無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 東京同窓会。 | トップページ | 第1回講義を終えて。 »

2017年3月28日 (火)

岡本真一郎『悪意の心理学』(中公新書)。

 温暖、sun

 きのうまでの東京出張の移動時間をつかって、岡本真一郎さんの『悪意の心理学』(中公新書、2016年)を読み終えました。

 いつも軽口ばかりたたいているので、舌禍wwwwにならぬよう、大人なのですこし気をつけようを思いまして。

 たとえば、セクハラの場面での教訓なのですが、「上司が思っている以上に、部下は上司の権力行使を恐れている可能性がある」(P156)という記述がありました。これ、よくわかりますし、わたしが一番、気をつけようと思っていることです。この世界に上司・部下関係はありませんが、それでも、評価は常に、上位者が下位者に対して行うという構造があります。なにかを頼むとき、常に、このことを気をつけて、なにかを依頼するときには、常に断っても大丈夫な環境でお願いしなければならない、と感じています。

 また、いわゆる伝言の効果、二次的情報、三次的情報では、聞いた人、伝えていく人の間に、なぜ情報の齟齬が生じるのかについて、わかりやすく説かれています(P215以下)。とにかく、ほかの人から聞いたことをニュアンスそのままに伝えることは難しいこと。ということで「〇〇さんが言っていたんだけど・・・」というのだけは、無責任かつ、〇〇さんにも迷惑をかけてしまう可能性が大きいので、くれぐれも注意したいと思います。誰かほかの人が言っていた話しても、その通りだと思ったら、自分の見解として表明しておいた方が、間違っていたときに責任もとれるので。

 さらに、自分に対する陰口は誰でも気になるもの。しかし、それを気にしていたら、きりがない。自分にとってのよくない評価は他の人の方がよくしっているとわりきって、自分についてのちょっとした批判なら、それを漏れ聞いても、寛容に考え、それを参考にして自分の行動を少し変えてみることが得策である旨、説かれています(P278)。その通りだと思います。

 わたくし、こう見えても小心者で、常に、周囲からどう見られているのか、他人の評価を気にしながら生きています。周りの人の評価を変えることは難しいのでしょうが、自分が言葉を発するときには、受け手の立場、意見等を尊重し、「コニュ障」を徐々に脱して行けたらなぁ、と思います。

« 東京同窓会。 | トップページ | 第1回講義を終えて。 »

読書」カテゴリの記事

コメント

私も同じく(同級生ですから当たり前ですが)、だいぶいい歳の大人になってきました。
大日方君と違って若者との接点はそうないのですが、周囲との関係、ものの言い方、自分の気持ちの伝え方が最近難しいと感じています。
思慮深い?大人になるためにも、紹介していただいている書籍を読んでみようと思います。
書評、何気に楽しみにしています。私でも理解出来る本をどんどん紹介してください。

花岡さん。コメントありがとうございます。
わたしも、花岡さんのフェイスブック、のぞき見しております。
3月、卒業生を送り出す時期になると、いつも自分のときのことを思い出します。ただ、あのときよりも、歳をとった今の方が感慨深かったりします。当時は素直ではなかったので。
工藤(覚えているでしょう)は同じように法学者になっているはずですが(彼は商法だと思う)、全然、あったことありません(東京にいると思われる)。まる先生も、後輩がまる勤務校であった関係で近況は知っているのですが(随分と偉くなっている様子)、会ったことはありません。
こう考えると、インターネット、SHSの発達って、すごいですね。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/70077327

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本真一郎『悪意の心理学』(中公新書)。:

« 東京同窓会。 | トップページ | 第1回講義を終えて。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31