無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 憲法Ⅰ採点結果。 | トップページ | “町内会”は義務ですか? »

2018年9月21日 (金)

第8回熊本公法研究会。

 きのう、大雨でしたね。大学周辺の道路も冠水してました。

 でも、そんななか、第8回熊本公法研究会が開催されました。

 第1報告は同僚、原島良成氏による「補完性原理について」でした。10月の公法学会の準備報告でした。

 補完性原理とは、地方自治において、公共的事務は基礎的な地方公共団体が主体となって提供し、それがかなわない場合にだけ、より広域の自治体が同事務の遂行を補完する、という法原理です。この法原理が日本国憲法92条の「地方自治の本旨」の要素となるか否かについて、要素であるとするとどのような法的効果が生じるのかについて、検討するものでした。

 第2報告は熊本県立大学の佐藤雄一郎先生による「憲法理論と事案解決」でした。

 この報告は、そもそも裁判所の判決において憲法理論がどのような役割を果たしている(きた)のか、また、どのような役割を果たすべきなのか、について検討したものでした。憲法理論、憲法学の存在意義そのものを問う、大きな研究報告でした。

Img_4357 研究会が終わったころには雨も上がり冠水もひいていたので、恒例の懇親会へ。そもそもこの研究会は懇親が目的なので、研究会第2部といってもいいかもしれません。

 きのうもいろいろな話題がありましたが、印象的だったのは、研究会の雰囲気についてのお話でした。日本各地でこのような(というか、もっと立派なものが多い)研究会が開催されていて、各研究会にはそれぞれ研究会の色というものがあると思います。大きなお名前の先生が主宰(複数参加)される格調高いもの、インターカレッジというより「弟子筋」だけあつまる結束力の高いもの、そして、某地のものは緊張感あふれるもの・・(以下、自粛)というような特徴が各研究会にはあるようです。

 さて、今回で8回目となったこの熊公研の研究会の色はどんな感じなのでしょうか。

Img_4367 そうそう、きのうは報告者の佐藤先生から、夏の海外視察のお土産をいただきました。ワルシャワ大学のノートのようです。わたしは出不精かつ内弁慶なのであまり海外は好まないのですが、夏の長期休業中は多くの先生が海外に行かれています。そこでのお土産をちょっと買ってきてもらえるということ、有難いことだと思います。これからも雰囲気のよい研究会であり続けられたらと思います。




« 憲法Ⅰ採点結果。 | トップページ | “町内会”は義務ですか? »

熊本公法研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8回熊本公法研究会。:

« 憲法Ⅰ採点結果。 | トップページ | “町内会”は義務ですか? »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31