無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月28日 (木)

「青本」と「緑本」。

 くもり cloud。空模様とはうってかわって、気持ちは晴れ晴れ。というのも、よ~やく、2冊揃ったからです。

Dsc_2662 右は、昨年の3月に有信堂高文社から出版した『憲法Ⅱ 基本権論』(通称、「緑本」)です。そして、左が、本日の午前10時くらいに大学に届いた『憲法Ⅰ 総論・統治機構論』(通称「青本」)です。

 西側(京都側?)の体系概念に従って、Ⅰで「統治論」を、Ⅱで「人権論」を書きました。ただ、わが社での講義は、1年生に配当されている「憲法Ⅰ」では「基本権人権」論を、2年生に配当されている「憲法Ⅱ」では「統治機構」論を説かなければならないので、出版の順はⅡ(昨年)→Ⅰ(今年)と逆になりました。

 いずれにしても2012年8月6日に1枚目の原稿を書き始めて以来、正確には2015年5月25日(今週の月曜日に出版社に納品されたとのこと)までで2冊、書き上げることができました。

 この2年と10ヶ月、ふり返ってみれば、自分でもよくやったと思います。実際に書き始めるより数年前に「いずれは書いてほしい」とは言われていたのですが、当時のわたしは、わたしの先生のモノを使って講義していたので、それで満足していました。また、先生の「目の黒いうち」(まだ目は黒い)は、先生の手前、自分のものを書くという気持ちにもなれませんでした。

 でも、そんなわたしの心を揺るがす出来事が、3年前の春にありました。ある同僚先生が、わたしの憲法論に「噛みついて」こられたのです(笑)。その先生の法理論とわたしの憲法論はあわないと理解されていたのでしょう。でも、その先生の「勢い」に圧され「及び腰」、「弱腰」。自分の主張を正々堂々と語るその先生が眩しく感じられたものです。

 その先生は、もうこのことは忘れてしまっているでしょう。また、意外と多くの目撃者もいたと思いますが、まわりの先生も、ほぼ、忘れているでしょう。ただ、わたしには、忘れなれない出来事でした。わたしは常々「書いたモノで勝負しなければならない」と思っていたので、講義に一通り目処がつくその夏から筆を執らなければならない、とつよく思ったものでした。

 でも、こんな青二才が憲法学の体系を語るのは、けっこう「しんどい」ことでした。それでも、1枚、また1枚、1節、また1節、そして、1章、また1章と原稿が増えていくうちに、その気になって・・・、なんとか最後までたどり着くことができました。

 同僚先生とのあのやり取りがあって、こうして2冊の本は成りました。執筆開始の動機をいただいたことに感謝しております。刺激的な同僚先生に恵まれたと思います。

 ただ、まだまだ、これでようやく自分の憲法学を講じるスタートラインに着けたに過ぎません。これから、多くの読者を得て、版を重ねられるように、精進していかないといけませんね。「緑本」そして、きょうの「青本」は、まだ通過点に過ぎないのでしょう。

 この「青本」は、現在進行中の講義「憲法Ⅱ」の教科書です。教科書の出版が今頃になってしまったという点については、学生諸氏に迷惑をかけてしまいました。過ぎ去ってしまった時間はいくら誤っても戻ってはこないので、せめて、これからの時間、この本をつかって有意義な「憲法Ⅱ」にしてもらいたいと思います。

2015年5月21日 (木)

パイシュー誕生会。

 sunsunsun。誕生日だから特別トリプル晴。

Dsc_2638 昼休み、1年生によばれてゼミ室にはいると・・・、黒板にデコが!

 なんだか青春学園ドラマのよう。きょうが誕生日だとあっちこちで吹聴していた甲斐がありました(いや、甲斐はいなかった、笑)。嬉しいやら、恥ずかしいやらで・・・

Dsc_2642 そして、きょうは月に一度の「パイシューの日」。わが生協では月に一度だけ、大量にパイシューを仕入れ販売する日があります。このパイシュー、パイシュー自体も美味しいのですが、月に一度しか販売がないということで話題性もあり、毎回、相当な売り上げを記録しているよう様子です。今回は1300~1400個くらい、という感じでは。

 その「パイシューの日」が偶然にもわたしの誕生日に重なったということで、1年生のゼミ生が「パイシュー誕生会」を昼休みに企画してくれました。またまたよい学生に恵まれました。1年生のゼミは名簿順なのでまったくの偶然なのですが。

 ゼミ生どうし、もっともっと仲良くなってもらいたいと思います。また、何かあったら、彼・彼女らに頼ってもらえる教員でいたいと思います。とりあえず前期、そして、その後も、どこかでつながっていられたら、と思いました。

 あ~あ、いい一日だった!




2015年5月16日 (土)

部長亭。

 cloud

 昨晩、部長先生のお宅にお呼ばれしました。もう何度目になるでしょう。日常、粗食のわたしに、いつもご馳走してくれます。

 昨晩は、少人数でしたが、意外と、あたらしいメンバーでした。また、教員ではない目で、教員の日頃の行いとか聞けて、楽しい時間でした。やっぱり、教員ではない目は新鮮ですね。教員同士なら、評価は研究が一番なのですが、事務方からすると、そうではないのですね(そりゃ、そうですよね)。いかに常識人でいられるかが、重要だと思いました。

 大学は相当程度、事務方でもっています。それは、数年前に教務委員長をしたときに感じました。当時の担当者の方は、わたしがアイデアを適当に伝えると、それ以上の「絵」を描いてくれました。有り難い経験をさせてもらいました。

