無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

熊本公法飲み会@西銀ぼたん。

 sun。あすから、学園祭。

Dsc_3197 さくばん、熊本市新市街にある“西銀ぼたん”さん(ゼミ生がバイトしてた)で、ある会合をしました。

 会合のきっかけは、熊本のある大学に本年4月に赴任された先生からわたしに連絡をいただいたことにあります。その大学には法学の先生が他にいないため、アカデミックな会話もままならない、と。

 ここ数年、なんとなく学部の仕事に浸かってしまったわたしとしては、これはいい機会だと思い、同僚先生を通して熊本の他の大学の公法系の先生数名に渡りをつけてもらってまずは食事会でも、ということで。昨晩実現しました。

 思えば、熊本に赴任して8年、九州やホームグラウンドの広島、あるいは元いた関西、そして有り難いことに東京界隈にも、何人かの先生と親しくさせていただいてきました。ところが、では熊本の先生とはどうだったかというと・・・、意外と接点がなくわが社の元関係者くらいしか、お話しすることもありませんでした。

 ただ、折角同時期に熊本に赴任していた公法学者ということで、それぞれいつまでいるかわからないにしても、熊本にいる間は互いの学問の話をしたり、学界情報や師匠筋情報を得たりしようではないか、ということになったのです。

 そろそろ学務からフェイド・アウトして、学問に戻りたいと思っていたわたしとしては、上のアプローチは、まさにわたりに船だったわけです。この機会を大切にしたい、と思いました。

 ということで、さくばんは、自己紹介からはじまり、お互いの素性をすこしだけ。それでも、こうした機会をもてたことは、実によかったと思います。

 つぎは、年内あるいは年明けあたりに、今度はさらに声を掛ける範囲を増やして「熊本公法研究会」(仮称)とか立ち上げられたら、と思います(ゆるい感じで)。それぞれ大学を区々としているけれど、学問に身を置く者としては同じ立場なので。

 先日、引退する師匠の還暦会も終わり、その師匠から、たくさんの蔵書をいただきました(まだまだ、送られてくると思います)。そして、実は、途中までされた研究テーマの継承を依頼され、その関係の資料、論文もいただきました。いただいた蔵書、資料を整理しつつ、やっぱり研究者は論文だよなぁ~と思い、そのためには「脇道にうつつを抜かしてはいけない」とつよく感じました。論文書けないようじゃ、やっぱりダメですものね。まぁ、なかなか状況が許してくれないこともあるのですが。順番の巡り合わせとか。

 なんてことを、近くにいる学者先生たちと話していて感じたハロイン前夜でした。

2015年10月30日 (金)

卒業生とランチ@天草。

 sprinkle

Dsc_3187 きのう、天草に行きました。もちろん、お仕事です。

 そのお仕事というのは「天草市景観審議会」というのがあり委員を委嘱されているので、その審議会に出席するというものです。

 平成元年に旧天草町が景観条例を制定して以来(市町村による景観条例制定は県内第1号とのこと)、景観形成において、さまざまなとり組みをしてきています。

 その後、平成20年には「天草市景観条例」を施行、翌21年には「天草市景観計画」を策定し、市全域において歴史的、文化的景観の保持・形成に務めてきています。

 で、きのうは、天草にいって、その審議会に参加してきました。

Dsc_3189 と同時に、3名の卒業生に会ってきました。そのうち、2名は、ゼミのOB。1名はゼミ生ではなかったもののよく知っていた学生(先の3月卒業)、いずれも、県職員として天草事務所に勤務しているわが社の卒業生です。

 折角、天草までいくので、卒業生の顔でも見てくるか、という感じでランチしてきました。県事務所のすぐ横にある“味一番館”さんで。

 ところで、上の2名の元ゼミ生は、わがゼミの草創期におけるゼミ生で、うち1名が初の県庁採用者。わがゼミは、平成22年度卒生が1名、23年度卒生が3名、24年度卒生が1名、25年度卒生が2名、26年度卒生が1名、そして、本年度卒業予定者のうちの県庁内定者2名を含めて、ちょうど10名、県庁さんにお世話になっています。いよいよ「県庁オビゼミ会」とか、開催したい勢いか・・・。

