無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月30日 (木)

憲法Ⅱ受講生へ。

 sun。暑っついですね。そんななか、本日は、憲法Ⅱの定期試験が実施されました。受験された方、まずは、お疲れ様でした。

 ところで、この講義、初回から抽象的概念のオンパレードで、かつ、教科書の出版が遅れたこともあって、難解で「眠たい」講義であったと思います。そこで、この講義で一体何が言いたかったのかを、ブログでごく簡単にお話ししておきたいと思います。

 この講義でお話ししたかったことは、日本国憲法の統治に関する規定を、法の支配の要請、法の支配の「あらわれ」という視点から読み解いてみよう、ということです。講義中にもお話ししたように、法の支配を積極的に定義することは困難です。それでも、それが目指していることは、端的に言えば、国家行為に謙抑性をもたせること、これだと言えると思います。このことは、講義で何度も、何度もくり返しました。

 国家行為に謙抑性をもたせるために憲法がとった仕組み(憲法の基本原理)として、マクロ的に言えば権力分立があること、また議院内閣制を採用し国会と内閣の間に「統治方針一致の原則」を制度としてもたらそうとしていることを論じました。また、ミクロ的視点では、司法権について、「法律上の争訟」性、付随的違憲審査制を採用していること、これらはすべて、国家機関の行為に謙抑性をもたせるための仕組みという視点から分析可能であると述べてきました。さらに、よりミクロの視点としては、きょうの試験にでた「合理的期間論」もそうです。それは、国会のもつ法律制定権には一定の裁量が認められるので、法律の制定改廃については、司法機関は容易には介入すべきではないという司法権に謙抑性をもたらすための法理論であるという見方を講義では示しました(書けましたか?)。くわえて、統治権そのものについても、中央政府と地方政府にその主体を分割し、地方政府にも自治権を与えていること、これも権力分立の要請であるとしました。

 ところが、現実の国政運営をみると、そこには「統治の過剰」と言えるような実態があることも、講義では指摘しました。権力分立の変容のところで説いた行政国家現象、それから「司法の過剰」と言える司法国家現象などが、この典型です。

 では、なぜ国家行為は謙抑的でなければならないのでしょうか。この点については、そのことによって、結果として国民の基本権が守られることになる、とお話ししました。わたしのこの視点は、日本国憲法下における政府の役割をあまりにも消極的に捉えていると批判されるかもしれません。ただ、まずは日本国憲法がなによりも国家権力を抑制しようとした近代立憲主義の系譜に属するものであることを明らかにすることがこの講義の目的である考えて、あえて一面的にこう論じてきました。みなさんは、日本国憲法の特質をどう考えますか。

 わたしとしては、わたしの見解への賛否は別として、このような視点から憲法条文を理解し、憲法理論を展開するという「感覚」が朧気ながらもつかめたなら、すでにこの講義の目標は実現できた、と考えています。また、わたしの「眠たい」講義にちゃんと出席されていた方なら、この「感覚」は頭のなかに備わった、と考えています。この講義を基盤にして、是非、これからはみなさんの憲法観を展開してみてください。

Dsc_2895 また、最終講義でもお話ししたように、昨年の憲法Ⅰ、この憲法Ⅱは、わたしの学者人生のなかでも、もっとも感慨深い2年間としていずれ思い出されることになると思います。はじめて自分の書いたもので講義できたのですから。というわけで、憲法Ⅱを受講し、試験をうけてくれた人、みなさんに単位を認定したいところですが、そういうわけにもいかず・・・。これから採点作業にはいります。それぞれの憲法Ⅱに対する思いが結果につながっていることを心よりお祈り申し上げます。

 さいごに、憲法Ⅱを受講してくれて、本当にありがとうございました。happy02

2015年7月29日 (水)

Y社様と会食。

 cloudsunの予報だと思うけど。

Dsc_2886 きのう、法学系書籍で有名(ある種の権威ですらある)な出版社の営業担当者の方を囲んで、同僚先生数名と会食しました。

 場所は、市役所最上階のレストラン。お城を同じ目線で見ることができる眺望が有名です。

Dsc_2889 「Y社様」とかしておきながら「ろけっとぽっぽー」をだすとどこの出版社かわかってしまいますが、やはり、法学系では学者にとってここでお仕事させていただく、というのは嬉しいことだと思います。わたしなど、百選でしかお世話になっていませんが、それでも依頼をいただいたときには、憲法学者の仲間入りできたように感じました。もっとも、学者たるもの、どこで書いているかではなく、何を書いたかによって評価されることに変わりありませんが。

