無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 憲法Ⅱ(第11回)。 | トップページ | 憲法Ⅱ(第12回)。 »

2017年5月23日 (火)

演習Ⅰ(第6回)。

 cloud バースデーbirthday・ウィークも一段落。きょうの3年生のゼミのレポートがとどいています。

 ----------

 今回ブログを担当させていただきます! M.N です!

 今回のテーマは団体の基本権と構成員の自由で、株式会社による政治献金や、司法書士会などの寄付行為は認められるのかというものです。八幡製鉄政治献金事件や南九州税理士会政治献金事件、群馬司法書士会災害復興支援金事件の判例の理論の目的の範囲であるのか、などを論点として見てきました。

Photo 結論としては、会社は定款に定められた目的の範囲内であって、公共の福祉に反しない限り、政治献金の寄付の自由を有するため、株式会社の当該寄付行為は違憲ではないとされました。また、株式会社ではなく税理士会などの強制加入団体の場合は、会社とは法的性質を異にする法人であり、構成員は政治献金の寄付の協力を義務づけることはできないため、寄付行為は法人の目的の範囲外であると解され、税理士会の当該寄付行為は違憲とされました。さらに、政治献金ではなく災害支援金だった場合、その支援金は業務の円滑な遂行を目的とし当該寄付行為は法人の目的の範囲内であるといえるため、違憲ではないとされました。

 団体が何かということでも、政治献金だからダメ、支援金の寄付だからいいということではなく、寄付行為の目的が法人の目的の範囲内であるかどうかという問題が大事なのがわかりました。

 質問タイムでは、いい質問がかりで大日方先生も「今日はいい質問ばかりだね。」と褒めてくれました。質問によってより深く内容を理解できて、自分が考えもしなかった質問が出ると、こういう考え方もあるのだなという発見もあって、自分の考え方が広がりました。

 そして!!今日は大日方先生のお誕生日のお祝いをしました! 私たちからはベルトをプレゼントさせていただきました! 喜んでいただけてよかったです!

Photo_2 これからも楽しく学んでいきたいと思いました。

 

 

 

« 憲法Ⅱ(第11回)。 | トップページ | 憲法Ⅱ(第12回)。 »

演習Ⅰ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/70651732

この記事へのトラックバック一覧です: 演習Ⅰ(第6回)。:

« 憲法Ⅱ(第11回)。 | トップページ | 憲法Ⅱ(第12回)。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31