 でも、大学は教員が形式的には運営主体です(大学の自治の主体も、本体部分は教員組織、学部でしょうから)。だから、教員は頑張ってしまうのですよね。ただ、そもそも事務の人の力を借りつつ業務遂行しないと、当然うまく行きませんよね。最近、夙に感じています。

 なんてことを感じつつ、昨晩も美味しいご馳走をいただきました。部長先生、ほんと、いつもいつもありがとうございます。美しいお料理に相応しくない毒ばかりで申し訳ありません。また、いつも片付けもせずに・・・。このご恩は、お仕事でお返ししたいと思います(できそうにもありませんが)。

Dsc_2608Dsc_2609Dsc_2611Dsc_2612Dsc_2613Dsc_2614




Dsc_2617Dsc_2618Dsc_2619


















2015年5月12日 (火)

昔の先生と会食@とく寿。

 raintyphoon。はやくも、台風、接近中。

Dsc_2604 きのう、東京のとある大学のLS説明会がわが社で実施されました。そこに研究科長としてお越しになった先生は、わたしが大学院生の当時はその大学にお勤めだったということで、夜の会食にも参加しました。

 わたしが大学院の頃から気さくに接してもらっていた先生で、もう15年くらいはお会いしていなかったと思うのですが、当時と同じようにお話しいただけました。別専攻の学生だったわけですが、当時、見守っていただけたお陰で、いまこうしてわが社に勤務できていることを有り難く感じました。

 わが社のS先生のお師匠様でもあるその先生には、旧知の人がわが社に多く、とても和やか、かつ、くだけた楽しい会食になりました。

 この先生は、医事刑法の第一人者でもあるので、また熊本にお招きして、今度は学問、研究のことについて学生にお話しいただけたらと思います。

 ところで、会食のお店は、南坪井の“とく寿”さん。いつものように、昨晩いただいたものです。

Dsc_2594Dsc_2596Dsc_2597Dsc_2601Dsc_2603Dsc_2599_2



















 

2015年5月10日 (日)

法学部合宿研修。

 sun

 昨日から今日にかけて、わが社では、恒例の「1年生合宿研修」が阿蘇で行われています。

 この合宿研修は、法学部行事実行委員会という学生団体が企画し実施するわが社の「学生行事」のうち、最大のものです。ということで、教員はお願いされるままに宿泊場所に集まり、1年生とお話しし、クイズ大会に参加し、夜は・・・(以下、省略beerwinebar)という感じで、気楽に参加されてもらっています。

Dsc_2556 わたしが「昼の座談会」を担当した1年生グループと記念撮影してもらいました。1年生たちは道中のバスのなかですでにアイスブレイクしていたようで、すでに仲良くなっていました。みんな、『弱虫ペダル』、共有していこう!

 ただ、そのあとの「法学部クイズ大会」では、なぜかブービーメイカー。わたし(とGLの子)は、昨年に続き、クイズ大会2連敗。どっちかの行いが・・・(以下、自粛)。来年こそは疫病神にならないようにと思います。

 そのあと、夕食、温泉、「座談会夜の部」・・・と夜は更け、あさになり・・・

 きょうは阿蘇ファームランドでお土産買ったあと、「熊法大運動会」という日程のようです。わたしは、あさ、一足先に阿蘇から下界に戻りました。

 この合宿研修は、1年生にとって、もちろん、思い出深い1泊2日だと思います。ただ、行事実行委委員会の2年生、3年生にとっても感慨深い合宿のようです。例年、この合宿を境に3年生から2年生への代替わりがあり、それぞれにとって大学生活の「一区切り」となる合宿だからです。

 ということで、3年生にとってはこれから1年間、2年生がちゃんと行事実行委員会を運営できるようにこの合宿の日までに育てなければならない。そして、2年生は、この日までに3年生に追いつかないといけない。そういう過程をそばから見ていて、わが社の学生は立派だなぁ、とあらためて思いました。そして、合宿の企画・運営なんて、ものすごく大変でしょうが、それを楽しそうにやっている行事実行委員会のみんなを、なんだかいいなぁ、と感じました。

 てな感じで、今年も恒例の合宿研修に参加できて、わたしとしてもよい週末になりました。

2015年5月 6日 (水)

法事で帰省。

 sun。みなさんのGWはどんな連休でしたか。

 わたしは、実家で法事があったので、長野に帰省しました。長野は、善光寺さん7年に1度の「御開帳」で、大賑わいでした。

Dsc_2541 善光寺の本尊は「一光三尊(いっこうさんぞん)阿弥陀如来」ですが、これ、654年以来、秘仏で、人びとの目にふれることはありません。

 この本尊のかわりに鎌倉時代に「前立本尊」が造られたのですが、これも7年に1度の御開帳のときにしか、お姿を拝むことができないとのこと。

 で、その7年に1度の御開帳が今年と言うことで、長野は大賑わいでした。

 ただ、それでもこの「前立本尊」にふれることはできません。で、その手と綱で結ばれた「回向柱」が本堂前に立っています。これとふれることは「前立本尊」にふれたのと同じ御利益があるとのことで、その時点で、2時間待ちくらいです。

 ところで、この御開帳、7年に1度なので、まだ長野暮らしだった頃、何度か遭遇しているはず。なんだか、あんまり記憶にないんですよね。これもオリンピック以降のイベント感があります。また、法事でお世話になった住職さんによると、7年に1度というのは、最近の話とのこと。前は、門前町の人たちが「善光寺さん、そろそろでは」との話がでて御開帳、ということだったようです。

Dsc_2539 なにはともあれ、北陸新幹線開通、そして、善光寺御開帳にあわせてJR長野駅も新装されたこともあり、活気ある長野でした。




« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30