Dsc_2892 ところで、お越しになった方は、Y社のイメージ(わたしが勝手に懐いていたもの)とはことなり、親しみやすくも熱いものをもつ女性営業パーソン(「パーソン」って正しいか?)。時節柄、安保法制についても、社として何かすべきではないか、と逡巡されているようでした。ワインの相当量をこの方とO先生(わたしではない)で開けておられたと思いますが、それだけ、生命力を感じる方でした。学問を仕事にしていると言えば、まっさきに思いつくのはやはり学者先生でしょうが、本をつくる人がいてはじめて学問を仕事にすることが成り立っていると思うので(とくに、出版社サイドである編集者の方などは執筆者と二人三脚ですらある)、そう考えると、本をつくるということも学問という営みそのものであるとも言えると思います。

Dsc_2893 ところで、わたくし、このY社からでている「法学教室」(ここまで言うならY社という意味あるのかですが)を愛読しております。たしか、1990年の4月号(というのは通巻115号ですが)から定期購読をはじめ、職を得てから1980年10月号の創刊号以下バックナンバーをそろえ、現在の418号(2015年7月号)まで、研究室に所蔵しています。もっとも、すべての記事を読むことはできていませんが(パラパラはしますが)。いまとなっては、よい「投資」をしてきたと思っています。これからも、法教で勉強させていただこうと思います。

 という感じで、法学という学問を支える存在としての出版社の意義をつよく感じた夜でした。






 



2015年7月27日 (月)

週末@別府。

 cloud。九州、熊本も暑いですが、関東・甲信越は酷暑のよう。ご自愛ください。

Dsc_2836 週末、土日と、別府にいきました。お目当ての中心は、杉乃井ホテルhotelでのレジャー。このあたりでは、毎日CMがながれる有名なレジャーホテルです。

 数年前に家族でいったのですが、それは冬(というか春先)で、流れるプール系では遊べなかったので、今度は夏にということで行ってみたというところです。

Dsc_2840 流れるプールのアクアビートや別府湾を一望する棚湯spaとか有名ですが、ホテル内にはフィットネスもありました。通常は地元の人むけの会員制のジムですが、宿泊客なら安価で利用できるということで、使わせてもらいました。

 このほか、夜・朝のバイキング料理が、ここでは有名ですよね。

Dsc_2853 で、夜は、イルミネーションがみれます。この時期、あまりお会いすることのないこの方も、夏場はどうやらここにご宿泊のようです。あまりよく読めませんが、首から下げられているボードには、その旨、書かれています。

 という感じで、わたしはまだ、夏休みになっていないのですが、わが家の夏のイベント第一弾という感じでしょうか。

 二日目は、これまた最近CMでよく見る、うみたまご水族館penguinに行きました。あそび~~ちでイルカさんとたわむれることができるとのこと。

Dsc_2860 台風が来そうで影響なかったので、なんとかよい二日間になりました。

 で、帰宅すると、また現実です。まだ、試験すら終わっていない。当然に採点も・・・。ことしはOCの担当でもあり、まだまだ、わたしの夏休みは遠いという現実に・・・。

 







2015年7月19日 (日)

研究会@広島。

 cloudrainsun。ぜんぶあり。

 きのう、母校のある広島にいき、研究会に参加しました。その研究会は「広島公法研究会」、略して「広公研」といいます。大学院生の頃から参加させてもらっている研究会ですが、きのうは第256回。もう、40年くらい続いているインターカレッジの研究会です。

Dsc_2817 広島にむかうbullettrainの車中では「熊大通信」の第57号を読みました。この号から、不肖、わたしくが編集長を務める熊大の広報誌です(「こうほう」つながり)。編集の過程でちょいちょい読んだのですが、できあがったものを通してまだ読んでいなかったので、熊本-広島、cherryblossom号で2時間弱、ちょうどいい読み物でした。

 で、広島に着いたら、多くの人の出迎えをうけました。わたしも有名人になったものだ、と思っていたら、オールスター戦にでるプロ野球選手を待っていたのですね・・・。

 研究会では大学院の先輩(といっても、わたしが入院したときには、すでに先生だった)と母校の先生(といっても、同じくわたしが入院したときには、すでに移籍されたあとだった)のご報告を聴講しました。研究会にいくと、わが身をふり返りますね~。勉強しないといけない、という気持ちになります。

Dsc_2820 そして、研究会あとは、夏ということもあり、beerbeerbeer。母校を基点に各大学に散った先生方との情報交換。ここでも、近時の法学系の厳しい状況が話題になりました。まぁ、どんな状況にあっても、研究業績を出し続けていくのが、わたしのお仕事。いずれ大きな花が咲くこともあると思いつつ、細々とでも、書いていくしかありませんね。

Dsc_2825 ひとしきり飲み、お腹もいっぱいなったあと、新幹線の時間もあり帰熊しました。帰りは「みずほ」だったので、1時間30分。みなさんから「きょうはどこに泊まるの~」と聞かれましたが、熊本-広島は、近い!わたし、助手したあとはじめて赴任したのは庄原市にある、とある県立大学だったのですが、広島県内にあっるとはいえ、やはり1時間半から2時間かかっていました。それと比べても、熊本-広島は、近い!

