無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

« 2020年1月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年2月

2020年2月15日 (土)

退職記念。

 本年度、熊本大学法学部では、3名の先生が定年退職をむかえます。きのうは、そのうちのお一人の退職記念講演会がありました。

 演題は「民法学との出会い、振り返ってみれば・・・」。実に興味深いお話でした。

 まず、そもそも精緻な解釈論を展開する先生なのに、学部時代は文学にいそしまれていたとのこと。また、卒論では戦後のわが国の農地政策を踏まえて、以降のわが国の食糧自給政策を見据えた農地所有権の問題を検討されたということ。さぞや初々しい論文だったことでしょう。

 また、修士課程までは農地法を検討され、博士課程に行く段階で、農地貸借権が「弱い」権利であるのはそれが「債権」であるというところから「債権/物権」の違いに着目して研究をされたこと。その過程でフランス法にも触手を伸ばされていったことがお話されました。

 わたしのような、もはやロートルにとってもワクワクするお話で、こういうお話は、ホント、若い学生に聞いてもらいたかったと思いました。

 その後、大学に職を得られてからは、名誉・名誉感情の問題を深く検討されることになります。ここはわたしも知っていました。ただ、民事の名誉毀損の方が刑事のそれより、成立要件が厳しいと思われることなど、新しい知見にもふれることができました。まさに、学者として現役のうちに定年を迎えられたことが惜しまれます。

 ところで、この先生も含め、退職されるもうお一人も、本学の法科大学院を支えた先生。共に研究科長を務められたということもありますが、そうではなく、LS生のことを思い、教育的に支えた2人の先生です。LSを巡る環境は・・・(以下、自粛)ですが、それでも、このお二人あっての本学法科大学院であったと思います。形式的には昨年度末で在校生がいなくなりましたが、これで、名実ともに本学法曹養成研究科が消滅した、という感を昨日は受けました。

 さて、退職を迎えるもう一人の先生は、法学部長を長らく務めたあと、全学で副学長・理事を務められている先生です。わたしが本学に赴任したときの部長先生ということもあり、以来、大変、お世話になっています。全学に籍を移されてからも、法学部のことを常に想っていただいていた、法学部の「巨星」です。本年3月、法学部は大きな先生を失うことになります。

 という感じの惜別感ある土曜の朝を迎えております。

 

2020年2月 9日 (日)

新ゼミ生歓迎会。

Img_20401 先週の金曜日(7日)に新ゼミ生の歓迎会をしました。現3年生と卒業を控えた4年生が新ゼミ生(現2年生)を歓迎するというここ数年の恒例のゼミ行事です。毎年、数名、OBOGも来てくれます。

 先日の選考の結果、来年度、弊ゼミに迎える新ゼミ生は21名です。まずは、人数でこのゼミの歴史を振り返ると・・・

第1期生(平成20年度の3年生)・・・・1

第2期生(平成21年度の3年生)・・・・6

第3期生(平成22年度の3年生)・・・12

第4期生(平成23年度の3年生)・・・13

第5期生(平成24年度の3年生)・・・18

第6期生(平成25年度の3年生)・・・16

第7期生(平成26年度の3年生)・・・12

第8期生(平成27年度の3年生)・・・16

第9期生(平成28年度の3年生)・・・22

第10期生(平成29年度の3年生)・・22

第11期生(平成30年度の3年生)・・21 ← 現4年生

第12期生(平成31年度の3年生)・・24 ← 現3年生

第13期生(令和2年度の3年生)・・・21 ← NEW

Img_20411 第1期は1名からスタートしたこのゼミですが、ここ数年は20名越え状態で、この第13期生で総勢204名になりました。ようやく憲法ゼミ2名体制が整ったので、来年度はこうはゼミ生を集めることはできませんが、まずは現ゼミ生の満足度を高めるよう努力したいと思います。

 Img_20421ところで、このゼミ申込みにあたっては、1人1人が「演習Ⅰ履修申込書」に「志望理由」を記載します。

 で、ここ数年、歓迎会では、この「志望理由」を読んで、なぜわたしがその学生をゼミ生としたのかを簡単に紹介するという試みろしています。ゼミ生にとっては迷惑な、こっぱずかしい、かもしれませんが(笑)。

 そこでは、「憲法の〇〇を勉強してみたい」とか、「見学会、説明会、相談会でいい雰囲気だった」というようなことや、「〇〇先輩の紹介があった」とか、書かれています。また、「キャッチャーできます」(わたしがピッチャーなので)とか「足には自信がある」(?)といった、野球絡みのものも複数、あります。さらに、わたし(おびなた)の講義を受けて感動したとか・・・(こういうの嬉しい)。

Img_20431_20200209102401

 教員側としても、定期試験のできがよかった、よい質問をしていた、ということで「顔は知らないけど」、「名前は知っている」学生とかの応募があると、やはり嬉しくなって、そういう理由で採用したりすることも、よくあります。

 そんなこんなで採用理由を述べつつ、自己紹介して、懇親して・・・という感じで、本年も歓迎会を実施することができました。

 この「志望理由」の紹介をするときに、ついでに現役ゼミ生の過去の「志望理由」とかにふれることもあり、学生としては、さらにこっぱずかしい、のですが・・・(笑)。でも、2年生の後期、正月明けに「志望理由」として書いた進路を実現している学生とかいて、実に素晴らしいとも感じられるひと時でした。

 ということで、来年度も「10分の1法学部」(勤務校法学部の定員は210名で、そのうち21名がゼミ生)の看板の下、新4年生については「進路を決めて卒業」を、新3年生については「居心地の良いゼミ」を目標に、ゼミ運営ができたら、と思います。

   

« 2020年1月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31