無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 第1回熊本公法研究会。 | トップページ | 送別会。 »

2016年3月 8日 (火)

昇進のお祝い@ROSSO。

 蒸している?

Dsc_3511 昨晩、本年2月1日付で教授に昇進された2人先生のお祝い会をしました。お店は、水道町の ROSSO さんにお世話になりました。

 昇進者が出たというのは、組織として実に喜ばしいこと。これを浮力として、わが社の発展がますます期待できる、というところでしょう。

Dsc_3500 ところで、昇進のお祝いの会ですが、まぁ、結局はいつもの飲み会とそうかわらず・・・。で、わたしは、いま気に掛かっている二つの事項について、同僚先生の意見を聞いてみました。

 1つめが、ある事情があって気になっている、いわゆるPTA訴訟のことです。といっても、その訴訟の帰趨ということではなく、PATという団体の性質について。

Dsc_3502 PTAとは、P(Parent)、T(Teacher)、A(Association)のこと。

 これは、社会教育法10条にいう「社会教育関係団体」に該当するとされていて、任意加入団体であると考えられています(通説?)。

Dsc_3503 このことは、上の「PTA訴訟」における熊本地裁判決(平28・2・25)も、前提となる事実として「児童の福祉と会員の教養を高めることを目的とする入退会自由の任意加入団体」としています。

 ということで、PTAは、法的には任意加入団体だと言えるのでしょう。

Dsc_3504 ただ、反面で、PTAは、本来、学校という教育機関(Government Agency)が提供すべき公共財(Public Goods)の一部を提供してもいると思われます。こういう現状を思い描いたとき・・・

 わたし、件の「PTA訴訟」にふれたときから、PTAが憲法21条的意味でいう任意加入団体である、ということに違和感のようなものをもってきました。もっとも、直感にすぎなののですが。

Dsc_3505 そのことを、昨晩は、当事者(笑)や同僚先生たちにお話ししてみて、自分が抱いている違和感の理由が奈辺にあるのか、そして、もちろん、強制加入団体とはいえないけれど、さりとて、任意加入団体とわり切ってしまっていいのか、という直感についてどう整理していけばいいのかのヒントのようなものをいただきました。

 まぁ、これについて書けたら書こうと思います。

Dsc_3507 で、もうひとつは・・・、これは、先日たち上げた「熊公研」のなかでのお話しと関係するのですが・・・

 わたし、先日書いた判例評釈のなかで、刑事法は、憲法上3つに分類できるという趣旨のことを書かせてもらいました。

Dsc_3506 それは、刑事実体法/狭義の刑事手続法/刑事「訴訟に関する手続」という3分類です。このうち、実体法は憲法41条の要請により、また、狭義の刑事手続法(被疑者・被告人の法的地位に変動をもたらす刑事手続法)は憲法31条の要請により、法律でなければならない(実体法については条例でもよい)のに対し、刑事訴訟に関する手続は、憲法77条1項により、裁判所規則で定めてよいと。

Dsc_3509 で、このうち、国民の自由や権利を制限する(刑事実体法)および被疑者・被告人の法的地位に変動をもたらす狭義の刑事手続法は、法の支配の要請がつよくはたらくので、法の一般性・法の抽象性が求められる。これにたいして、規則事項は、事後的は変更も許されるのでは、という感じで評釈を書いたことがあるのです。

Dsc_3508 問題は、これからで、では、民事法はどうなんだろうか、と。

 民事法も、民事実体法/狭義の民事手続法/民事「訴訟に関する手続」に3分類できるのか、そして、このうちの「狭義の民事手続法」についてて、法律で定めなければならない条文上の根拠、または、法理論上の論拠があるのか・・・。狭義の刑事手続法は、憲法31条から形式的意味での法律でなければならない、とされているのですが、では、民事訴訟法は、法律でなければならないのか・・・

Dsc_3510 ちょうど、デザートになりました。

 なんて感じで、きのうの夜も更けていきました。
















« 第1回熊本公法研究会。 | トップページ | 送別会。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

飲食店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/64340254

この記事へのトラックバック一覧です: 昇進のお祝い@ROSSO。:

« 第1回熊本公法研究会。 | トップページ | 送別会。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31