても、自著ですが、)を使用して、標準的な憲法講義をしております(自称ですが、)。そこでとり上げる憲法判例、憲法理論は、きっと、全国のどの憲法講義でもほぼ同じものである、と思います(この意味での、標準的教科書・標準的講義)。

 ただ、そこでとり上げられている憲法裁判、憲法問題は、それぞれ、個別の「地域・地方」で発生しています。でも、いわゆる標準的憲法論は、本当は上のような法的紛争が実は個別の「地域・地方」で発したものであるという事情を捨象したなかに、普遍的憲法理論をみようとしています。ところが、実は、ここで捨象された、捨て去られれしまった「地域・地方」の固有の事情にこそ、当の法的紛争の本質的な意味を理解するための重要な視点が提供されているのではなかろうか。

 こうした視点から書かれた本に、2011年に日本評論社から出版された『地域に学ぶ憲法演習(新井誠・小谷順子・横大道聡編著)があります

 「地域・地方」に固有の事情のなかで生じた憲法問題から、その特殊事情を捨象してしまった憲法議論は、現実性に欠け、したがって、逆に普遍性が弱められているのではないか、というのです。

 6月17日(火)4限の「憲法シンポ」では、上の『地域に学ぶ憲法演習』の編者、著者である3名の先生(新井誠先生、木下和朗先生、横大道聡先生)をお招きして「地域・地方」の特殊事情をと普遍的な憲法の議論を架橋する試の一端を、お話いただこうと思います。

« ゼミ会@よねビアー。 | トップページ | 地域に学ぶ憲法(Part. 2)【講師紹介編】 »

告知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/56365371

この記事へのトラックバック一覧です: 地域に学ぶ憲法(Part. 1)。:

« ゼミ会@よねビアー。 | トップページ | 地域に学ぶ憲法(Part. 2)【講師紹介編】 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31