無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 宇波彰『引用の想像力』(冬樹社) | トップページ | 週末の読書。 »

2015年2月19日 (木)

教授会のあとの会。

 わたしにとっては、もう、夜(現在、19時00分)。

Dsc_2205 きのうの教授会のあとも、いつものように「交流会」がありました。なんとはく、成績入力もおわり、しかも来年度まではまだ時間があるということで、みなさん「おひま」なのかと思っていたら、教授会そのものにも、いつもより多めの空席が。教授会からの流れ、ということで、「交流会」も若干、少なめ。わたしは、幹事先生のつぎ、2番目に参上しました。

 ところで、この会、いつも幹事先生がいろいろと準備してくれています。ただ、幹事といってもまったくのボランティア。仕事でもないし、まったく義務的なものでもないのですが、それでも、いつもいつも準備していただいています。まったく、頭の下がる思いです。最初の頃は、それでも「お手伝いしましょうか」的な感じのことを口にしていたわたしですが、いまは、それすら言わず、遅れてきては読み食いして帰るだけ。あぁ、なんて下品なのでしょう。

 そして、この会自体が任意参加のため、毎回、誰がどのくらい参加するのかわかりません。何となくメンバーは固定化しつつあると思うのですが、それでも、幹事先生は、毎回、今回は何人来てくれるのか、あるいは、きょうは果たして誰か来てくれるのか、と感じていると思います。(本人の気持ちをわたしなどが慮れるものではないのですが、でも、わたしならそう感じるのではないか、と思う)。

 でも、この会、はっきりいって、いままでのどの教授会よりも、また、どのFDよりも、充実した議論、討論がなされてきたと思います(これはこれで、語弊ありか。まぁ、いい)。わが社の研究教育にとって、大きな意義をもつものになっていると思います。

Dsc_2206 で、きのうは、その幹事先生が、嬉野のお酒を差し入れてくれました。「東一」。フルーティーなのどごしの読みやすいお酒でした。美味しかった。

 これから年度末。わが社でも大きなヤマがあるのではと予想され、年度がかわると、結構、怒濤の日々がはじまる悪寒さえします。ただ、こういうところで議論している皆さん、ときに毒吐かれますが(お前もだ!)、本当に生き生きしていると思います。だから、わたしは、皆さんから多くを学びたいと、なるべく酔わないようにしています。ということで、結構、正確に覚えています(ヒッ、ヒッ、ヒッ・・・)。性格悪いのです(おやじぎギャクか!)。

 と、話が無駄話になってきたので、幹事先生に感謝しつつ、この辺で。




« 宇波彰『引用の想像力』(冬樹社) | トップページ | 週末の読書。 »

お酒」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/58992884

この記事へのトラックバック一覧です: 教授会のあとの会。:

« 宇波彰『引用の想像力』(冬樹社) | トップページ | 週末の読書。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31