無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 忘年会も終わり。 | トップページ | ゼミ旅行@沖縄(1日目) »

2016年12月29日 (木)

今野晴貴『生活保護』(ちくま新書)。

 cloud。年末も押し迫ってきましたね。きょうは研究室の掃除(大掃除ではなく、いつもの掃除)をしました。

 で、ここ数日の年末行事(忘年会、年賀状書き、掃除など)の合間に、今野晴貴さんの『生活保護 - 知らせざる恐怖の現場』(ちくま新書、2013年)を読みました。

 副題にある「恐怖の現場」の意味は、生活保護という行政サービスが担当行政官(含・ソーシャルワーカー)次第で恣意的に運用されている現状を示してのものだと思います。ここにあるのはごく僅かの例外(と思いたい)だとは思いますが、それでも「まさか」という事例が紹介されています。

 生活保護には数年前に有名芸能人の親族が受給していると報道されて以来、さまざまな「バッシング」があります。そうした中で、本書は「世間の『雰囲気』で、行政の法的手続きが変更になる」(P55)ことが恐ろしいことであることを随所で主張しています。生活保護行政は、生活に困窮している人の生命に関わることだからです。本書の成功は、生活保護政策の思想的・イデオロギー的是非を論じるのではなく、生活保護行政において法治主義の徹底がはかられていない点に徹底的に迫った点にあると思います。

 また、本書は後半で賃金・社会保障における「ナショナルミニマム」の構築を提唱しています。この制度にわたしは詳しくありませんが、失業、医療、子育てなどに個別に給付するのではなく、ベーシックインカムを国民全員に保障する制度は、自由経済体制に適合的であるといわれているだけに、検討に値するものなのだと思われます。

 共産主義や社会主義ではなく自由経済体制であるからこそ必要であると考えられる公的扶助、生活保護制度。著者は、最後に「これからの日本に本当に必要なのは、国家の制度としての生活保護が、どのような意義を持ち、どれだけその機能を果たしているのか、という冷静な政策的視点」(P250)として、本書を締めくくっています。

« 忘年会も終わり。 | トップページ | ゼミ旅行@沖縄(1日目) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/69036210

この記事へのトラックバック一覧です: 今野晴貴『生活保護』(ちくま新書)。:

« 忘年会も終わり。 | トップページ | ゼミ旅行@沖縄(1日目) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31