無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年4月

2016年4月24日 (日)

『民法学を語る』。

 cloudsprinkle。まだまだ、余震、続いてます。

 すこし時間ができたので、大村敦志先生と小粥太郎先生が「往復書簡」をいう形式で「民法学とは何か、何をしようとしているのか」を語った『民法学を語る』(有斐閣、2015年)を読みました。ずっと気になっていながら、まだ読んでいなかった本でした。

 このてのものは、定年後の大家が後世に「遺言」を残すようなものが多いなかで、大村先生はわたしより11歳うえ、小粥先生は5歳うえという、現役真っ只中世代。この2人が「民法学の存在意義を言語化」しようとしたもの。実に意義深い本です。

 内容は、お互いのこれまでの著書、論文をとりあげつつ、就職までの論文としてはどのようなものがよいのか、大学にポストを得たあとはどのような想いで仕事を続けてきたのか、そして、これからはどのような方向性の下で研究・教育していこうというのか、これらについて清々しく語られています。

 わたし、学生の頃は、民法、あまり好きではありませんでした。民法の講義では、甲さん vs. 乙さんの争いとか出てきてどうすればよいか、とか学んでいたのですが、つい、わたしは「そんなの2人で話せばいいんじゃ?」とか思っていた口でした(話しあいがうまくいかなかったから訴訟になっているんですよね)。

 でも、この本は違います。民法は市民社会の基本法であることが語られています。わたしがやっている憲法が「統治者の基本法」なら、民法は「市民の基本法」なんですね。そして、民法は近代社会の基本法よろしく、基礎的な法概念についても語り得る(語らねばならぬ)もの。この本、学生時代にであっていたら、民法を専攻していたかもしれません(ああ、道を誤らなくてよかった! わたしのような頭脳では、民法では太刀打ちできませんので)。

 また、ここで語られていることは、憲法学においても当てはまるものだとも感じました。若い頃の「基礎研究」の重要さ、そのあと「応用研究」をしつつも、それらを融合させて「基本研究」として自らの研究を体系化していく。その個々の研究が学界全体として「学説」を構成するというイメージでしょうか。

 このお二人は、概ね、20年から25年のキャリアの先生。わたしは15年を超えた感じのキャリア。わたしはまだまだ中途半端な憲法学者、法学者ですが、そんなわたしにとっても法学、憲法学をする「希望」を語ってくれる本でした。

 

2016年4月23日 (土)

ビフォー & アフター。

 cloudsprinkleになるらしい。

Img_0147 いやいや、凄い地震でした。まず14日(木)の「前震」、ケンミンショーみてたら、ドスンときました。でも、当日はそのまま自宅にとどまり、翌15日(金)には大学にいき、研究室の散乱した本を棚におさめ、まぁ、こういうこともあるか、と思い帰宅したのを覚えています。

 で、帰宅して、ロード走までしてお風呂はいって寝て・・・、16日(土)の未明、ズドドドドーーン!とりあえず、着の身着のままで自宅前の公園へcar。余震はくるとは思っていたのですが・・・、こんなすぐとは・・・、しかも「本震」がくるとは・・・。近所の方は、みんな来てました。

Img_0141 で、学校にいって研究室を見てみると、この有様です。15日になおしておいたものが・・・「倍返し」されました。完全に、心折れて、心配してきてくれたゼミ生と何やら話したのですが、あまり覚えていません。帰宅しました。

 ただ、帰宅してなにげにTLみていると、なんとゼミ生が勉強している画像が・・・(これ、きっと「前震」のあとのものだと思われる)。なんだか勇気づけられました。そして、ちょっと勉強してみたら、元気でてきました。

 ということで、17日(日)には、研究室をはやく復旧したいという気持ちに駆られて再び大学へ。

Img_0163 ありがたいことに、ゼミ生、そして、院生に手伝ってもらって、17日のうちには机で仕事ができる状態に、18日(月)には、すべての本を棚に戻すことができました。

 このあたりになると被害状況がだんだん具体的、現実的になってきて、当初は4月25日に再開するとしていた大学も、立て続く余震と復旧作業を考えて、5月連休明けの9日(月)からということになりました。そして、17・18日あたりには、地元のある学生は避難・帰省していきました。

 研究室を一応とはいえ復旧できたわたしは、では、つぎに何をすれば・・・と考えていたところ、他大学の何人かの先生から、帰省中の学生に図書館利用や講義聴講の便宜をいただけるという申出をいただき、その仲介をすこしだけしました。