 ということで、お土産を買って帰りました。ほんとうは「おひなたレモン」なのですが、こっそり、てんてんうって、改竄しちゃいました。

2015年7月16日 (木)

「大きな論文」。

 cloud。台風11号、くるのかなぁ。

 ことしは、勤務校でのお役目で、高校訪問や入試の説明会を実施することがままあります。で、きのうも、高校の先生方を対象とした説明会があったので、福岡に出張しました。

Dsc_2814_2 その帰り道、天神地下街のbeerビア・ホールbeerにいきました。

 ご一緒したのは、ギターのうまいあの先生と、わが社からS南大に羽ばたかれたあの先生。なんか、珍しい組み合わせですね。

 お話は、入試関連のお仕事帰りということもありそれ的なことと、それと、印象に残っているのは「大きな論文」のことです。

 「大きな論文」の代表は、博士の学位論文。それに匹敵する研究書なども「大きな論文」の一例でしょう。これに対して「小さな論文」(という表現が適切かわかりませんが)の代表は、雑誌論文、依頼原稿。学者にとってどっちが重要か、というような話になりました。

 わたしは、断然、「大きな論文」が重要だと思います。大学院の頃は、みんなこれを一応は目指して研究している(ことになっているはず)。ただ、大学に職を得るさいには、書きかけの「大きな論文」よりは公刊されている「そこそこの論文」の数も重要だったりするので、なかなか「大きな論文」ばかりにとり組めない状況もあると思います。それでも、大学に職を得たならば、もう、心配することはあまりない(昨今はそうとばかり言えませんが・・・)ので、より「大きな論文」、体系性のある独自の「仕事」が重要なのでは、と思っています。

 でも、大学に職を得て、また、学界に出て行くと、依頼原稿が増えるのも事実。それを断れないのも人情というもの。わたしは、無名の学者なので、依頼原稿は少ないのですが、この気持ちは分からないわけではありません。やっぱり、依頼されたら嬉しいものです。ただ、こればかりやっていると、いつまでたっても「大きな論文」に行き着かないこともあります。さらに、きのうの話で、外から依頼をうけるということは一定の評価があるということだから・・・、との意見も聞きました。たしかに、そう言えますよね。わたしのような無名の者に依頼がこないのは、評価が低いということの現れであると思います。

 ということで、両方バランスよくある、というのが、結局は一番いいんですよね。きっと。でも、お外からの仕事があるかどうかは、専門の特性、市場とも関係するでしょうから、やっぱり、わたしとしては、自分のテーマ、自分のペースで、紙幅の制限なく書ける「大きな論文」さえあれば、あとは、どうでもいいのではと、やっぱり思います。わが社の教員評価も、いまのところ、「大きな論文」重視のように感じますし。

 ということで、そろそろコンディション整えて、「大きな論文」執筆penの準備をしたいと思います。これ、継続的にやっていないと、いずれ書けなくなる、とよく聞くので。学者にとっては、結構、怖いことですからね。

2015年7月 9日 (木)

元同僚先生と。

 sun。うぇぃ、うぇぃ、暑い。

Ls きのう、「LS合同説明会」を実施しました。

 きのうのお客様は、岡山大、広島大、そして、西南学院大のLSさん。これで、本年度は、中央大、早稲田大、九州大につづき、4回目、のべ6校の「LS進学説明会」を実施したことになります。

 わが社のLSは、残念ながら、募集停止。こうした他社様が説明会に来てくれるのは、有り難いことです。

 と同時に、LSは、やめるも続けるも、どっちもキッツイなぁ、と感じました(もっとも、わたしはLS教員ではありませんが・・・)。

Dsc_2789 ということで、説明会終了後、お越しいただいた先生と会食しました。場所は、水道町バス停まえのこのお店。

 そして、お越しいただいたのは、いずれも、過去のわが社の同僚先生。このご時世、大学はどこでもそれぞれ抱えている問題あり、なのですが、それでも、移籍できるというのは市場からの評価を得ている証なので、羨ましいことです。

