無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 法事で帰省。 | トップページ | 昔の先生と会食@とく寿。 »

2015年5月10日 (日)

法学部合宿研修。

 

 昨日から今日にかけて、わが社では、恒例の「1年生合宿研修」が阿蘇で行われています。

 この合宿研修は、法学部行事実行委員会という学生団体が企画し実施するわが社の「学生行事」のうち、最大のものです。ということで、教員はお願いされるままに宿泊場所に集まり、1年生とお話しし、クイズ大会に参加し、夜は・・・(以下、省略)という感じで、気楽に参加されてもらっています。

Dsc_2556 わたしが「昼の座談会」を担当した1年生グループと記念撮影してもらいました。1年生たちは道中のバスのなかですでにアイスブレイクしていたようで、すでに仲良くなっていました。みんな、『弱虫ペダル』、共有していこう!

 ただ、そのあとの「法学部クイズ大会」では、なぜかブービーメイカー。わたし(とGLの子)は、昨年に続き、クイズ大会2連敗。どっちかの行いが・・・(以下、自粛)。来年こそは疫病神にならないようにと思います。

 そのあと、夕食、温泉、「座談会夜の部」・・・と夜は更け、あさになり・・・

 きょうは阿蘇ファームランドでお土産買ったあと、「熊法大運動会」という日程のようです。わたしは、あさ、一足先に阿蘇から下界に戻りました。

 この合宿研修は、1年生にとって、もちろん、思い出深い1泊2日だと思います。ただ、行事実行委委員会の2年生、3年生にとっても感慨深い合宿のようです。例年、この合宿を境に3年生から2年生への代替わりがあり、それぞれにとって大学生活の「一区切り」となる合宿だからです。

 ということで、3年生にとってはこれから1年間、2年生がちゃんと行事実行委員会を運営できるようにこの合宿の日までに育てなければならない。そして、2年生は、この日までに3年生に追いつかないといけない。そういう過程をそばから見ていて、わが社の学生は立派だなぁ、とあらためて思いました。そして、合宿の企画・運営なんて、ものすごく大変でしょうが、それを楽しそうにやっている行事実行委員会のみんなを、なんだかいいなぁ、と感じました。

 てな感じで、今年も恒例の合宿研修に参加できて、わたしとしてもよい週末になりました。

« 法事で帰省。 | トップページ | 昔の先生と会食@とく寿。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法学部合宿研修。:

« 法事で帰省。 | トップページ | 昔の先生と会食@とく寿。 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31