 それはそうと、社会人になると途端に立派になるものかと思っていましたが、大学時代と変わらない雰囲気で仕事をしているようで、拍子抜けすると同時に、なんとなく、安堵しました。大学のときほど「ぬるい」はずはないわけで、それなりに大変だろうと思うのですが、それでも、なんとかやっていっているということでしょう。でも、そのうち、もっと厳しくなっていくのでしょうね。

Dsc_3192_2 なんてことを思いながら、審議会をおえ、帰路につきました。

 途中で、スパタラソによってみました。帰り道の途中で温泉につかると、帰りの運転が断然楽になるので。

 そうそう、天草ということで、道すがら、いくつかのオブジェがありました。きのうは、よく晴れた、一日でした。

Dsc_3185Dsc_3190














2015年10月23日 (金)

へんな商標?

 sun。秋晴れ続き。

 数日前、友利昴さんの『変な商標』(発明協会、2010年)を読みました。

 いま「商標と表現の自由」の問題を考えていて、その息抜きというか、洋モノ読んでる「箸休め」として読んだのですが、抱腹絶倒でした。

 たとえば、草刈機の製造販売を手掛ける筑水キャニコム社の名商標「草刈機まさお」。これは、指定商品である「草刈機」に二枚目俳優の草刈正雄さんの名前をかけた商標として有名ですが、その後継機の商標は「草刈機たみよ」(草刈民代」でも「草刈機まゆう」(草刈正雄さんの実娘、草刈麻有)でもなく「草刈機みさき」・・・誰?とか、

 実はこの後継機の前に別の商標登録がされていて、それは「1000masao」(・・・千昌夫)であり、草刈りに関係なく「まさお」の方を生かしてしまっている(笑)とか、

 という感じで。ただ、著者が商標登録した各企業の意気込みとかブランド戦略を非常にリスペクトして本書を物していることが随所にあらわれていて、茶化している感じで有りなから、実にすがすがしいタッチの商標紹介になっています。

 また「何天堂」というゲームの中でしか使われない架空のアイテム名を商標登録した例(当然ながらゲーム内の模倣品に現実世界の商標権は行使できない)とか紹介されていて、へへへへーーー、とも思いました。

 この続編『へんな商標2』というのもあるようなので、早速、注文しようと思います。ただ、面白い本ばかり読んでいてると論文、いっこうに進まなくなるので、要注意ですね。

2015年10月19日 (月)

宮崎→京都。

 sun

Dsc_3167 先週の木曜日、県の公共事業に関する行政委員会(わかる人にはわかるか)の研修で、宮崎に行きました。

 宮崎・・・って、なにあったっけ・・・、と思っていました。神話のふるさとのようです。

 公共事業の迅速な実現と権利者の保護は、ともに、民主国家にとって重要な価値。なかなか折り合いをつけるのが難しい事例もあります。九州各県からそうした事例をもちよって、意見交換をするのがこの研修の目的です。

 わたしもこのお仕事をお引き受けしてはや6年になり、この研修も6回目で、随分と場慣れしてきたように感じました。

Dsc_3199 金曜日は熊本駅(自宅には戻らず)を経由して京都に。土・日と同志社大学で開催された日本公法学会に出席しました。

 公法学会は、例年、2日間で、1日目には「総会報告」、2日目には「個別報告」が行われます。

 「学会」と名称がつくもの多々あれど、公法学者にとってはこの学会で報告することは、最高の名誉(のひとつ)だと思います。いずれは、その栄誉に与りたいと思いつつ、これからも精進しようと思います。

