無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 教授会のあとの会。 | トップページ | 例年のこと。 »

2015年2月23日 (月)

週末の読書。

 cloud。東京、大阪、名古屋とか温暖のようですが、ここはそうでもありません。普通~か。

Dsc_2210 ここのところ、緊張感のない日々です。だからというわけではありませんが、この週末には、師匠・阪本昌成先生が『書斎の窓』に2001年4月号から2002年3月号(つまり、2001年度〔平成13年度〕)に掲載した「判例をとおしてみる憲法の話」を再読しました。

 その第1回「語りうるもの vs. 語りえないもの」(書斎の窓503号)の冒頭で、先生は「魔性を感じさせる学者」が好きである、と言われます。それは、ドイツ憲法学でいえばC・シュミット、わが国の憲法学でいえば小嶋和司、尾吹善人、そしてここにはありませんが、広大のコリーグだった中川剛、哲学でいえばL・ウィトゲンシュタイン、経済学でいえばF・ハイエク、M・フリードマンらのことを言います。こういう「魔性を感じさせる学者」の思想に影響をうけたであろう先生の目でみた憲法判例、憲法学説の欠陥が語られている連載です。

 最近、故あって先生の「業績目録」を作成したさい、あぁ、そういえばこういう文章もあったなぁ~、と懐かしく思い、再読しました。連載当時、わたしは助手を終え、最初の赴任地でこれを手にしていました。こんどは、先生の思考に、そして、少なからずわたしの思考にも影響を与えている「魔性を感じさせる学者」のもの(一部はよく読みました)も読んでみたいと思います。

 そのあと、いまをときめく若手憲法学者、木村草太さんの『テレビが伝えない憲法の話』(PHP新書、2014年)を読みました。

 本書の冒頭で本書のテーマが語られています。それは「憲法について考え、議論するのは、とても楽しい」ということを伝えることである、と。なんだか、頭のいい人は言うことも違うなぁ、と感じました。

 また、各種のメディアで磨かれた思考で、ときの為政者、改憲勢力について舌鋒鋭い批判をあびせているところとか、立派だなぁ、と思いました。“世界史を学び直せ”とか。わたしも学び直そうと思いました。

 日本国憲法についての木村さんの評価は、「立憲主義を実現する法技術上の文書としては、よく練られているし、外交宣言としてもその内容は極めて真っ当な内容である」(190頁)というものです。その「アバンギャルド」(いい意味で)の風貌とはうらはらに、まことにオーソドックスな思考。哲学者・思想家の大澤真幸さん、そして、最近亡くなられた奥平康弘先生との対談本も読んでみたいと思いました。

« 教授会のあとの会。 | トップページ | 例年のこと。 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/59033584

この記事へのトラックバック一覧です: 週末の読書。:

« 教授会のあとの会。 | トップページ | 例年のこと。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31