Dsc_2786 で、なに話したのか、あまり覚えていないのですが・・・、きっと、顔なじみなので、いつもの雑談てな感じだったのでしょう。勤務校こそ違えども、その後もお付き合いいただけて、有り難いと思いました。

 最近、いろんなことに「飽き」がきているわたし。学内業務も多忙なようでいて、一応、適当にこなせていると思います。前期の講義もなんとなく終演に向かっていて。そろそろ、学問の季節でしょうか。ただ、その前に・・・、まだ、いろいろありますね。







2015年7月 6日 (月)

合同説明会@鹿児島。

 sprinkle

Dsc_2779 きのうは、鹿児島に今期二度目の出張でした。

 お仕事は、「九州地区国立大学合同説明会」で、わが社のブース担当をすることでした。会場は、「かごしま県民交流センター」。水族館近くにある立派な建物でした。

Dsc_2774  勤務校には、文・教・法・理・工・医・薬の7学部あります。ということで、それぞれ担当の教員がブースを訪れてくれた高校生(および、保護者)の質問、疑問にお答えしました。

 他の大学をみると、このブースを担当する大学側の対応もいろいろで、事務の方がほぼ対応していると思われる大学から、学生ではなかろうか、と思う人が対応している大学までありました。学生の生の声を聞くのも高校生にとってはいいかもしれませんね。

 ところで、勤務校の7学部では、やっぱり、わが社を訪れてくれる人が、随分すくなかった印象をもちました。法学系学部の苦戦が伝えられる昨今、まだまだ一息付けるような段階ではないように思います。

 また、高校訪問で高校の先生、こうした説明会で高校生や保護者の方とお話すると、そもそも法学部で何が学べるのか、が伝わっていないという感じをうけます。それは、そもそもわれわれ法学部側がわかりやすく説明してこなかったことを示しているのだと思います。

 「潰しがきく」、たしかに、就職率はいいと思います。でも、失礼ながら就職に結びつきそうもない学部にも多くの高校生が話を聞きにきている。でも、わが社には、あまり興味を示してもらっていない。それは、やはり、就職も重要だけど、これから4年間、どんな勉強をするのかということに、多くの高校生は興味をもっているという証ではないでしょうか。そして、その高校生当人が法学を学ぶということが、社会にとって、わが国にとって、どんな意義をもつのかということを、わかりやすく伝えきれていないということでは、と。こうした点では、ライバル関係にあるかもしれない同業他社様とも連携していく必要があるようにも思います。法学をきっちり修めた人間が世の中に一定数いることが、公正・公平な社会を実現するために必要不可欠であることを、法学部なので理路整然と伝えていかないといけないように思いました。

 なんて感じで、二度目の鹿児島出張を終え、かすたどん買って、帰熊しました。




2015年7月 2日 (木)

岩牡蠣@五和子。

 sun

 きのうの午前中は、大雨洪水警報休講でした。今期二度目の休講を「満喫」(笑)させていただきました。白川の水位も無事だったようでなによりです。

 午後は、部長先生のお供をして、2校ほど「高校訪問」してきました。玉名の方の高校と上熊本の方の高校です。いずれも校長先生にご対応いただき、「トップセールス」してきました。

Dsc_2767_2

 ということで、夜は、同僚先生と中央区帯山にある天草漁師さんのお店「五和子」さんに行きました。

 毎年、この時期には岩牡蠣をいただきに五和子さんへ。きのうは、4月赴任の新人さんも「悪の道」にお誘いして・・・

 きのうは、なんだか疲れていたので、お酒、お魚、そして、焼き物系も、すべて美味しくいただきました(いつもか!)。

Ci0lxzcumaajt0i_2 という感じで、きのうのTLも、「飯テロ風」の画像が・・・

 もう7月、講義の方は大詰めで、そろそろ定期試験問題を作らないといけない。なんだかここまでくると、ホッ、とする反面、終わってしまうという哀愁感もあります。

Dsc_2769 で、これから夏にかけて、研究、原稿書き。前期は全学でも学部でも、学務目白押しだったので、原稿、進んでいません。もう、何本かかえているのかさえ、すぐには数えられなくなってしまいました。きのうも9月末締めの教科書分担執筆のお仕事がきていて・・・

Dsc_2771 ただ、夏は夏で、学務もありそう。全国的に大学、とくに文系、なかでも法学系は、いろいろろ肩身の狭い問題があるので・・・。なんだか、こんなことするために大学にいるのではないのに・・・と思ったりしつつ、でも、お給料のうち、お給料のうちとか思ったりして・・・。

Dsc_2770 まぁ、きのうは、シュワシュワする獺祭をいただいたので、もうすこし、頑張れすです。










« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30