無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« そして、月末。 | トップページ | 懇親会@佳昇。 »

2014年8月31日 (日)

読書脳

 cloudsun

 ちょくちょく読んできた、立花隆さんの『読書脳 ぼくの深読み300冊の記録』(文藝春秋社、2013年)を読み終えました。

 本書は、立花さんと東大図書館副館長・石田英敬さんによる「読書の未来」と題する対談と、立花さんの「週刊文春」で連載「私の読書日記」の2006年12月7日号から2013年3月14日号までを収めたものです。

 立花隆さんと言えば、稀代の蔵書家で、その書棚の様子は、このブログでも紹介したことのある『立花隆の書棚』(中央公論新社、2013年)で窺うことができます。

 わたしも立花さんを目指して本を読んだり、買ったりしていますが・・・。規模が違いますね。一方は「知の巨人」、他方は「知の凡人」(笑)。それでも、立花さんにあやかろうと、『ぼくはこんな本を読んできた』(文春文庫、1999年)に引き続いての「書評集」を読みました。

 それにしても、立花さんの読書は凄いですね。羨ましい限りです。『読書脳』での対談にもあるように、

 「何かものを考える上で、いまでも本は重要だと思いますね。結局、『考える』という行為は頭の中で言葉を並べていく行為ですから、言葉を並べることで著者の思考過程を伝えるメディアである本を読むことが考えるのにいちばん役に立ちます。『書き言葉』の使い方を学ぶのにも本を読むことがいちばんです。」(15頁)

 とあります。本当、そうだと思います。読書の少なさ、常に身にしみます。その立花さんでも、

 「社会に出て一番感じた変化は、本を読む時間がこれほど減るのかということでした。・・・ ほんとに学生時代と社会人になってからでは、本を読める時間が全然違いますね。」(33頁)

 と言っています。そうなのでしょうね。「社会人」になったことのない(笑)わたしは、少ないながらも、学生時代と同じくらい・・・とまではいきませんが、読書を心掛けています。といっても、仕事のためのものが、ほとんどですけどね。読書は、やっぱり、仕事とは関係ないものが面白いですね。「面白い」からこそ、仕事ができないのですが・・・

 ということで、『読書脳』で紹介されている本、読みたいな~と思うものには付箋をつけたのですが、きっと読めないでしょうね。なんて言っては身も蓋もないのですか。

 ところで、皆さんは、本にどのくらいお金を掛けていますか?立花さんの『ぼくはこんな本を読んできた』には、「まずは金を使う」という小見出しの下、こんなくだりがあります。

 「私はまず大金を持って神田の書店街にいく。・・・“大金”というのは、私の生活水準からすると、3万円ぐらを意味する(1975年当時)。必ずしもこれで全部本を買ってしまおうというのではない。3万円持っていれば、1万5000円ぐらいまでは気軽に使える。欲しい本を前にしてケチらないですむように、懐は必要以上に暖かくしておいたほうがよい。」(67頁)

 わたしも人並みには本を買っていると思いますが・・・。そういえば、長野市出身ということで勝手に私淑している作家の日垣隆さん本にも、娘にはお金に制限なく本を買ってあげている、というところがありました。

 やっぱり当代、名のある人は蔵書家なのですね。

 

« そして、月末。 | トップページ | 懇親会@佳昇。 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/57239750

この記事へのトラックバック一覧です: 読書脳:

« そして、月末。 | トップページ | 懇親会@佳昇。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31