無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 「青本」と「緑本」。 | トップページ | 3年ゼミ飲み。 »

2015年6月12日 (金)

高校訪問@鹿児島。

 きょうはsun。きのうは凄かったですねrain

Dsc_2678 きょうは「お仕事」で鹿児島に行きました。ということで、写真の観覧車はオアズケです。

 その「お仕事」というのは「高校訪問」です。近年、多くの大学(とくに私大)では、自校の昨年度の就職実績と次年度の入試概要がまとまったところで、「高校訪問」をしていると思います。わたしは、現在の勤務校で、はじめてこの「お仕事」を依頼されたので、きょうは、鹿児島に「高校訪問」に行きました。

Dsc_2686 「お仕事」での外回りということで、途中で立ち寄ったローソンにあった、これらもオアズケです。そういえば、鹿児島はローソンが多かったような・・・

 いくつかの高校の進路担当の先生とお話しさせていただいて感じたことは、わが社はなんて幸せな大学なのだろう、ということでした。

 行った先々でわが社の印象を伺ったら「難関校」、いまは別のところを志望していたとしても、現実的には「一番行きたい大学です」とおっしゃっていただきました。

 それは、前任校とは違う経験でした。前任校でも「高校訪問」を毎年していたのですが(と言っても、前任校には3年半しかいませんでしたが・・・。LSが大変なときに移籍したということで「○○三悪人」と2チャンネルでたたかれたものです・・・遠い目)、そのときにはお世辞でも聞いたことがないお言葉でした。

 また、伺った高校の進路指導の先生方は、みなさん、わが社の入試制度、科目を熟知しておられたのも、上の有難いお言葉を裏づけているなぁ、と思いました。実際に生徒さんをご指導していただけているのだろうなぁ、と。入試制度や科目について、貴重なご意見を伺い、議論できたのも収穫でした。

 「高校訪問」って、世間を知らない(というか、大学に閉じこもり、社会に出たことのない)、わたしには、やっぱり「苦痛」なお仕事で、できれば、あんまりやりたくないと感じていたものです。これは、前任校でも同じです。ただ、実際に高校の先生とお話しさせていただくと、これからの教育や学部運営にとって貴重なご意見をいただいたと感じました。こういう感想も前任校のときと同じです。

 いままでの大学教育は(といっても、若輩者のわたしに何がわかるわけではありませんが)、一方的な教育だったと思います。ただ、これからは、真の意味での「高大連携」が求められるとき。高校訪問を通していただいたご意見を少しでも自分のこれからの教育に生かせればと思います。高校訪問って、こう考えると、FDの一種ですよね。

Dsc_2694 ということで、きょうの与えられたお仕事は、ひとまず、実現できたと思います。

 アポの予定をこなすのみで「心の余裕」がなかったので寄ることができなかったので、帰宅後、セブンで購入し、きょうの疲れを癒しました。

 きょう、お伺いした高校です。

Dsc_2680Dsc_2683Dsc_2688Dsc_2691












« 「青本」と「緑本」。 | トップページ | 3年ゼミ飲み。 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/60357634

この記事へのトラックバック一覧です: 高校訪問@鹿児島。:

« 「青本」と「緑本」。 | トップページ | 3年ゼミ飲み。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31