無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 週末遠征。 | トップページ | 演習Ⅰ(第6回)。 »

2017年5月22日 (月)

憲法Ⅱ(第11回)。

 半期4単位の憲法Ⅱは週に2回あるため、もう11回。でも、3回分くらい、遅れているか。とくに、きょう、一生懸命しゃべったわりには、進まなかった。もうしわけありません。

 と同時に、いつもにくわえて、抽象的議論のオンパレードだったと思います。判例や法令の解釈の基盤、背景にある法理論こそ重要なのですが、まぁ、そこは難解なものだとわりきって、判例・法令の解釈に直接関係あるところだけを抽出して理解につとめてください。

 (0) SBSでは、日本国憲法における直接民主制の評価、イギリスの議会任期固定法(2011年制定)、公選部門が非公選部門を統制すべきであるという「民主的コントロール」論、といったお堅いところから、眞子さま報道についてまで、はばひろい質問をもらいました。プリントを参照し、もしわからなかったら、また質問ください(口頭でもOKです)。

 (1) で、本論ですが、衆議院議員定数不均衡訴訟に関する昭和51年の大法廷判決は、実に、重要な判例です。ここでくり出されたさまざまな「法理論」のすべてをその背景まで理解できたなら、統治機構論の相当部分を理解できたといっても過言ではないと思います(少なくとも、半分以上は理解できたはずです)。だからこそ、この判決内容をモデルにした定期試験問題を平成27年度の憲法Ⅱでは55点で出題しています。ぜひ、Moodleにアクセスし、過去問集のところからダウンロード等するなどして、十分に検討してください。

 (2) ようやく「総論」がおわり、統治機構論の本体部分にはいりました。わたしの青本は、統治機構論をまず「政治原理部門」(国会、内閣、地方政府)と「法原理部門」(裁判所)にわけて論じています。さらに、そのうちの「政治原理部門」は、法律制定(国会)、執政(内閣)、財政(内閣、国会)、地方統治(地方議会、地方政府)という作用を、「法原理部門」は司法、違憲審査(いずれも裁判所)という作用を担っていることを意識して記述しています。目次を眺めるだけでも、日本国憲法の統治機構論の全体像がわかるので、時宜に応じて目次を参照してください。

 (3) そして、まず「国民代表機関としての国会」というテーマの下、「代表」概念についてお話ししました。日本国憲法は代表民主制(間接民主制)を採用しているのですが、そこにいう「代表」概念については、おおきくわけて「命令的委任代表」(選出母体の意思に法的に拘束)と「自由委任代表」(代表者に選出母体による法的拘束なし)にわかれることを説明しました。

 さらに、日本国憲法における「代表」は自由委任代表であると思われるけれども、その純粋形態は「統治者/国民」となる法理論であるので、両者の間に事実上の一致を求める「社会学的代表」が通説的見解であるということも述べています。うえに日本国憲法の代表観はおおきくわけて2つであると述べたのは、この社会学的代表は、純粋代表の変種であると、わたしは理解しているからです(ということで、3つあるとする論者もいるはずです)。

 うえの「代表」概念を語るのは、憲法条文で言えば、43条1項と51条の法的意味が何であるかを検討するときに必要になるからです。この両条文の意義は、つぎのように説明することができると思います。

 ① 43条1項-国民の代表。どの選挙区から選出されても、その選挙区の利益を代表し絵居るのではなく、全国民を代表しているということ。実体としてこういうことはあり得ないので(利害を共通にする「国民」という統一体は存在していない)、この条文の法的効果は、選挙区の利益に反する行動をした議員に対する解職請求制(リコール制)を否定することにある

 ② 51条-免責特権。議員としての活動に法的責任を負わせないことを制度として保障している。

 (4) そこで、最後に【Q】として、地方自治法80条1項のような制度を国会議員に導入することはできるか、という問題を付しておきました。上を参照して、理由をふして、答えてみてください。

 (5) ということで、日本国憲法がとっている「代表」観は、自由委任代表(純粋代表)又はせいぜいその変種であると思われるのですが、そう考えるとすると、いくつかの問題が生じます。それがプリントP26に書いてあることです。次回は、そこから講義を再開します。

« 週末遠征。 | トップページ | 演習Ⅰ(第6回)。 »

憲法Ⅱ(統治機構)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499918/70639836

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法Ⅱ(第11回)。:

« 週末遠征。 | トップページ | 演習Ⅰ(第6回)。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31