無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

國分功一郎監修『哲子の部屋Ⅰ 哲学って、考えるって何?』(河出書房新社、2015年)

 sunrainthundersun

 ちょっと軽い哲学本が読みたくなったので、本棚にあった、國分功一郎さん監修の『哲子の部屋Ⅰ 哲学って、考えるって何?』(河出書房新社、2015年)を読みました。

 「哲学」とは何かって、なんだか難しいそうですが、本書は90分くらいで読めて、目から鱗がとれる内容でした。

 まず、哲学の歴史は、プラトンやアリストテレスの活躍した古代からなのですが(それはわたしも知っていた)、近代の新しい哲学は、なんといってもルネ・デカルトから。

 このデカルトは「疑う」というところから哲学をはじめています。このデカルトですが、実は中高の数学でおなじみだった「座標」の考案者とのこと。それは、方程式を図を用いて描くという発明でした。このように、往時の哲学者は数学者でもあったのです。

 また、哲学者でもあり心理学者でもあったフロイトは、心は「無意識」に支配されていることを提唱しました。「無」意識というものが「有」るとしたのです。

 このように哲学とは「新しい概念」(「概念」とはモノの見方、考え方のことです)を作り出すことであるとしたのはジル・ドゥルーズでした。方程式を座標にしたり、無意識という概念を生み出したり。

 おお、なんと明晰!

 で、では、人はどんなときに考えるか。ここで本書で登場するのは「習慣」というキー・ワードです。

 本書は「習慣」を日々のくり返しから「違い」を無視したものとして説明します。たとえば、毎日通っている道にあった建物がある日、取り壊されている。このとき、前にあった建物がなんであったか、思い出せないことって、よくありませんか。この道を通ることが「習慣」となっているので、実は、目には入っているけど見ていないということが起こっている。

 こういう習慣は、実は、悪いものではない。こうした習慣は生活を安定させるものである。でも、あるとき「不測の事態」が起こる。そのとき、人はビックリして対処法を考える。

 ということで、われわれは、モノを考えているではなく、実は「考えさせられている」のであるとも本書はいいます。

 習慣は思考の母である。習慣があるからこそ例外的な不測の事態のときに思考ができる。そう、毎日不測の事態ばかりだったら、われわれは思考できないのです。

 おお、平凡な日々というのは、いかに哲学に向いているか。逆にいうと、いつも不測の事態に対処しなければならないとしたら、思考できない。それは、つねに「肝試し」しているようなものだから。

 さて、いまの大学はどうでしょう。思考に向いている環境にあるのでしょうか。なんて、何を読んでも嘆き節につながってしまいます。

2016年7月18日 (月)

坂井豊貴『多数決を疑う』(岩波新書、2015年)

 sun。梅雨明け!

 この3連休は10月の学会の報告者による「打合会」ということで上京しました。

 この機を利用して、坂井豊貴さんの『多数決を疑う 社会的選択理論とは何か』(岩波新書、2015年)を読みました。

 本書は、多数決という多を一に結びつける意思集約方式を関数として数学的に表そうとした書物です。多数決に対する「違和感」(必ずしも多数派に有利なわけではない)を科学的に分析しています。

 というのも、多数決は、選択肢が3以上あるときには「票割れ」現象により、意思集約ルールとしては不完全なものとなります。このことを捉えて、本書は「民主制のもとで選挙が果たす重要性を考えれば、多数決を安易に採用するのは、思考停止というより、もはや文化的奇習の一種である」といいます(6頁)。

 そこで、いかなるときにも「ペア敗者」を選ばないというボルダルールや同ルールを批判して定式化されたコンドルセ=ヤングの最きゅう法の分析へと進んでいきます。

 本書は「結局のところ存在するのは民意というより集約ルールが与えた結果にほかならない」(49頁)と冷静です。

 本書の中盤では「多数決のもとでは、正しい判断をする者が半数をわずかにでも越しさえすれば、結果が正しくなる」という大数の法則の応用(統計のデータが増えるにつれて、そのデータの平均は真の平均に近づく)が紹介されています。このコンドルセの理論によれば、多数派の判断はルソーの「一般意思」に適う確率が非常に高いことになります。本書は、ルソーが提示した少数派が多数決の結果に従うべきことの正当性の一旦を示しています。

 さらに、終盤では、オストロゴルスキーのパラドックスによると、代表制と直接制(人民主権)とのあいだには想像を絶する隔たりがあると論を展開し、その流れのなかでアローの一般不可能性定理(二項独立性と満場一致性を満たす集約ルールは、独裁制のみである)にもふれられています。

 また、実務的な分析では、憲法改正条項の理解や國分功一郎さんもコミットされている「都道328号線問題」にも非常に興味深い検討が加えられています。

 数学的知識に乏しいわたしにもサクッと読めた社会的選択理論入門でした。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31