 ただ、この間、20日(水)には教授会が開かれたのですが(定足数も満たして成立した)、そこでは、まずは在学生に十分なことをしなければならないという方向のお話しだったとは思うのですが、では、学部として具体的に何をするのかということについては・・・、お話、でたでしょうか。わたしだけが理解できなかったのでしょうか。たしかに、安否確認は複数回しました。いろいろな情報も個人的にはSNSで伝えているつもりです。でも、大学、学部としてはどうなのでしょうか。どうすればいいのでしょうか。被災された先生、研究室の復旧がまだままならない先生が多いなかで、致し方ないのかもしれません。わたし自身、意外とコンディションいいだけに、何もしていない自分に、なんだか歯痒い思いです。

Img_0146 4月なのに、学生のいない大学は、なんだか寂しげです。大学は、やっぱり、学生あっての大学なんだ、あらためて思いました。

 (トミカ、とりま、復旧しました。でも、まだ、完全ではありません)。








2016年4月 2日 (土)

昨年度の成果。

Img_0089 さくら、満開!

 新年度になると、たくさんの提出物があるのは、大学教員も同じ。科研の実績報告書や自己点検自己評価的な・・・。そのなかに、わが社では毎年「〇〇年度研究計画書」という、昨年度の研究概要・成果と本年度の研究計画を認めた文書の提出が課されてます。ということで、あまたある提出物の皮切りに、きょうは、「平成28年度研究計画書」を書きました。

Img_0083 で、これを書くために、昨年度(平成27年度)のわたしの研究業績を並べてみました。せっかくなので、ちょっとだけ、コメントを。

 (1) 著書『憲法Ⅰ 総論・統治機構論』(有信堂)。一昨年度の『憲法Ⅱ 基本権論』(同社)をうけての出版です。これで、憲法学体系の一通りを論じることができました。ようやくスタートです!

 (2) 論説「著作物のパロディと表現の自由 - 憲法学の視点から」阪本昌成先生古稀記念論文集『自由の法理』(松井茂記=長谷部恭男=渡辺康行編、成文堂)。近年の研究テーマ「知的財産権と表現の自由」にくわえる一章です。知財門外漢なので、大胆なこと、言ってしまいました。

 (3) 論説「商標と表現の自由(一)」熊本法学136号。木村俊夫教授退職記念号に寄稿させていただきました。が、半分で力尽きてしまいました。これも「知的財産権と表現の自由」の一部分です。

 (4)判例評釈「進行中の公訴時効を廃止することが憲法39条、31条に反しないとされた事例」新・判例解説Watch憲法No.106。法定刑に死刑が定められているものについて公訴時効を遡及的に廃止する「刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律」(平成22年法律第26号)の憲法適合性が争点となった最一判平成27年12月3日の判例評釈です。刑事手続と憲法について考える切っ掛けを与えてもらいました。

 (5)著書『判例アシスト憲法』(大沢秀介=大林啓吾編、成文堂)。「81 博多駅テレビフィルム事件」、「82 沖縄密約事件」、「83 NHK記者取材源秘匿事件」、「84 NHK期待権事件」を執筆させていただきました。

 (6)著書『高校から大学への憲法〔第2版〕』(君塚正臣編、法律文化社)。「第3章 国民主権」を分担執筆させていただきました。

 ここまでが、年度内に刊行されました。画像あり。

 (7)著書『謎解き 日本国憲法〔第2版〕』(阪本昌成編、有信堂)。「第5章 自由な社会に不可欠の権利」のうち「第1節 信教の自由」、「第2節 思想・良心の自由」、「第3節 表現の自由」を分担執筆させていただきました。第2版とはいえ、初版の担当は司法権のところ(初版「第9章 法の砦としての裁判所」)だったので、書き下ろしです。

 (8)著書『憲法判例クロニクル』(吉田仁美=渡辺暁彦編、成文堂)。「外務省秘密電文漏洩事件」、「サンケイ新聞事件」、「泉佐野市民会館事件」、「ハンセン病国家賠償訴訟」を分担執筆させていただきました。

 以上の2つは、校了済みです。まもなく出版されるはず。

 ところで、研究業績の分類って、なんか人それぞれですよね。かく言うわたしも、少しでも多く見せようと・・・以下、自粛。

 まぁ、単著や編者になっている共著以外は「著書」ではないですよね(諸説あり)。うえでは、業績リストを立派に見せようと「著書」にしちゃってますが・・・。分類にもよりますが「その他」でしょうか・・・。




« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30