Dsc_3202 で、今回の京都行きには、もうひとつというか、学会参加よりも「大きな仕事」がわたしにはありました。

 それは師匠先生が古稀をむかえるので、その祝賀会とそれを記念した論文集献呈式の司会・幹事をすることでした。

 まぁ、司会とはいえ、主役はわたしではないので、気楽にやったところ、意外と高評価だったと思います。

Dsc_3207 献呈した論文集は、これです。先週末には勤務校まで来ていたのですが、宮崎→京都で出勤していなかったわたしは、本日、現物をやっと手にしました。

 編者先生のお陰で記念論文集を献呈することができ、また、執筆者先生のお陰で祝賀会・献呈式までできて、不肖の弟子として肩の荷がおりました。

Dsc_3208 そうそう、師匠先生からお土産までいただきました。会場で「フランクミューラー」と聞こえたので何事か、と思っていましたが、聞き間違いでした。「フランク三浦」だったのですね。安心しました。

 ということで、先週末の宮崎→京都出張を無事おえて、本日からまた熊本生活です。













2015年10月13日 (火)

ゼミ飲み@トタン屋。

 sun。なんだか、涼しくなってきたと思ったら、また、晴。

Dsc_3163 さくばん、ゼミの4年生と熊本・下通り・安政町の“トタン屋”さんに行きました。

 夏休みもあけ、いよいよ学生生活最後の学期ということですが・・・、きのうの主なネタは、方言でした。

Dsc_3160 こんな感じのホルモン(臓物)をいただきながら、方言談義・・・って、おじさんか!ただ、方言を知っているというのは、なんとなく文化的ですよね。文化的なところからもっとも遠そうな人が、一番、方言を知っていたりして・・・(笑)。

 そうそう、もう一方は、なんとなく「恋ばな」っぽかった。そういうところから一番とおいところにいる人たちだと思っていたので、ちと意外・・・(笑)。

 いずれにしても、楽しいゼミも、あと半年。きっと、楽しいので、もう1年、残りたいと思っている人も多い・・・っと。残してあげましょう(笑)。

Dsc_3162 さいごに、写真撮ってもらいました。赤目軽減モードをわすれてしまった。。。

 このあと、2次会に行ったであろう彼・彼女とわかれて、本日のお仕事のため、早々に帰宅。S元先輩とたべた臓物、まだ消化しきっていない感じ・・・。40も中盤になったら、食べるもの、考えないといけないよなぁ~。

 いまから、3年生のゼミ。3年生は3年生でなんだか、面白くなってきたよなぁ・・・(勉強以外で)。ヤクルトとか飲むし。



2015年10月12日 (月)

広島と日田。

 cloud。世の中、3連休ですね。というわけで、わたしの3連休はというと・・・

 おとといは、出勤校の研究会に出席するため、広島にいきました。

Dsc_3137 研究会では、ヘイト・スピーチをなくすためのガバメント・スピーチの正当性に関する研究報告(憲法)と、都道府県条例と市町村条例が抵触する場合にどちらが適用されるべきかに関する研究報告(行政法)を聞きました。

 で、勉強したあと、広島の一番の繁華街、流川の“天津”さんに行きました。このお店、広島では有名な老舗中華屋さんで、往年のカープ名選手をはじめ当地を訪れた有名人のサインが所狭しと飾られていました。広島らしい素朴な感じの中華屋さんです。

 (なお、火災のあったメイドカフェにも近い)。

Dsc_3144 きのうの日曜日は、鯛生金山にいきました。昨年に続き、2度目。なぜ娘が2度までもここに行きたいと言ったのか定かではありませんが、寒いなか砂金堀に勤しみました。

 それにしても、カメルーンさんは、よくここでキャンプしましたね。いまでも、そのことは当地の宝物でしょうね。

Dsc_3145 そのあと、大分・日田に出て、ステーキ茶寮“和くら”さんでランチしました。嫁によると、結構、有名なお店とのこと。

 このあたりには大正の蔵・町並みが残されていて、趣深いところでした。

Dsc_3153 お店の裏は、すぐ三隈川。日田にははじめて行きました。天領の名残ある豊かさを感じる街でした。

 ということで、本日は、2日、出勤しなかったことの後始末。今週半ばから週末にかけて、今度は、宮崎→京都と遠征が続くので、ちょっとでもお仕事しておかないといけないところですが・・・







« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31